22.03.04 update

「星のフラメンコ」が大ヒットの〝太陽の王子〟と呼ばれた 西郷輝彦

プロマイドで綴る
わが心の昭和アイドル&スター

大スター、名俳優ということで語られることがない人たちかもしれないが、
青春の日々に密かに胸をこがし、心をときめかせた私だけのアイドルやスターたちがいる。
今でも当時の映画を観たり、歌声を聴くと、憧れの俳優や歌手たちの面影が浮かび、懐かしい青春の日々が甦る。
プロマイドの中で永遠に輝き続ける昭和の〝わが青春のアイドル〟たちよ、今ひとたび。

企画協力・写真提供:マルベル堂

©マルベル堂

 2月20日、西郷輝彦さんが逝った。2月5日に75歳の誕生日を迎えたばかりだった。西郷輝彦を語るとき、歌手としての部分と同時に俳優としての部分がある。若い世代の人たちにとっては、俳優という認識が強いのではないだろうか。芸能界に入ったのは、歌手としてで、東京オリンピックが開催された1964年(昭和39)、前年に設立されたばかりのクラウンレコードから「君だけを」でデビューし、いきなり60万枚を売り上げた。芸名は同郷の英傑、西郷隆盛にちなむ。また、クラウン所属の歌手には、北島三郎、水前寺清子、美川憲一、瀬川瑛子、鳥羽一郎らがいる。

 その後、「十七才のこの胸に」もヒットし、同年、都はるみと共に日本レコード大賞の新人賞に輝き、NHK紅白歌合戦にも初出場を果たした。紅白には10年連続で出場している。太く凛々しい眉、彫りの深い南国の青年らしい貌、脚が長くモダンなルックス。デビュー当時のキャッチフレーズは〝太陽の王子〟だった。先にデビューした橋幸夫、舟木一夫と共に〝御三家〟と呼ばれトップアイドルの座を手にした。「涙をありがとう」「恋人ならば」「涙になりたい」「初恋によろしく」「恋人をさがそう」「潮風が吹き抜ける町」といったヒット曲のなかで、西郷の魅力が開花したのは、「星娘」「星のフラメンコ」「願い星叶い星」の浜口庫之助作詞・作曲による一連の〝星シリーズ〟だろう。特に『星のフラメンコ』は西郷の持ち味であろうビートポップス色が活かされた流行歌として大ヒットして、西郷の代表曲となった。66年の紅白でも、その年の人気を象徴するようにトップバッターを務めた。70年代には、阿久悠作詞、川口真(「人形の家」「絹の靴下」「積木の部屋」などのヒット作を手がけた。2021年死去)作曲の「真夏のあらし」でシャウトして歌うなど、よりロック色を全面に押し出していた。だが、歌手としての陰りのようなものが見えていたことも現実だった。

 芸能界におけるその後の西郷の方向性を決定的にしたのは、73年に劇作家花登筐(はなと こばこ)の誘いを受け出演したテレビドラマ「どてらい男(ヤツ)」である。当時、「細腕繫盛記」を筆頭に花登作品はいくつもドラマ化され人気を得ていた。「どてらい男」は73年から77年まで放送され西郷の俳優としての当り役として語られ、これ以降歌手活動を一時縮小する。そこからはコンスタントに映画やテレビドラマに出演し、遠山金四郎を演じた「江戸を斬る」は6年間にわたってシリーズ化され、「警部補 佃次郎」シリーズは全21作放送されている。デビュー当時から『十七才のこの胸に』を皮切りにヒット曲が数多く映画化されており、テレビドラマにもデビュー間もなくNHK「若い季節」「虹の設計」などに出演していたので、腕に覚えあり、といったところだろう。歌手としてのステージもそうだが、俳優としての演技にテレというものを西郷から感じたことがない。恐らく思い切りがいいのではないか。人懐っこくてさみしがり屋だったという声も聞こえてくるが、一人で歌うどこか孤独な歌手よりも、仲間たちと作品を創り上げる俳優の現場のほうが、西郷には性に合っていたのではなかったのかと推察してしまう。テレビドラマで出会った森繫久彌に師事し、森繫主演の舞台にも出演を重ね、89年の『蘆火野』では菊田一夫演劇賞に輝いた。後年は、石井ふく子演出舞台の常連で『華々しき一族』『女たちの忠臣蔵』などに出演している。また、ドラマ以外でも66年から68年にかけて放送された若者向けの音楽番組「ヤマハヤングジャンボリー」で司会を務めていたが、歌って踊る若さはじける西郷輝彦はカッコよかった。

 訃報に触れ多くの人たちが悔やみのメッセージを寄せていたが御三家の1人である舟木の言葉が心に響いた。西郷の死が報じられた当日は、コメントできないほど意気消沈していたという舟木は、その翌日コンサートの開幕前にマスコミの取材に応じた。晩年、2人は2、3か月に一度は電話しあう仲で、舟木は西郷を「輝さん」と呼び、互いに慕い合っていたという。御三家と呼ばれ仕事に追われ、親しく会話を交わすこともままならなかった時間を取り戻そうとしていたのだろうか。「しのぎを削った人というのは、何十年経っても宝物」「悲しいとかさみしいとかといった感情ではなく、体の中からすっとひとつ何か持っていかれたような」と深い喪失感の心境を語った。

 2020年、西郷輝彦は芸能生活55周年の記念コンサートを開催することになっていて、西郷自身が直接舟木に出演を依頼し、舟木の友情出演が決まっていたが、コロナ禍により延期となり、その後21年に組まれたスケジュールも結局中止になり、実現にはいたらなかった。西郷はひどく残念がっていたという。14年に舟木、西郷、三田明の3人が〝BIG3〟として一緒に「徹子の部屋」に出演した回があった。番組では3人がそれぞれの持ち歌を交換して歌い合うコンサートの模様なども紹介されていた。55周年のステージで西郷と舟木がどんな会話を交わすのか観たかった。そして、あの『星のフラメンコ』を今一度聴いてみたかった。昭和歌謡の大きな星がまた1つ消えた。

 

文:渋村 徹(フリーエディター)

プロマイドのマルベル堂
大正10年(1921)、浅草・新仲見世通りにプロマイド店として開業したマルベル堂。2021年には創業100年を迎えた。ちなみにマルベル堂のプロマイド第一号は、松竹蒲田のスター女優だった栗島すみ子。昭和のプロマイド全盛期には、マルベル堂のプロマイド売上ランキングが、スターの人気度を知る一つの目安になっていた。撮影したスターは、俳優、歌手、噺家、スポーツ選手まで2,500名以上。現在保有しているプロマイドの版数は85,000版を超えるという。ファンの目線を何よりも大切にし、スターに正面から照明を当て、カメラ目線で撮られた、いわゆる〝マルベルポーズ〟がプロマイドの定番になっている。現在も変わらず新仲見世通りでプロマイドの販売が続けられている。

マルベル堂 スタジオ
家族写真や成人式の写真に遺影撮影など、マルベル堂では一般の方々の専用スタジオでのプロマイド撮影も受けている。特に人気なのが<マルベル80’S>で、70~80年代風のアイドル衣装や懐かしのファッションで、胸キュンもののアイドルポーズでの撮影が体験できるというもの。プロマイドの王道をマルベル堂が演出してくれる。
〔住〕台東区雷門1-14-6黒澤ビル3F

読者の皆さまへ

あなたが心をときめかせ、夢中になった、プロマイドを買うほどに熱中した昭和の俳優や歌手を教えてください。コメントを添えていただけますと嬉しいです。もちろん、ここでご紹介するスターたちに対するコメントも大歓迎です。

映画は死なず

新着記事

  • 2024.04.11
    相模原出身のロックバンド (Alexandros ...

    相模大野駅の列車接近メロディ

  • 2024.04.11
    下町の太陽、庶民派女優といわれながら都会の大人の女...

    150万枚のミリオンセラーを記録

  • 2024.04.09
    一日限りの『男はつらいよ』シネマ・コンサート開催!...

    6月29日(土)開催

  • 2024.04.08
    六本木ヒルズ・東京シティビュー 「創刊50周年記念...

    応募〆切:5月17日(金)

  • 2024.04.05
    俳優座の仲間たちから〝モヤ〟と呼ばれ、映画舞台の両...

    4期生とし養成所に入所

  • 2024.04.05
    本年度読売演劇大賞の大賞受賞後、初となる藤田俊太郎...

    東京公演:4月7日(日)開幕

  • 2024.04.04
    最高に幸せな7日間のラブストーリー『ハピネス』舞台...

    応募〆切:4月22日(月)

  • 2024.04.04
    平塚市美術館「平野杏子展─生きるために描きつづけて...

    応募〆切:4月21日(日)

  • 2024.04.04
    「顔が小さくて、背が高くて、脚が長い。まったく勝ち...

    御三家のハンサム・ガイ

  • 2024.04.03
    【インタビュー】若村麻由美 世界的に注目されるゼレ...

    奇跡のような2作品同時上演

特集 special feature 

わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の  「芸業」

特集 わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の 「芸業...

棟方志功の誤解 文=榎本了壱

VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いなる遺産

特集 VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いな...

「逝ける映画人を偲んで2021-2022」文=米谷紳之介

放浪の画家「山下 清の世界」を今。

特集 放浪の画家「山下 清の世界」を今。

「放浪の虫」の因って来たるところ 文=大竹昭子

「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

特集 「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

「いい顔」と「いい顔」が醸す小津映画の後味 文=米谷紳之介

人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

特集 人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

わが母とともに、祐三のパリへ  文=太田治子

ユーミン、半世紀の音楽旅

特集 ユーミン、半世紀の音楽旅

いつもユーミンが流れていた 文=有吉玉青

没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、展覧会「萩原朔太郎大全」の旅 

特集 没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、...

言葉の素顔とは?「萩原朔太郎大全」の試み。文=萩原朔美

「芸術座」という血統

特集 「芸術座」という血統

シアタークリエへ

喜劇の人 森繁久彌

特集 喜劇の人 森繁久彌

戦後昭和を元気にした<社長シリーズ>と<駅前シリーズ>

映画俳優 三船敏郎

特集 映画俳優 三船敏郎

戦後映画最大のスター〝世界のミフネ〟

「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の流行歌 

昭和歌謡 「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の...

第一弾 天地真理、安達明、久保浩、美樹克彦、あべ静江

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

特集 故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

特集 仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」等全22作の根幹とは

挑戦し続ける劇団四季

特集 挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

特集 御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

特集 寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

特集 アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

特集 東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

特集 「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

特集 俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン 文=山川静夫

秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

特集 秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

役柄と素顔のはざまで

秋山庄太郎ポートレートの美学

特集 秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

特集 久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

特集 加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

特集 昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

特集 西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

特集 「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

特集 川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

特集 ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

特集 中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

向田邦子の散歩道

特集 向田邦子の散歩道

「昭和の姉」とすごした風景

information »

new ロマンスカーミュージアムが3周年記念イベントを開催!

イベント ロマンスカーミュージアムが3周年記念イベ...

4月10日(水)~5月27日(日)

「箱根スイーツコレクション 2024」開催中 4月22日(月)まで キャンペーンも実施中

箱根 「箱根スイーツコレクション 2024」開...

Instagramをフォローして、素敵な賞品をゲットしよう

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!