23.02.03 update

人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

30歳という若さで夭逝した佐伯祐三の画業を展覧する「佐伯祐三─自画像としての風景」が東京ステーションギャラリーで1月21日(土)から開催されている(4月15日(土)から大阪中之島美術館へと巡回)。東京では18年ぶりの回顧展だが、生誕125年を経てなお人々は彼の躍動感のある筆致で描かれた作品群に魂を揺さぶられてきた。かつてNHK「日曜美術館」の初代アシスタントである、作家の太田治子さんもまた、母から教えられた佐伯祐三に深く傾倒し美術世界に向き合うことになったという…。本展を観賞後、佐伯祐三を想う一文を寄せていただいた。

《自画像》1919年頃 東京都現代美術館

わが母とともに、祐三のパリへ
『佐伯祐三─自画像としての風景』に寄せて

文=太田 治子

■祐三のパリの〝力〟に母は魅せられた

 洋画家・佐伯祐三の名前を、私は中学生のころ母から教えられた。

「佐伯祐三は、30歳という若さでなくなってしまったの。彼の絵のパリにはたちのころから、あこがれていたの」

 そう話す母の顔は、初めて佐伯祐三の絵に出合った娘時代に戻ったように輝いてみえた。母は話しながらいつも決まって、古い絵はがきを何点かみせてくれるのだった。パリの建物を描いた風景画である。中学生の私には、どれも黒々した絵にみえた。絵の中の木も道を歩く人も、それは細くて黒かった。クギのような感じがした。

「パリは、こんなに暗いところなのかしら?」

 私がそう聞くと、

「この絵のパリは、佐伯さんの心のパリなのよ」

 母は、むつかしいことをいった。

「実際のパリは、もっと明るいのかもしれない。いつの日か、治子とパリへいきたい」

 そうもいうのだった。

 母のパリへのあこがれは、佐伯祐三の回顧展をみたときからいよいよと高まったという。佐伯がなくなった年から7年後の1935年に、銀座で「佐伯祐三回顧展」が開かれた。母は、その時初めて佐伯の絵をみたという。

「どの絵にも、ぐいぐいと惹かれたの。パリが生きていると思った。絵の中の裏通りを、本当に歩いているような気がしたわ」

 二年後には、日中戦争が始まろうとしているころのことである。何やら重苦しい空気が日本全体にたちこめていた中、佐伯のパリの絵にはそれを吹き払うような力強さがあった。当時そう感じた若者は多かった筈と、母は話した。

《ガス灯と広告》1927年 東京国立近代美術館
(佐伯は一時帰国をはさみ、1927年8月に再びパリへ。その筆は迷うことなくパリの街を捉える。汚れたパリの壁や広告の文字を描いた。佐伯の2次パリ時代を代表する1点。乱雑にポスターが貼り重ねられた街の片隅をとらえた。力強い縦の線が印象的だ)

1 2 3 4

映画は死なず

新着記事

  • 2024.06.21
    『ぐるりのこと。』『恋人たち』の橋口亮輔監督の9年...

    7月12日(金)全国公開

  • 2024.06.21
    新しい朝が来た、希望の朝だ ♪─萩原 朔美の日々 ...

    第17回 キジュからの現場報告

  • 2024.06.20
    明石家さんま&大竹しのぶ初共演の人気ドラマ「男女7...

    「男女7人夏物語」の主題歌

  • 2024.06.14
    創建1200年記念 特別展「神護寺─空海と真言密教...

    応募〆切:7月15日(月)

  • 2024.06.14
    実話をもとに描かれた、海の男たちの誇りと絆の戦争秘...

    応募〆切:6月25日(火)

  • 2024.06.14
    自然写真家・今森光彦のライフワークの集大成、「今森...

    6月20日(木)~9月29日(日)

  • 2024.06.13
    三浦友和&山口百恵の二人を結んだ楽曲?! 松崎しげ...

    「愛の微笑み」から改題された

  • 2024.06.11
    マニフレックス公式HPの人気連載記事『暮らしのエッ...

    6月28日(金)~30日(日)

  • 2024.06.11
    田中邦衛、山本圭、加藤剛らが出演した社会派ドラマ「...

    日本を代表する彫刻家・佐藤忠良を父にもつ

  • 2024.06.10
    韓国500万人超えの大ヒットした、予測不能の海洋ク...

    応募〆切:7月10日(水)

特集 special feature 

わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の  「芸業」

特集 わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の 「芸業...

棟方志功の誤解 文=榎本了壱

VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いなる遺産

特集 VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いな...

「逝ける映画人を偲んで2021-2022」文=米谷紳之介

放浪の画家「山下 清の世界」を今。

特集 放浪の画家「山下 清の世界」を今。

「放浪の虫」の因って来たるところ 文=大竹昭子

「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

特集 「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

「いい顔」と「いい顔」が醸す小津映画の後味 文=米谷紳之介

人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

特集 人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

わが母とともに、祐三のパリへ  文=太田治子

ユーミン、半世紀の音楽旅

特集 ユーミン、半世紀の音楽旅

いつもユーミンが流れていた 文=有吉玉青

没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、展覧会「萩原朔太郎大全」の旅 

特集 没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、...

言葉の素顔とは?「萩原朔太郎大全」の試み。文=萩原朔美

「芸術座」という血統

特集 「芸術座」という血統

シアタークリエへ

喜劇の人 森繁久彌

特集 喜劇の人 森繁久彌

戦後昭和を元気にした<社長シリーズ>と<駅前シリーズ>

映画俳優 三船敏郎

特集 映画俳優 三船敏郎

戦後映画最大のスター〝世界のミフネ〟

「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の流行歌 

昭和歌謡 「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の...

第一弾 天地真理、安達明、久保浩、美樹克彦、あべ静江

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

特集 故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

特集 仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」等全22作の根幹とは

挑戦し続ける劇団四季

特集 挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

特集 御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

特集 寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

特集 アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

特集 東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

特集 「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

特集 俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン 文=山川静夫

秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

特集 秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

役柄と素顔のはざまで

秋山庄太郎ポートレートの美学

特集 秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

特集 久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

特集 加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

特集 昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

特集 西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

特集 「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

特集 川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

特集 ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

特集 中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

向田邦子の散歩道

特集 向田邦子の散歩道

「昭和の姉」とすごした風景

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!