ウイスキーという郷愁 ~いつか「ダルマ」が飲める大人になってやる~

対談:村松友視 ×宇野亜喜良

コモレバ 2010年6月1日号  SPECIAL FEATUREより

昭和30年代前半、ウイスキーは高級な酒で、誰もが飲めるものではなかった 。 そこに登場したのが「うまい! 安 い!」を謳ったトリスだった。東京・大阪 ではトリスバーなるものが 続々と誕生し、トリスは日本の洋酒文化の底辺を確実に広げていくこととなった。そして、「 レッド 」「 ホワイト」「角」「 オールド」 と男たちはサントリーのウイスキーと共に青春を過ごした。 昭和40年前後に酒場で出会った村松友視さんと宇野亜喜良さん。「ウイスキーの青春時代」という時間を共有したお二人に今宵、ウイスキーをめぐるあれこれを語っていただいた。 男たちよ! ウイスキーが、お好きでしょ。

ウイスキーをこよなく愛する作家・村松友さんが、今回の対談のお相手にとリクエストしたのは挿絵画家でありグラフィックデザイナーの宇野亜喜良さん。幾度となく酒場で遭遇しているお二人、村松さんの中には当然宇野さんは酒が強いという印象が植えつけられていた。ところが実は…。

村松   宇野さんとは仕事でお会いする以前に、「NADJA(ナジャ)」(新宿にあるバーで、さまざまなジャンルの文化人が夜毎集まっていた)あたりで宇野さんおみえになってるなという 感じで拝見していました。

宇野   村松さんは「婦人公論」の編集者で寺山修司さんの原稿を取っていらした。

村松   そうです、その挿画が宇野亜喜良さん。確か僕が入社2年目のころですから、 23、4歳のときにお目にかかっています。

宇野   ということは昭和38年か39年あたり。僕が29、30 歳の頃ですね。

村松 当時30歳くらいの人って、たとえばトリスバーなどに行くと、「シロ」(昭和4年に発売され、国産ウイスキー第1号として知られる「サントリーウイスキー白札」つまり「サントリーホワイト」)を飲んでいたんですね。僕らはトリスのハイボールでしたからすごい違いを感じる。いつか、「シロ」というお酒を飲んでみたいと思わせる、遠くから眺めるような世代で6つの違いを感じました。大人を見る感じでした。

宇野  僕はほとんど酒は飲まないんですが結構酒場には出かけていましたね。新宿はよく行きました。先ほどの「NADJA」ね。

村松  「NADJA」のマッチは宇野さんのデザインでした。酒場のマッチをデザインすることになるような人ってすごく呑んべえなのかと思うんですが、そうではなかったんですね。

宇野  実は、酒はほとんど飲めない。

村松  寺山さんも酒がだめで、寺山さんを酒場で見たことはないんですが、 宇野さんは同じ飲めない人でも良くお見かけしました(笑)。

宇野   (笑)そうですね、飲めなくても酒場にだけは通いましたね。だから、いわゆる呑んべえたちとある種同じ感覚で時代を共有することができるんでしょうね。

2010年6月1日 Vol.5より

1 2 3 4

サントリー美術館様

特集 special feature 

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」など全22作の根幹とは

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ

丸山智己さんと狛江

丸山智己さんと狛江

~郊外住宅地・狛江の夜を愉しむ~

光石研さんと梅が丘

光石研さんと梅が丘

普段着の味わいがする「梅ヶ丘」を楽しむ

千歳船橋と町田啓太さん

千歳船橋と町田啓太さん

千歳船橋は名優が暮した町

松下洸平さんと参宮橋

松下洸平さんと参宮橋

参宮橋は大都会の隣町の風情

鈴木伸之さんと喜多見

鈴木伸之さんと喜多見

喜多見は〝ほどよい〟郊外タウン

蒼彦太さんと読売ランド前

蒼彦太さんと読売ランド前

遊園地の町「読売ランド前」で大人の休日を楽しむ

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.2

PEOPLE frontline Vol.2
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial