〝箱根駅伝〟の襷を繋ぐ

文=勝俣真理子

箱根彩彩 2018年1月1号より

受継がれるマラソンの
父、金栗四三の思い

 今やお正月の風物詩といっても過言ではない「東京箱根間往復大学駅伝競走(通称・箱根駅伝)」の往路ゴール・復路スタート地点のすぐ近くに私の勤務する〝箱根駅伝ミュージアム〟があります。

 2005年3月のオープンから 12 年余り、延べ 70 万人を超えるお客様をお迎えすることが出来ました。箱根駅伝の主催者である関東学生陸上競技連盟と箱根町の後援をいただき、一年間を通して箱根駅伝の歴史や各大会の真剣勝負の熱気を感じることのできる、日本で唯一の施設です。

 箱根駅伝の始まりは「マラソンの父」と称される金栗四三氏が1912年ストックホルムオリンピック大会に出場したものの途中棄権となった苦い経験から、世界に通用するマラソンランナーの育成が必要と考え、より多くの選手を育成するための手段として駅伝を考案したことに因ります。「箱根から世界へ!」の思いは今も変わることなく箱根駅伝に係わる全ての人達に受継がれています。

 2018年1月は第94回 大会ですが、第1回大会の1920年から2020年東 京オリンピック大会開催の年には、 箱根駅伝も101年目を迎えることになり、オリンピックとの深い縁を感じています。

往路優勝校には、箱根町から「寄木細工」のトロフィーが贈られる

箱根駅伝を見守る
開運の箱根神社

 このように長い歴史のある箱根駅伝ですが、幾多の困難を乗り越え今に至っています。そのひとつが日中戦争の影響で駅伝のコースである道路が使用禁止となり途絶えた箱根山への縦走でした。しかし1941年には「東京・青梅間大学専門学校鍛錬縦走大会」が開催され、青梅の熊野神社が折返し地点となりました。

 その後太平洋戦争で日本中から全てのスポーツが姿を消し軍事教練が行われる中、箱根駅伝の開催を目指した人々の努力により1943年は「紀元二千六百三年靖国神社・箱根神社往復関東学徒鍛錬縦走大会」として開催にこぎつけました。お気付きかもしれませんが、両大会共に東京を出発し行く先は神社です。この戦時下は「戦勝祈願」と謳い開催の許可を得たのです。こうして箱根神社の歴史と伝統は脈々と次の世代に受継がれ、「箱根駅伝」という目に見えない襷を繋いで、今では多くの人々を魅了する大会になったと感じます。

 この縦走を見守り続けているのが箱根神社です。古来より関東総鎮守・箱根大権現と尊崇され交通安全・心願成就・開運厄除など、運開きの神様として信仰されています。平安朝初期に箱根路が開通し、往来の旅人が道中安全を願ったと聞くと、唯ひたすらに箱根山を目ざし往復200キロを超える道のりを2日間に亘って走る大学生達の道中安全祈願をせずにはいられません。

 箱根に住む我々は事あるごとに杉の巨木に迎えられ、山懐に抱かれたお社に足を運びます。機会があったら、〝箱根駅伝ミュージアム〟から東海道を上り、箱根関所を越え杉並木を通り、芦ノ湖畔を箱根神社へ向かってみては如何でしょうか。

かつまた まりこ
1963年箱根町仙石原生まれ。高校時代は陸上競技部に所属し、日本体育大学女子短期大学卒業後、箱根富士屋ホテル株式会社入社。2004年から箱根駅伝に係わり、13年7月より、箱根駅伝ミュージアム館長。

こちらの記事もどうぞ
サントリー美術館様

特集 special feature 

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」など全22作の根幹とは

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ

丸山智己さんと狛江

丸山智己さんと狛江

~郊外住宅地・狛江の夜を愉しむ~

光石研さんと梅が丘

光石研さんと梅が丘

普段着の味わいがする「梅ヶ丘」を楽しむ

千歳船橋と町田啓太さん

千歳船橋と町田啓太さん

千歳船橋は名優が暮した町

松下洸平さんと参宮橋

松下洸平さんと参宮橋

参宮橋は大都会の隣町の風情

鈴木伸之さんと喜多見

鈴木伸之さんと喜多見

喜多見は〝ほどよい〟郊外タウン

蒼彦太さんと読売ランド前

蒼彦太さんと読売ランド前

遊園地の町「読売ランド前」で大人の休日を楽しむ

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.2

PEOPLE frontline Vol.2
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial