22.09.29 update

没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、展覧会「萩原朔太郎大全」の旅 

 それから、私は、文学館の壁や外壁に詩を印刷した。入館者や外を歩く人に詩と出逢って欲しくなったのである。

 展示方法も工夫するようにした。旧来のガラスケースに書籍や原稿を並べるだけではなく、天井も床、階段の蹴込み、手摺りにも文字を印刷した。館内のすべての空間を展示空間にしたのてある。

 さらに、朗読やリーディングシアターも頻繁にライブで公開した。声も展示形態の一つだと思うのだ。印刷物の黙読だけではわからなかった事が、音読によって出現する事があるのだ。

 勿論、文学館とは建物の事ではない。文学館とは出来事だ。毎日お祭りをやっているような、華やかなイメージの演出が必要だ。SNSの情報が常に更新されなければ、人が離れてしまうのと同じことだ。

 そうした、文学館の活動を数年間続けていくうちに、一館だけの活動を活発にしても情報の拡散は不可能である事が分かってきた。そこでアーツ前橋や、県立土屋文明記念文学館と一緒に企画展示を試みた。しかし、同じ地域だけではどうしても限界がある。

 そこで、いくつかの文学館に声をかけて、一緒に企画展示をやることにした。それが「萩原朔太郎大全」だ。

 コピーは、

「詩の故郷朔太郎を訪ね

言葉の素顔に出逢う

過去を再考することは

未来を創ることだ」

にした。

「言葉の素顔」は、谷川俊太郎さんの詩のなかのフレーズだ。最近、テレビなどで流れてくる言葉が、どんどん軽く、偽物のように思えてしまうことがある。だから、今こそ、本来の言葉が持っている力強い響き、表現力を再発見したい。そんな思いも重ねたテーマの企画である。詩人は、言葉について考え、言葉を目的とした文字列表現と日々格闘しているのだ。これ以上の素材はない。朔太郎と言う詩人が言葉とどう向き合ったか、どのように言葉の機能を広げたかを知ることで、現在を俯瞰出来るのではないか。そんな企画なのだ。

 参加は、全国52ヵ所の文学館、図書館、大学、美術館などだ。参加館はそれぞれ独自の切り口で展開しているから、その違いを知ることだけでも面白い。詩に興味のない人、文学が苦手な人がふと立ち寄って、言葉と出逢う。そうして、言葉の素顔、豊かな表現の世界を体感して貰えれば嬉しい。なんせ、詩が苦手な私ですら詩との付き合いを深められているのだから大丈夫。

 さて、果たして、言葉の素顔は出現するだろうか。「過去を再考する」ことで、本当に「未来を創る」事が可能だろうか。私はワクワクしながら、それぞれの会場を訪ね歩く夢を見続けている。

第一詩集『月に吠える』に収められている「竹」。朔太郎の自筆原稿である。「私は自分の詩のリズムによつて表現する。併しリズムは説明ではない。リズムは以心伝心である。そのリズムを無言で感知することの出来る人とのみ、私は手をとつて語り合ふことができる」と序でこのように述べている。
室生犀星(左)と朔太郎は、大正2年北原白秋主宰の「朱欒(ザンボア)」を介して知り合い、生涯にわたり親交を結んだ。写真は昭和14年10月、水戸高校での講演に出かける前の上野駅での二人。
大正4,5年頃のギターを弾く朔太郎と右は妹のユキ。朔太郎には、ワカ、ユキ、みね、アイという4人の妹があった。朔太郎も美男子であるが、4人は美人姉妹で有名だった。詩人の三好達治は、末妹のアイに一目惚れし求婚するが東大を卒業したばかりで生活能力がなかったため、反対されて断念。しかしその後も何度もアプローチをし続け、結婚にこぎつける。一時は朔太郎と三好達治は義兄弟になったが、数年後離婚。長女葉子の小説『天上の花』には、その頃のできごとが創作されている。今秋『天上の花 三好達治抄』として映画化される。

◇    ◇    ◇ 次頁へ

1 2 3 4

映画は死なず

新着記事

  • 2024.06.14
    創建1200年記念 特別展「神護寺─空海と真言密教...

    応募〆切:7月15日(月)

  • 2024.06.14
    実話をもとに描かれた、海の男たちの誇りと絆の戦争秘...

    応募〆切:6月25日(火)

  • 2024.06.14
    自然写真家・今森光彦のライフワークの集大成、「今森...

    6月20日(木)~9月29日(日)

  • 2024.06.13
    三浦友和&山口百恵の二人を結んだ楽曲?! 松崎しげ...

    「愛の微笑み」から改題された

  • 2024.06.11
    マニフレックス公式HPの人気連載記事『暮らしのエッ...

    6月28日(金)~30日(日)

  • 2024.06.11
    田中邦衛、山本圭、加藤剛らが出演した社会派ドラマ「...

    日本を代表する彫刻家・佐藤忠良を父にもつ

  • 2024.06.10
    韓国500万人超えの大ヒットした、予測不能の海洋ク...

    応募〆切:7月10日(水)

  • 2024.06.06
    激動の20世紀を生きたあるの男の人生。〝世紀の小説...

    応募〆切:7月5日(金)

  • 2024.06.06
    八王子市夢美術館 特別展 「ルーヴル美術館の銅版画...

    応募〆切:6月30日(日)

  • 2024.06.06
    アカデミー賞Ⓡ 2度受賞の名優アンソニー・ホプキン...

    応募〆切:6月20日(木)

特集 special feature 

わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の  「芸業」

特集 わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の 「芸業...

棟方志功の誤解 文=榎本了壱

VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いなる遺産

特集 VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いな...

「逝ける映画人を偲んで2021-2022」文=米谷紳之介

放浪の画家「山下 清の世界」を今。

特集 放浪の画家「山下 清の世界」を今。

「放浪の虫」の因って来たるところ 文=大竹昭子

「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

特集 「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

「いい顔」と「いい顔」が醸す小津映画の後味 文=米谷紳之介

人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

特集 人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

わが母とともに、祐三のパリへ  文=太田治子

ユーミン、半世紀の音楽旅

特集 ユーミン、半世紀の音楽旅

いつもユーミンが流れていた 文=有吉玉青

没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、展覧会「萩原朔太郎大全」の旅 

特集 没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、...

言葉の素顔とは?「萩原朔太郎大全」の試み。文=萩原朔美

「芸術座」という血統

特集 「芸術座」という血統

シアタークリエへ

喜劇の人 森繁久彌

特集 喜劇の人 森繁久彌

戦後昭和を元気にした<社長シリーズ>と<駅前シリーズ>

映画俳優 三船敏郎

特集 映画俳優 三船敏郎

戦後映画最大のスター〝世界のミフネ〟

「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の流行歌 

昭和歌謡 「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の...

第一弾 天地真理、安達明、久保浩、美樹克彦、あべ静江

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

特集 故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

特集 仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」等全22作の根幹とは

挑戦し続ける劇団四季

特集 挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

特集 御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

特集 寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

特集 アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

特集 東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

特集 「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

特集 俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン 文=山川静夫

秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

特集 秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

役柄と素顔のはざまで

秋山庄太郎ポートレートの美学

特集 秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

特集 久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

特集 加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

特集 昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

特集 西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

特集 「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

特集 川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

特集 ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

特集 中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

向田邦子の散歩道

特集 向田邦子の散歩道

「昭和の姉」とすごした風景

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!