22.06.28 update

親密なつながりと必要なものが全て揃う、わが町の商店街

2014年7月1日号「街へ出よう」より


地域に根ざした商店街には、路上で買い物ができてしまう気軽さ、
何度も前を往復して品定めができる気安さがある。
夕餉の一品をお店のご主人やおかみさんと会話しながら選ぶ楽しみもある。
今もなお、昭和の面影を残した下町情緒あふれる商店街、
そこには日常を一生懸命生きる人々との出会いがあり、憩いの場がある

戸越銀座商店街にて  photograph by Yasukuni

商店街を歩く

~日々の営みがいとおしくなる場所~

文・太田和彦


東京一長い商店街〝戸越銀座商店街〟

 星野博美さんのエッセイ『戸越銀座でつかまえて』(朝日新聞出版)は、ひとりの女性として結婚もせず自由に生きることを通してきた著者が、おしゃれな子連れマダムがカフェでおしゃべりしている吉祥寺から、故郷戸越銀座の実家に41才で帰ってくるところから始よる。10代に「いつかここを出る」と決意して実行し、数十年を経て戻って、再び住み始めたのだが初めはおおいにとまどった。
 例えば歩いていて挨拶すべき人が大勢いること。それは「一、顔に見覚えはあるが、知らない人。二、顔と名前は一致するが、親の知りあいというだけで自分は直接知らない人。三、親も自分もよく知っていて、仲のいい人。四、よく知っているが、あまり良好な関係とはいえない人。五、よく知っていて関係も良好だが、話の長い人。」と分類され、対応「無反応」「なんとなくスルー」「曖昧な会釈」「確固たる会釈」「はっきり挨拶」「積極的に会話」「できれば回避」を瞬時に選択する。よた、商店街の雑踏に父や母の姿を見かけるととっさに電柱に隠れたり、コンビニに入ったりして通り過ざるのを待つ。

 それはアパートを出れば誰一人自分を知る人のない解放感とは逆の世界だった。さらにトイレットペーパー一つを買うのにもあれこれ見ているうち”東京一長い商店街” をいつのまにか全往復している自分に気付く。

商店街は親密なつながりと必要なものが全て揃う場所

〈好きですこの街とごしぎんざ〉のアーチが連なる戸越銀座商店街は全長1.3㎞。車の通らない道の両側は、商店また商店が約四百軒。青果、肉、魚、酒、お茶、惣菜、漬物、パンなど食品のみならず、荒物、金物、電器、履物、生花、薬局、文具、本、写真、家具、不動産、リサイクルショップ、美容室、クリーニンダ、医院、進学塾、お稽古教室などの続くのが生活の町であることを示す。多いのは整体、エステ、接骨で、全身疲労・ほぐし・肩・腰・足ツボなど60分2980円は安い。靴やバッグのリフォーム、洋服お直しもとても多く、体も靴も衣服もすべて修理して使うのはたいへん結構。脇筋にちょっと遠慮気味に質屋があるのも納得だ。
 中華食堂や蕎麦屋。寿司処のセットメニューは〈なぎさ1350円・わかしお1850円・しおさい2400円・さざなみ2900円〉これなら気軽に入れるな。魚屋の店頭で焼いているいろんな焼魚がうまそうだ。歓楽街ではないので居酒屋や酒場は案外ない。殆どは二階が住まいらしく晴天に布団を干している。上に猫もいる。

1 2 3

映画は死なず

新着記事

  • 2024.06.11
    マニフレックス公式HPの人気連載記事『暮らしのエッ...

    6月28日(金)~30日(日)

  • 2024.06.11
    田中邦衛、山本圭、加藤剛らが出演した社会派ドラマ「...

    日本を代表する彫刻家・佐藤忠良を父にもつ

  • 2024.06.10
    韓国500万人超えの大ヒットした、予測不能の海洋ク...

    応募〆切:7月10日(水)

  • 2024.06.06
    激動の20世紀を生きたあるの男の人生。〝世紀の小説...

    応募〆切:7月5日(金)

  • 2024.06.06
    八王子市夢美術館 特別展 「ルーヴル美術館の銅版画...

    応募〆切:6月30日(日)

  • 2024.06.06
    アカデミー賞Ⓡ 2度受賞の名優アンソニー・ホプキン...

    応募〆切:6月20日(木)

  • 2024.06.06
    年齢とは、一筋の暗闇の道 ─萩原 朔美の日々   

    第16回 キジュからの現場報告

  • 2024.06.06
    発禁本が60年後に映画化!こんなナチスへの復讐もあ...

    6月21日(金)全国公開

  • 2024.06.06
    〝日本一の美少年〟と謳われ、昭和青春歌謡四天王の一...

    写真家・秋山庄太郎は日本一の美少年と絶賛した!

  • 2024.06.05
    深秋の鋭気を浴びる「箱根時間」を貴方へ、強羅の温泉...

    応募〆切:9月30日(月)

特集 special feature 

わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の  「芸業」

特集 わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の 「芸業...

棟方志功の誤解 文=榎本了壱

VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いなる遺産

特集 VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いな...

「逝ける映画人を偲んで2021-2022」文=米谷紳之介

放浪の画家「山下 清の世界」を今。

特集 放浪の画家「山下 清の世界」を今。

「放浪の虫」の因って来たるところ 文=大竹昭子

「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

特集 「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

「いい顔」と「いい顔」が醸す小津映画の後味 文=米谷紳之介

人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

特集 人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

わが母とともに、祐三のパリへ  文=太田治子

ユーミン、半世紀の音楽旅

特集 ユーミン、半世紀の音楽旅

いつもユーミンが流れていた 文=有吉玉青

没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、展覧会「萩原朔太郎大全」の旅 

特集 没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、...

言葉の素顔とは?「萩原朔太郎大全」の試み。文=萩原朔美

「芸術座」という血統

特集 「芸術座」という血統

シアタークリエへ

喜劇の人 森繁久彌

特集 喜劇の人 森繁久彌

戦後昭和を元気にした<社長シリーズ>と<駅前シリーズ>

映画俳優 三船敏郎

特集 映画俳優 三船敏郎

戦後映画最大のスター〝世界のミフネ〟

「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の流行歌 

昭和歌謡 「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の...

第一弾 天地真理、安達明、久保浩、美樹克彦、あべ静江

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

特集 故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

特集 仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」等全22作の根幹とは

挑戦し続ける劇団四季

特集 挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

特集 御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

特集 寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

特集 アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

特集 東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

特集 「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

特集 俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン 文=山川静夫

秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

特集 秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

役柄と素顔のはざまで

秋山庄太郎ポートレートの美学

特集 秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

特集 久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

特集 加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

特集 昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

特集 西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

特集 「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

特集 川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

特集 ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

特集 中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

向田邦子の散歩道

特集 向田邦子の散歩道

「昭和の姉」とすごした風景

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!