江戸の昔に想いを馳せて

文=箱根関所 所長 大和田公一

箱根彩彩 2018年7月1日号より

弥次・喜多も歩いた
箱根八里の石畳

 「けふは名にあふ筥根八里、はやそろそろと、つま上りの石高道」

  江戸時代後期に十返舎一九が著した『東海道中膝栗毛』の記述。

  主人公の弥次さん・喜多さんが歩いた石畳の道は、今から三四〇年程前、江戸時代前期の延宝年間に敷設されたと伝えられ、現在湯本から箱根峠の間では七地点三・三㎞にわたって残っています。この道は杉の並木とともに、箱根越え東海道の歴史的景観を伝える国指定史跡として保存され、またハイキングコースとしても人気のある道です。

  箱根町に関わって三十年余り、数えきれないくらいこの道を歩きまし た。ある時は、箱根の小学生たちと手作り草鞋で歴史体験。草鞋と石畳は相性抜群、滑らないのです。雨露で湿った「天ケ石坂」の急傾斜、山靴やスニーカーでおっかなびっくり歩いてくるハイカーたちと、「どや顔」ですれ違ったことなども楽しい思い出です。

 またある時は、街道の調査で。石畳の残存状況や距離の測定、構造の把握など、石畳とお見合いしながらの匍匐前進。道は、石畳の持つ排水構造や石組など優れた特徴について十分に語りかけてくれました。

石畳が敷かれる前は、箱根竹を敷き詰めた〝竹道〟だった。石畳の道には、排水や石組造など江戸時代の構造を見ることができる。探しながら歩いてみるのも楽しい。

箱根の山は天下の嶮

 石畳と対話しながら急坂を登りきると、やがて道は樹間からわずかに芦ノ湖を臨みつつ湖畔へと下がって行きます。「賽の河原」や「杉並木」、江戸風情に身を浸しながら、足取りも軽く歩を進めていくと、杉の陰からいきなり厳めしい黒塗り門が! 箱根関所に到着です。

 ♬一夫関にあたるや 万夫も開くなし
(一人の兵士が関所の守りに当たれば、万人の軍勢が押し寄せても関所を攻め落とすことはできない。)

 明治三十四年に中学唱歌として発表された「箱根八里」の一節。険峻な地形を巧みに利用し、また周囲に張り巡らされた八百本を超える木柵など堅固な構造、渋墨の黒を基調とした威圧感たっぷりの建物たち。

 関所は江戸時代初期の元和五年(一六一九)にこの場所に設置されたと伝えられ、二五〇年にわたり江戸防衛や治安維持のために、監視の目を光らせていました。

 箱根関所の一番大事な役割は、「出女」の取り調べ。江戸から西方へ向かう女性は、幕府御留守居役の発行する旅行許可書の「証文」が必携。関所では証文に記載された女性の髪形から身体的特徴を詳細に照合し、一致していなければ関所を通すことはできませんでした。一方、世に言われる「入り鉄砲」の改めや、男性の通行については、さほど厳格な改めは行われていなかったようです。

 現在の箱根関所は、江戸時代の史料分析や発掘調査の結果に基づき、建物の位置や規模、構造、材質や色までも完全に復元したものです。江戸時代、幕府によって設置された関所は全国五十三から五十五カ所あったと伝えられています。しかし今、その大半は僅かに石碑が建ち、往時の場所を伝えているに過ぎません。箱根関所は、江戸時代の姿を目の当たりにすることができる唯一の関所と言っていいでしょう。間もなく設置四百年を迎える箱根関所。石畳の道と共に、江戸時代の街道情緒を体感してみてはいかがでしょうか。

間もなく設置400年を迎える箱根関所。現在の建物は2017年に完全復元され、江戸時代の関所を体感することができる。

おおわだ こういち
1956年東京都出身。法政大学卒業後、 箱根町立郷土資料館に歴史系学芸員として勤務。同館館長、教育委員会生涯学習課長、教育次長を経て、2016年定年退職の後再任用職員として、同年4月から箱根関所所長。

こちらの記事もどうぞ
サントリー美術館様

特集 special feature 

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」など全22作の根幹とは

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ

丸山智己さんと狛江

丸山智己さんと狛江

~郊外住宅地・狛江の夜を愉しむ~

光石研さんと梅が丘

光石研さんと梅が丘

普段着の味わいがする「梅ヶ丘」を楽しむ

千歳船橋と町田啓太さん

千歳船橋と町田啓太さん

千歳船橋は名優が暮した町

松下洸平さんと参宮橋

松下洸平さんと参宮橋

参宮橋は大都会の隣町の風情

鈴木伸之さんと喜多見

鈴木伸之さんと喜多見

喜多見は〝ほどよい〟郊外タウン

蒼彦太さんと読売ランド前

蒼彦太さんと読売ランド前

遊園地の町「読売ランド前」で大人の休日を楽しむ

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.2

PEOPLE frontline Vol.2
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial