挑戦し続ける劇団四季

~時代を先取りする日本エンタテインメント界の
トップランナー~

1953年7月14日、フランス革命記念日に浅利慶太、日下武史らを中心とした10名により演劇集団が結成された。
2023年に創立70周年を迎える劇団四季の歴史はここから始まった。
当時、イデオロギー優先で、演劇的な面白さを欠いた新劇界の潮流を懸念し、「演劇界に革命を起す」という志のもと創設され、真に観客の感動を得られる作品を上演してきた。
今や、俳優・技術スタッフ・経営スタッフ約1400名で組織される

世界的に見ても最大規模の演劇集団に発展した。
ストレートプレイ、オリジナルミュージカル、ファミリーミュージカル、そしてディズニー作品を始めとする海外ミュージカルまで〝作品主義〟のもと、作品のクオリティを最優先に考え、良質の舞台作品を世に送り出し喜びと感動を日本全国の観客に伝えるために、演劇に挑み続けている。
そして、日本国内に専用劇場を持ち、演劇を真摯なビジネスとして展開する演劇集団である。
例年、年間の総公演回数は3000回以上、総観客数は300万人を超える。
劇団四季の挑戦の歴史を、上演作品の足跡をたどりながら追いかけてみた。
 

文=林尚之
企画協力・写真&画像提供:劇団四季

 劇団四季のミュージカル『キャッツ』が1983年11月11日に東京・新宿のキャッツ・シアターで幕を開けた。それまでのミュージカルの常識を変えた公演だった。専用の仮設テント劇場を西新宿の空き地に建設し、長くても2カ月の公演が常識だった中、1年間のロングランを完走した。テレビ局とタイアップした派手な宣伝に、当時としては画期的なオンライン販売システムを導入するなど、約19億円を投資した公演はすべてに時代を先取りした。

『アナと雪の女王』
アカデミー賞では、ディズニーアニメーション初となる長編アニメーション賞と歌曲賞をダブル受賞した2013年公開の長編アニメーション『アナと雪の女王』。多くの演劇ファンたちが舞台化をどれほど待ちわびていたことか。コロナ問題により当初の予定よりは遅れたが、ついに本年6月24日に初日を迎えて以来、日本でも再度〝アナ雪〟旋風が巻き起こっている。なんといっても、作詞・作曲を担当したロバート・ロペスとクリステン・アンダーソン=ロペス夫妻による珠玉のミュージカル・ナンバーの数々。今回の舞台化に当たって、「ありのままで」などのおなじみの曲に加え、ロペス夫妻は12曲の新曲を追加し、大人の観客の心を感動と感激で満たしている。そして誰もが気になるのがエルサの魔法だろう。彼女が創り出す雪と氷の世界が、多種多様な手法による最新鋭のプロジェクションマッピングとLEDパネルが組み合わされることで、さらに本物のスワロフスキーガラスの眩いほどの美しさで表現されている。観る人すべてを非日常の氷の世界へといざなってくれること請け合い。子供だけでなく、必ずや大人たちをもリピーターにしてしまうだろう。©Disney 撮影:阿部章仁


 四季はいつも時代を先取りした。主導したのは四季創立者の演出家浅利慶太さん。1963年に日本で初の本格的なミュージカル『マイ・フェア・レディ』が上演されたが、四季は翌64年に浅利さんが取締役を務めた日生劇場の「ニッセイ日生名作劇場」で、小学生を無料招待する子供向けミュージカルを始めた。脚本は寺山修司、井上ひさしら一流の劇作家に依頼した。同じ年、日生劇場で『ウェストサイド物語』来日公演を成功させた。外貨不足の中、当時の田中角栄蔵相に直談判して実現にこぎつけた。

『ウェストサイド物語』
1974年、日生劇場で初演となった『ウェストサイド物語』。ブロードウェイの初演は57年である。原案・振付・演出がジェローム・ロビンス、作詞がスティーヴン・ソンドハイム、作曲がレナード・バーンスタイン、台本がアーサー・ローレンツ。この4人の顔合わせがあってこそ生まれたと言えるミュージカルだろう。映画で馴染んだ人が多いかもしれないが、61年のアカデミー賞では作品賞、監督賞、助演女優賞など10部門を受賞し日本でも大きな話題を呼んだ。助演男優賞を受賞したジョージ・チャキリスは日本で人気スターとなった。ダイナミックなダンスは、映画史に残る名シーンだろう。舞台では、そのダンスシーンの数々が、俳優たちの息遣いも含めて、よりダイナミズムをもって観客に伝わり、鳥肌が立つほどの感動を実感する。さらにトニーとマリアの二重唱「トゥナイト」をはじめ、ロマンティックな「マリア」、ラテン・リズムと見事に融合した「アメリカ」、オペラを連想させる重層的な「クインテット」などのナンバー、すべてが見せ所と言える舞台と言って間違いないだろう。ベースになった物語はご存じにようにシェイクスピアの『ロミオとジュリエット』である。このミュージカルで劇団四季を知った人も少なくないだろう。
撮影:荒井健


 53年にアヌイ作『アルデール又は聖女』で旗揚げ以来、ジロドゥ作『オンディーヌ』、シェイクスピア作『ハムレット』、ピーター・シェーファーの『エクウス』などの翻訳劇、武田泰淳作『ひかりごけ』の創作劇などストレートプレイ中心だったが、浅利さんはミュージカル時代が日本にも来ると確信し、70年代にミュージカル路線に舵をきった。72年『アプローズ』、74年『ウェストサイド物語』、79年『コーラスライン』がヒットしたが、天才作曲家アンドリュー・ロイド=ウェバ―との出会いが決定的だった。73年『ジーザス・クライスト=スーパースター』(当時は『イエス・キリスト=スーパースター』)、82年『エビータ』、83年『キャッツ』、88年『オペラ座の怪人』と、バラードからダンスナンバーまで心揺さぶられる楽曲が満載のロイド=ウェバ―作品は観客の熱い支持を得て、四季の大きな柱になった。

『オペラ座の怪人』
『オペラ座の怪人』の初演は1988年の日生劇場だった。ちなみに世界初演は86年のロンドン、次いで88年にブロードウェイ公演がスタートし、両公演ともにロングラン。このミュージカルで一人の歌姫が誕生している。サラ・ブライトマンである。製作・作曲のアンドリュー・ロイド=ウェバーは彼女を歌姫にするために、このミュージカルを企画したとも言われている。四季での通算上演回数は『ライオンキング』『キャッツ』に次ぐ7000回を超え、すでに700万人以上の観客たちを虜にしている。何度も観たくなるミュージカルとの評判も高い。「オペラ座の怪人」「ザ・ミュージック・オブ・ザ・ナイト」「スィンク・オブ・ミー」など、物語の進行と絶妙にからみあった煌めきのミュージカル・ナンバーがちりばめられたこのミュージカル、キャッチコピー通り「劇団四季のオペラ座の怪人は凄いらしい。」
撮影:阿部章仁


 ディズニーミュージカルを日本に紹介したのも四季だった。高揚感あるナンバーとイリュ―ジョンに溢れた『美女と野獣』は95年に上演されると、観客の心をつかんだ。98年『ライオンキング』は日本初の無期限ロングランとなり、現在の上演回数は国内最多の1万3000回を超えた。03年『アイ―ダ』、13年『リトルマーメイド』、15年『アラジン』、16年『ノートルダムの鐘』と続く作品群に共通するのはヒロインが大きな役割を占めること。自らの生き方を突き進む姿は、ジェンダーレスの時代を先取りした。

『エクウス』

6頭の馬の目をつぶすという奇怪な事件を引き起こした少年。少年の心理の深層を突き止めようと執拗に、時には突き放すように対峙する精神科医。そして少年を取り囲む状況が次第に明らかになってゆく。宗教に反対する父親、息子を溺愛するだけの母親、両親の間に根付く矛盾、彼らの抑圧から少年の精神状態は不安定になっていった。少年にとって馬は、幼い頃の経験から畏敬・信仰の対象であり、「神」にも等しい存在となっていたはずだが。一体、少年はなぜ、馬の目を付くような異常な行動に出たのか……。四季で1975年に初演された『エクウス(馬)』は、上演のたびに衝撃を与える、〝現代社会の病巣を突く問題劇〟と言われている。原作者ピーター・シェーファーは、作品の衝撃性、現代感を如実に示す舞台装置をスクエア(四角)とサークル(円)を用いることを指定し、四季は、この指示を忠実に再現し、俳優と観客との密な意識の交流を可能にした。清冽で美しい演出が、現代社会に氾濫する問題を赤裸々に描き出したとされ、初演時に、文化庁芸術祭大賞を受賞した、やはり四季の代表的ストレートプレイである。撮影:上原タカシ

1 2 3

サントリー美術館様
森美術館

特集 special feature 

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

ウイスキーという郷愁

ウイスキーという郷愁

いつか「ダルマ」が飲める大人になってやる

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

information

下北線路街にホテルが出現、「MUSTARD HOTEL SHIMOKITAZAWA」開業

下北線路街にホテルが出現、「MUSTARD HOTEL SHIMOKI...

下北沢に新しいホテルとエンタメカフェが誕生!

世界初!新型コロナ対策の寝具誕生

世界初!新型コロナ対策の寝具誕生

マニフレックスで安心の熟睡

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

小田急沿線さんぽ archives

読者の声

コモレバクラブ

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!