new 21.09.28 update

片づけられない荻野アンナさんに課せられた使命

画家、江見絹子(母)の遺作

文=荻野アンナ
小説家、慶應義塾大学文学部教授

私の生前整理 2020年4月1日号より

片づけられない私

 片付けられない女を自認している。子供の頃は、遊び散らかしたら、次の場所に移って、また遊び散らかす。後を追って片付けて回るのは母親だった。我慢の限界で、母は担任の教師に泣きついた。
「あまり厳しく言っても、お嬢さんの個性が伸びませんよ」
 おかげさまで個性は伸びたが、苦手の整理は今も暗雲となって頭の上に垂れこめている。
 一人っ子の私には配偶者も子供もいない。親戚との縁も薄い。溜まりきった本や服も、価値のあるものは無い。頓死したら誰かが犠牲者になって、全てを捨てるしかないだろう。
 そんな私にも、かげがえのない宝物がある。母は江見絹子という名前で抽象画を描いていた。戦後の女流画家の草分け的な存在である。100号や200号の大作だけでも約百点、アトリエに残されている。
 アトリエは私と同い歳だが、ブロック建築でびくともしない。居住部分は増築の際、母が壁の色から床材まで目を届かせて、いわば手塩にかけた作品となっている。家ごと美術館にしたい、と県立美術館に相談をした。
 学芸員が来て、絵の保存状態をチェックしてくれた。素人の目にも明らかなヒビの入った作品がある。カビや汚れは、言われなければ気がつかなかった。
 頑丈と見えたアトリエは、温度や湿度の管理がなされておらず、結露が顕著で、母が亡くなってからの数年で一挙に絵の劣化が進んでいた。

アトリエの再建を担う

 2日がかりで、要修復の数点が絞り込まれ、修復研究所へと送り込まれた。残りの絵がアトリエから居住空間に避難したのは去年の冬のこと。せめて除湿機を使うようにとアドバイスを受けていた。
 腰の重い私がホームセンターに出向いたときには梅雨が迫っていた。絵は2部屋に分散されている。2つの除湿機を作動させてからが大変だった。
 私は実家から5分ほど離れたところに住んでいる。朝と晩、実家に赴いて溜まった水を捨てていた。帰宅が遅くなった夜には、タンクの水が溢れているのではと気が気ではなかった。
 除湿機にホースを取り付ければ連続排水が可能だと、ようやく気づいた。部屋から風呂場までの距離を測り、ホースを購入した。部屋から廊下、脱衣所を経て風呂場の入り口までには、いくつかの段差がある。ホースの高さを一定にしないと逆流の恐れがある。本を何冊か積み上げた上にホースをガムテープで固定することを繰り返した。夏休みの宿題のような素人工作が功を奏した。冬の到来で除湿機をオフにして今に至る。
 その間に設計は隈研吾氏と決まった。これにはあの世の母も喜んでいるはず。氏と江見絹子のコラボレーションを目指して、今年の秋にはアトリエの工事が始まる。それまで絵が息災であることを祈るのみだ。

おぎの あんな
小説家、慶應義塾大学文学部教授。1956年、神奈川県生まれ。91年「背負い水」で芥川賞を受賞。2002年『ホラ吹きアンリの冒険』で読売文学賞を受賞。08年『蟹と彼と私』で伊藤整文学賞を受賞。近著に『カシス川』。他の著作に『或る女』『電気作家』など。

2020年4月1日 Vol.43より
サントリー美術館様
森美術館

特集 special feature 

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

ウイスキーという郷愁

ウイスキーという郷愁

いつか「ダルマ」が飲める大人になってやる

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

information

下北線路街にホテルが出現、「MUSTARD HOTEL SHIMOKITAZAWA」開業

下北線路街にホテルが出現、「MUSTARD HOTEL SHIMOKI...

下北沢に新しいホテルとエンタメカフェが誕生!

世界初!新型コロナ対策の寝具誕生

世界初!新型コロナ対策の寝具誕生

マニフレックスで安心の熟睡

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

小田急沿線さんぽ archives

読者の声

コモレバクラブ

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!