特集 芸術家・岡本太郎の〝謎〟~描いた、創った、撮った、今も生きつづける鬼才~

Ⓒ岡本太郎記念現代芸術振興財団

岡本太郎ほど多くの人に親しまれ、その多面性ゆえに誤解され続けた芸術家はいない。
「いろいろに仕事をされるけれども、本職は何なのですか」との問いかけに、
「本職って、あえていえば人間かな」と答えた件はよく知られている。
絵画、彫刻、写真、文筆、デザインを手がける傍ら、コメンテーターを務めるなど、
多岐にわたる活躍は20世紀を代表する日本人の一人であることに疑いはない。
「面白いねえ、実に。オレの人生は。だって道がないんだ。眼の前にはいつも、なんにもない。ただ前に向かって心身をぶつけて挑む、瞬間、瞬間があるだけ。」『岡本太郎』(平凡社、1979年)の岡本自身の言葉である。
生誕111年の今年、「展覧会 岡本太郎」が大阪、東京、愛知で巡回されるのを期して、音楽、映画、美術、舞台など幅広いジャンルでプロデューサー、ディレクターとして岡本太郎と同じように道なき道を切り拓いてきたお一人である、立川直樹さんに「岡本太郎の世界」へご案内いただこう。


岡本太郎が好きだ

 文=立川直樹

 少年時代から世の中をあげて大騒ぎするようなイベントが好きではなかったこともあって、73歳という僕の歳には珍しくテレビにかじりついて東京オリンピックを見た記憶もなく、日本中からたくさんの人が訪れた1970年の大阪万博に出かけることもなかった。

 だから岡本太郎という名前を一般の人が広く知るきっかけになった大阪万博会場を覆う大屋根をぶち破って設置された〝太陽の塔〟を見たのは大阪万博開催から20年以上経ってからのことになる。正確な時期と遅れてきた初めての出会いは覚えていないのだが、僕にとっての岡本太郎はテレビで「芸術は爆発だ!」とわめき「グラスの底に顔があってもいいじゃないか」といういかにもという言葉を真面目につぶやくテレビコマーシャルのキャラクターとしての印象の方がずっと強かった。

【参考図版】岡本太郎 《太陽の塔》 1970年(万博記念公園)  ─《太陽の塔》は根源から噴きあげて未来に向かう生命力の象徴である。その内部は空中の未来展示に人々を運ぶ導線でもある。巨大な「生命の樹」が塔内を貫いてそそり立っている。─岡本太郎「万国博に賭けたもの」より。万博博覧会の終了後、取り壊される予定だったがが、1975年に永久保存が決定し現在も大阪の万博記念公園に残る。

 でも、いつかの間にか岡本太郎は僕の好きな芸術家の仲間入りを果たしていた。画家でもあり、造形作家であり、まるで間欠泉のように噴き上がる言葉を放ち、それが数々の著作にも残されている岡本太郎。21世紀に入ってから状況はかなり変わってきたとはいうものの画家なら画家、作家なら作家、写真家なら写真家、というひとつの肩書を真摯に追求して活動する人たちの方がジャンルを越境して奔放に活動する人たちよりもきちんと評価されるきらいのある日本という国では岡本太郎は異端ともいえる存在であり、寺山修司、三島由紀夫についても同じようなことが言えるかも知れない。海外に目を向けてみれば岡本太郎とは完全に同じ種族であると僕が思っているサルヴァドール・ダリをはじめアンディ・ウォーホルやジャン・コクトー、ヨーコ・オノ……あたりの名前がその後に続く。

岡本太郎 《空間》1934/54年 川崎市岡本太郎美術館蔵Ⓒ岡本太郎記念現代芸術振興財団
1929年18歳の冬に家族とともにヨーロッパに渡った。ピカソの作品に衝撃を受けた岡本太郎は、前衛芸術家や思想家と深く交わり、さらにパリ大学で哲学や社会学の他、マルセル・モースに師事し民俗学も学んだ。 作品の《空間》は、赤い裏地を見せて浮遊する1枚の白い布と1本の金属の棒を、平面的でもあり立体的でもある対象として提示させた。布は、岡本太郎がパリ時代に取り組んだ重要なモチーフだった。

1 2 3 4

サントリー美術館様

特集 special feature 

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

特集 故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

特集 仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」など全22作の根幹とは

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

特集 91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

特集 挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

特集 御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

特集 寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

特集 アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

特集 東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

特集 「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

特集 俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

特集 「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

特集 秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

役柄と素顔のはざまで

秋山庄太郎ポートレートの美学

特集 秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

特集 久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

特集 加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

特集 昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

特集 西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

特集 「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

特集 川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

特集 ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

特集 中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ

丸山智己さんと狛江

town story 丸山智己さんと狛江

~郊外住宅地・狛江の夜を愉しむ~

光石研さんと梅ケ丘

town story 光石研さんと梅ケ丘

普段着の味わいがする「梅ヶ丘」を楽しむ

千歳船橋と町田啓太さん

town story 千歳船橋と町田啓太さん

千歳船橋は名優が暮した町

松下洸平さんと参宮橋

town story 松下洸平さんと参宮橋

参宮橋は大都会の隣町の風情

鈴木伸之さんと喜多見

town story 鈴木伸之さんと喜多見

喜多見は〝ほどよい〟郊外タウン

蒼彦太さんと読売ランド前

town story 蒼彦太さんと読売ランド前

遊園地の町「読売ランド前」で大人の休日を楽しむ

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.2

PEOPLE frontline Vol.2
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!