22.08.03 update

第6回 なぜ成城は映画人の街に?

1932年、東宝の前身であるP.C.L.(写真化学研究所)が
成城に撮影用の大ステージを建設し、東宝撮影所、砧撮影所などと呼ばれた。
以来、成城の地には映画監督や、スター俳優たちが居を構えるようになり、
昭和の成城の街はさしずめ日本のビバリーヒルズといった様相を呈していた。
街を歩けば、三船敏郎がゴムぞうりで散歩していたり、
自転車に乗った司葉子に遭遇するのも日常のスケッチだった。
成城に住んだキラ星のごとき映画人たちのとっておきのエピソード、
成城のあの場所、この場所で撮影された映画の数々をご紹介しながら
あの輝きにあふれた昭和の銀幕散歩へと出かけるとしましょう。

 ‶日本のビバリーヒルズ〟と呼ぶべき地、成城。現在ではタレントや文化人が住む街といったイメージが強いが、黒澤明、三船敏郎、司葉子らに代表されるように、かつて当地は紛れもなく‶映画人の街〟であった。その理由は、もちろん東宝撮影所(現在では「東宝スタジオ」と呼称)があるから、が正解だが、では、そもそも東宝(P.C.L.)は何ゆえにこの地に撮影所を設けたのか――。その起源についてご存知の方は、あまりいらっしゃらないだろう。

 元々は写真現像に関する研究開発を行うための‶匿名組合〟だった「写真化学研究所」(Photo Chemical Laboratory:丸ビルの一室にあった)が、日活からの要請を受け、――あくまで副業として――トーキー=発声映画の撮影・録音の請負と技術開発を進めるべく、1931年に新たな拠点としたのが、現在の成城、当時の砧村であった。1932年にはトーキー用の大ステージも完成。ところが、日活が別のトーキー・システムを採用したことから、P.C.L.はやむなく自社製作の道を選択、これが現在の東宝へと発展していったことは、日本映画を愛好する方にはよく知られた話であろう。

 さて、P.C.L.の初代社長を務めた植村泰二(うえむらたいじ)には、可愛がっていた娘=泰子さんがいた。教育方針に共感した成城小学校へと入学させ、当初は駒込の自宅から1時間半もかけて通わせていたものの、病弱だった泰子さんが遠方の小学校に通うのは可哀そうだと、植村は自宅と共にP.C.L.施設もこの地に移してしまうという驚くべき決断を下す(註1)。

 なんとも意外な移転理由だが、もしも植村の子女が成城小学校に入っていなければ、P.C.L.という会社がこの地に移転することはなく、本来なら静かな学園都市たる成城が映画人の街になることもなかったわけだから、歴史の不思議・偶然を感じざるを得ない。

 さらに言えば、もし当地にP.C.L.の撮影所が出来ていなければ、黒澤明と本多猪四郎が監督になることも、『七人の侍』や『ゴジラ』(註2)が作られることもなかったかもしれず、この‶家族ファースト〟による会社移転は、その後の日本映画の行方をも大きく変える歴史的重大事だったことになる。

植村が最初に作ったP.C.L.研究棟&録音ステージ ⒸTOHO(提供:東宝スタジオ)
昭和10年代の東宝撮影所。右上の白い建物が最初のP.C.L.施設、その南側が植村邸。撮影所の北には鬱蒼とした御料林が広がる ⒸTOHO(提供:東宝スタジオ)

 上掲写真からも見てとれるように、当時の砧村、特に小田急線の南側は、雑木林(御料林)(註3)と麦畑が広がる荒涼とした土地であった。昼間は林から出てきたイタチが道をうろうろ、夜はフクロウが鳴くという人里離れたところに、いきなりこのような巨大ステージが出現したわけだから、周囲の住民たちが〝白亜の殿堂〟と形容したのも当然のこと。やがて当地には、役員の植村(註4)と増谷麟(註5)のほかにも、P.C.L.の映画人たちがポツポツと住み始めるようになる。

  すでにこの地に居を構えていた文化人には、成城学園に子女を入学させた父母、平塚らいてふ、北原白秋、富本憲吉(子息の壮吉はのちに映画監督となる)などがいたが、ここに加わったのが大川平八郎、岸井明、英百合子、千葉早智子、高田稔、月田一郎(山田五十鈴と結婚)などのスターたちに、山本嘉次郎、成瀬巳喜男といった監督たち。こうして撮影所周り(小田急線南側の地)は、にわかに‶映画人村〟の様相を呈していくが、それまで静かに暮らしていた先住の人たちにとって、生活感覚の異なる彼ら映画人は、何かと物議を醸す存在であったようだ。ちなみに、天才子役ともてはやされた高峰秀子も、松山善三と結婚するまでは長らく当地、成城の住人で、この家には市川崑が同居していたこともあったときく(註6)。

 

1 2

映画は死なず

新着記事

  • 2024.05.23
    パッパッパヤッパーのスキャットが忘れられない、大人...

    フィンガーアクションで大ヒット

  • 2024.05.22
    今こそ〈肉体の理性〉よ! ─萩原 朔美   

    第15回 キジュからの現場報告

  • 2024.05.20
    やっぱり懐かしい!映画『男はつらいよ』の世界にひた...

    京成電車下町さんぽ<2>

  • 2024.05.17
    町田市立国際版画美術館「幻想のフラヌール―版画家た...

    応募〆切:6月10日(月)

  • 2024.05.14
    阿木燿子作詞、宇崎竜童作曲の名曲を得て、自身初とな...

    ミュージシャンという肩書が似合うようになった

  • 2024.05.14
    全米の映画賞を席巻した話題作『ホールドオーバーズ ...

    応募〆切:6月5日(水)

  • 2024.05.14
    『あぶない刑事』の舘ひろし&柴田恭兵、70歳超コン...

    5月24日(金)公開

  • 2024.05.10
    背中トントン懐かしい ─萩原 朔美   

    第14回 キジュからの現場報告

  • 2024.05.10
    練馬区立美術館「三島喜美代─未来への記憶」展 観賞...

    応募〆切:5月31日(金)

  • 2024.05.10
    <特集>帰ってきた日本文化の粋 ─ 今、時代劇が熱...

    文=米谷紳之介

特集 special feature 

わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の  「芸業」

特集 わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の 「芸業...

棟方志功の誤解 文=榎本了壱

VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いなる遺産

特集 VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いな...

「逝ける映画人を偲んで2021-2022」文=米谷紳之介

放浪の画家「山下 清の世界」を今。

特集 放浪の画家「山下 清の世界」を今。

「放浪の虫」の因って来たるところ 文=大竹昭子

「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

特集 「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

「いい顔」と「いい顔」が醸す小津映画の後味 文=米谷紳之介

人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

特集 人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

わが母とともに、祐三のパリへ  文=太田治子

ユーミン、半世紀の音楽旅

特集 ユーミン、半世紀の音楽旅

いつもユーミンが流れていた 文=有吉玉青

没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、展覧会「萩原朔太郎大全」の旅 

特集 没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、...

言葉の素顔とは?「萩原朔太郎大全」の試み。文=萩原朔美

「芸術座」という血統

特集 「芸術座」という血統

シアタークリエへ

喜劇の人 森繁久彌

特集 喜劇の人 森繁久彌

戦後昭和を元気にした<社長シリーズ>と<駅前シリーズ>

映画俳優 三船敏郎

特集 映画俳優 三船敏郎

戦後映画最大のスター〝世界のミフネ〟

「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の流行歌 

昭和歌謡 「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の...

第一弾 天地真理、安達明、久保浩、美樹克彦、あべ静江

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

特集 故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

特集 仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」等全22作の根幹とは

挑戦し続ける劇団四季

特集 挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

特集 御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

特集 寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

特集 アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

特集 東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

特集 「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

特集 俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン 文=山川静夫

秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

特集 秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

役柄と素顔のはざまで

秋山庄太郎ポートレートの美学

特集 秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

特集 久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

特集 加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

特集 昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

特集 西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

特集 「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

特集 川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

特集 ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

特集 中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

向田邦子の散歩道

特集 向田邦子の散歩道

「昭和の姉」とすごした風景

information »

ロマンスカーミュージアムが3周年記念イベントを開催!

イベント ロマンスカーミュージアムが3周年記念イベ...

4月10日(水)~5月27日(日)

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!