私がいる

萩原朔美のスマホ散歩

散歩は、街を一冊の本のように読む事。だから、ついつい長引いてしまう。おまけに、携帯で撮影もするから散歩だか家出だか分からない。同じ場所を毎日撮る定点観測。奇異に感じた光景。同型の収集。カーブミラーに映る自分等。
面白いことに、散歩のついでだった撮影が、今では撮影するための散歩になってしまった。手段の目的化だ。これから展開する画像を見た人達が、それぞれ自分の好みで街を散歩し撮影し始めてくれたら、とても嬉しい。


第6回 2020年10月28日

 携帯を持った途端、自撮りの欲望が湧いてくる。当然だ。人間とメディアの歴史を振り返ればよく分かる。

 画家にとって自画像は魅力的なテーマだった。写真が発明されると、セルフポートレート。ビデオが出現した当初、ビデオ・アーティストはみんな自分にビデオ・カメラを向けた。ビデオの次に携帯登場。

 だから、自撮り棒を伸ばすのだ。

 私は、自分の影を撮影している。自撮りだと自分が見ている風景が入らない。それが寂しいから仕方なく影を撮る事になった。

 風景の中に居る自分の影は、自分のような他人のような、幻影のようで、妙にリアリティある不思議な存在だ。今では、自撮りより、「自影撮り」の方が私は好きになってしまった。


photo by Gombi

はぎわら さくみ

エッセイスト、映像作家、演出家、多摩美術大学名誉教授。1946年東京生まれ。祖父は詩人・萩原朔太郎、母は作家・萩原葉子。67年から70年まで、寺山修司主宰の演劇実験室・天井桟敷に在籍。76年「月刊ビックリハウス」創刊、編集長になる。主な著書に『思い出のなかの寺山修司』、『死んだらなんでも書いてもいいわ 母・萩原葉子との百八十六日』など多数。現在、萩原朔太郎記念・水と緑と詩のまち 前橋文学館の館長を務める。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial