22.12.21 update

どこか昭和が香る熱海は、さまざまな形で描かれる

お忍び旅行も意味した「熱海にゆく」

 熱海行きは、ときに男女のお忍び旅行になる。
 石川達三の『四十八歳の抵抗』(昭和三十一年) は、現代でいうミドルエイジ・クライシス(中年危機)を描いている。会社では、そこそこ出世した。子供も成長した。安定した中年の筈だが、何か物足りない。老けこむにはまだ早い。若い女性と恋をしたい。
 中年男性の不安な心理が共感を呼び、「四十八歳の抵抗」は当時、流行語になり、映画化もされた。
 昭和三十一年に公開された吉村公三郎監督の同名の作品。山村聰演じる主人公は大手保険会社の幹部社員。仕事はうまくいっているが、日々、生きている充実感がない。このまま年を取って終ってしまうのか。
 そんな時、バーでユカという十九歳の女性と知り合う。分別ざかりなのに、可愛い少女に夢中になってしまう。「おじさま好きよ」「仲良しになって」などと甘えられると、本気になってしまう。ユカを演じているのは人気歌手の雪村いづみ。
 四十八歳の主人公は、娘のような少女に惚れてしまい、一緒に旅にゆくことを納得させる。行き先は熱海。
「熱海にゆく」といえばお忍び旅行も意味した。
 二人は、熟海の海の見える旅館に泊まるのだが、いざ、ことに及ぼうとすると彼女は「いや、ユカちゃん、お嫁に行けなくなっちゃう」と拒絶。中年男の年甲斐もない恋はあっけなく終ってしまう。

新婚旅行で熱海を訪れたカップル。新郎は丹前姿だが、女性のたしなみであろうか、新婦はきちんと外出用のスーツ姿。化粧もきっと完璧に違いない。後ろで手を握り合っているのが、愛らしい。熱海が新婚旅行のメッカであった昭和30年代の写真。写真提供:熱海市役所

文人たちにも愛された温暖な土地

 熱海は文人と縁が深い。気候が温暖だからだろう。
 志賀直哉は、戦後、熱海南部、伊豆山稲村の大洞台(おおほらだい)にある山荘を借りた。高台にあったので、海が見下ろせるばかりか、伊豆の島々、初島も見渡せた。時にはイルカの群れも目に入った。
 山を降りて熱海の街を歩いた。とくに熱海銀座に現在も健在の洋食店、スコット旧館にはよく通った。店内には志賀直哉指定の席がいまもある。
 同じようにスコットを愛したのが、戦時中と戦後に熱海に住んだ谷崎潤一郎。食糧難の時代にいい肉が手に入るとスコットに持ってゆき、料理してもらった。
 谷崎潤一郎の、熱海時代のことを描いた『台所太平記』(昭和三十八年)には、「食いしんぼう」の主人公が、熱海の高台から、毎日のようにお手伝いを促して、町に食材を買いにゆくくだりがある。熱海では、戦時中でも思いがけず物が豊富で、ある時には、八百屋に生ワカメが一杯積んであり、それを買った。二杯酢にしたら、それがうまかった。お手伝いは「熱海には何でもございますね」と感心し、あちこちの店先で買物籠をひろげる。
 戦時中、熱海はアメリカ軍による艦砲射撃の噂はたったが、結局、被害はなかった。空襲もなかった。戦後発展したのは、それが一因だろう。『台所太平記』には、「熱海の街が今日のように発展しましたのは戦後のこと」とある。ただ昭和二十五年には大火に遭っている。
 永井荷風も戦後、昭和二十年に半年ほど熱海で暮している。一人暮しの老人なので、食料を手に入れるのは苦労したようだが、戦火に遭わなかった温暖な土地は老いの身にはよかったのだろう。日記『断腸亭日乗』には、昭和二十年の秋、荷風が熱海の町の美しさをたたえるくだりがある。また暮しにしばしば余裕も出来、名月を眺め、句も詠んでいる。
「湯の町や灯もにぎやかに今日の月」


 昭和四十年代の東京に住む小学生の女の子を主人公にした懐かしさあふれる漫画、岡本螢・作、刀根夕子・画の『おもいでぽろぽろ』(88年、青林堂)にも熱海が登場する。
 小学五年生のタエ子は、東京の普通のサラリーマン家庭の子供。夏休み、田舎のある友だちはみんな祖父母の家に遊びに行く。田舎のないタエ子はどこにも行けない。
 悲しむタエ子をお祖母ちゃんが熱海に連れてゆくことになる。有名なホテル、大野屋に泊る。一家は、これまで何度かここに来ているようだ。末娘のタエ子ははじめて。
 大ホテルで、たくさんある風呂に喜んで入りにゆく。とうとう最後の大浴場のローマ風呂では、のぼせて倒れてしまう。可愛い。

 熱海はいっとき客足が落ちていたが、最近駅やホテルがリニューアルされ、活気を取戻している。

かわもと さぶろう
評論家(映画・文学・都市)。1944 年生まれ。東京大学法学部卒業。「週刊朝日」「朝日ジャーナル」を経てフリーの文筆家となりさまざまなジャンルでの新聞、雑誌で連載を持つ。『大正幻影』(サントリー学芸賞)、『荷風と東京『断腸亭日乗』私註』(読売文学賞)、『林芙美子の昭和』(毎日出版文化賞、桑原武夫学芸賞)、『映画の昭和雑貨店』(全5 冊)『映画を見ればわかること』『向田邦子と昭和の東京』『それぞれの東京 昭和の町に生きた作家たち』『銀幕の銀座 懐かしの風景とスターたち』『小説を、映画を鉄道が走る』(交通図書賞)『白秋望景』(伊藤整文学賞)『いまむかし東京下町歩き』『成瀬巳喜男 映画の面影』『映画の戦後』『サスペンス映画ここにあり』『日本すみずみ紀行』『東京抒情』『ひとり居の記』『物語の向こうに時代が見える』『「男はつらいよ」を旅する』『老いの荷風』など多数の著書がある。

1 2

映画は死なず

新着記事

  • 2024.06.14
    創建1200年記念 特別展「神護寺─空海と真言密教...

    応募〆切:7月15日(月)

  • 2024.06.14
    実話をもとに描かれた、海の男たちの誇りと絆の戦争秘...

    応募〆切:6月25日(火)

  • 2024.06.14
    自然写真家・今森光彦のライフワークの集大成、「今森...

    6月20日(木)~9月29日(日)

  • 2024.06.13
    三浦友和&山口百恵の二人を結んだ楽曲?! 松崎しげ...

    「愛の微笑み」から改題された

  • 2024.06.11
    マニフレックス公式HPの人気連載記事『暮らしのエッ...

    6月28日(金)~30日(日)

  • 2024.06.11
    田中邦衛、山本圭、加藤剛らが出演した社会派ドラマ「...

    日本を代表する彫刻家・佐藤忠良を父にもつ

  • 2024.06.10
    韓国500万人超えの大ヒットした、予測不能の海洋ク...

    応募〆切:7月10日(水)

  • 2024.06.06
    激動の20世紀を生きたあるの男の人生。〝世紀の小説...

    応募〆切:7月5日(金)

  • 2024.06.06
    八王子市夢美術館 特別展 「ルーヴル美術館の銅版画...

    応募〆切:6月30日(日)

  • 2024.06.06
    アカデミー賞Ⓡ 2度受賞の名優アンソニー・ホプキン...

    応募〆切:6月20日(木)

特集 special feature 

わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の  「芸業」

特集 わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の 「芸業...

棟方志功の誤解 文=榎本了壱

VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いなる遺産

特集 VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いな...

「逝ける映画人を偲んで2021-2022」文=米谷紳之介

放浪の画家「山下 清の世界」を今。

特集 放浪の画家「山下 清の世界」を今。

「放浪の虫」の因って来たるところ 文=大竹昭子

「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

特集 「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

「いい顔」と「いい顔」が醸す小津映画の後味 文=米谷紳之介

人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

特集 人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

わが母とともに、祐三のパリへ  文=太田治子

ユーミン、半世紀の音楽旅

特集 ユーミン、半世紀の音楽旅

いつもユーミンが流れていた 文=有吉玉青

没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、展覧会「萩原朔太郎大全」の旅 

特集 没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、...

言葉の素顔とは?「萩原朔太郎大全」の試み。文=萩原朔美

「芸術座」という血統

特集 「芸術座」という血統

シアタークリエへ

喜劇の人 森繁久彌

特集 喜劇の人 森繁久彌

戦後昭和を元気にした<社長シリーズ>と<駅前シリーズ>

映画俳優 三船敏郎

特集 映画俳優 三船敏郎

戦後映画最大のスター〝世界のミフネ〟

「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の流行歌 

昭和歌謡 「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の...

第一弾 天地真理、安達明、久保浩、美樹克彦、あべ静江

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

特集 故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

特集 仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」等全22作の根幹とは

挑戦し続ける劇団四季

特集 挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

特集 御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

特集 寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

特集 アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

特集 東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

特集 「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

特集 俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン 文=山川静夫

秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

特集 秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

役柄と素顔のはざまで

秋山庄太郎ポートレートの美学

特集 秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

特集 久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

特集 加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

特集 昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

特集 西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

特集 「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

特集 川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

特集 ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

特集 中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

向田邦子の散歩道

特集 向田邦子の散歩道

「昭和の姉」とすごした風景

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!