やっぱり気になるご先祖様

私の生前整理 2013年7月1日号より

文=室井 滋
女優

生涯で最初に手にした
大きな買い物

 バリバリのおばさんではあるが、五十路を謳歌している私にとって〝生前整理〟は、まだそれほど差し迫ったものではない。

 それでも時折、何かの拍子に頭の端っこに引っかかってくることがある。〝お墓〟のことである。

 私は富山県の田舎町の出身で、墓も仏壇も地元にある。富山は昔から真宗王国と呼ばれる程、浄土真宗の寺や檀家が多い町で、うちもそれに洩(も)れない。おまけに私で十代目となかなか古い家柄で、過去には寺の檀家総代を務めたこともあったらしい。よって、うちの墓は寺のお御堂(みどう)のすぐ横、寺自体の大きな墓の横に現在もあるのだが……。

 実は私が生涯で最初にした大きな買い物というのが、この墓なのである。

 あれは女優としての生計がようやく立ち始めた頃のこと。大手化粧品メーカーとCM契約をし、いつもと桁違いのお金が銀行に振り込まれた直後だった。

 田舎の伯母から、「シゲちゃん大変! 夕べの強風であんたん家(ち)()の墓石が崩れ落ちたがよ。だいぶ古かったもんね。伯母ちゃん助けたげっから、すぐに修繕されよ。早くせんとバチあたっちゃよ」という連絡が入った。

 両親はとうに離婚し、頼みの父や祖母も私の大学時代に他界し、室井家は私一人っきり。これはどう考えても室井家先祖一同が通帳の入金を待ち、踏んばり、そして“ついに!”だったのではと。私には思えて仕方なかった。それゆえその大金で、私は新しく墓を建て替えたのだった。

ご先祖様が
守ってくれている

 お世話になった墓石屋さんから、「お若いのに偉いね。きっとご先祖様が守ってくたはれるちゃ」と言ってもらった通り、それ以降の私の仕事には、自分の実力以上のチャンスが訪れた。

 大きな怪我や病気もなく今日まで来れたのは(まさ)(に父達先祖代々のお陰と日々感謝している。

 いや、それどころか自分が建てた墓に皆が眠っていると思うと、ついつい(しの)(びたくなって、私はずっと月に一度帰省しているのだ。

 つまり、今のところ、私が墓りをしっかりやっているわけだが、問題は私が死んだ後のことである。

 私には長年共に暮らすパートナーがいるが子供はいない。室井家は本家で、すでに分家も娘達が嫁ぎ、跡取りがいない状態なのだ。

 少子化の一途をたどる我が国に、同じ悩みをかかえる人はさぞかしと思うが、それにしても一体どうしたら良いのだろう。

「私はいいの。誰もお参り来てくんなくっても……。でも、可哀想! お父さん、お兄ちゃん、じいちゃん、ばあちゃんも……。お盆やお彼岸ぐらい誰かお花を手向(たむ)(けてくんなきゃ~」

 こうなったら頑張って、私自身があと半世紀生きて墓守りするっきゃないか……。

 いっこうに答えは出ず、堂堂回りの行き着く先は、いつも決まってそんなところなのである。

もろい しげる
富山県出身。早稲田大学在学中に‘81年映画「風の歌を聴け」でデビュー。映画「居酒屋ゆうれい」「のど自慢」「OUT」「ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~」などで数多くの映画賞を受賞。NHK Eテレで放送中の「俳句さく咲く!」(第4日曜6:35~7:00)に出演。また、今夏発刊予定の絵本『ウリオ』(世界文化社)の他、『ドレスよりハウス 家を建てて一人前!』(マガジンハウス)、文庫『マーキングブルース』(メディアファクトリー)、『すっぴん魂大全 紅饅頭/白饅頭』(文藝春秋)など著書多数。現在、全国各地で『しげちゃん』絵本ライブを開催中。

こちらの記事もどうぞ

PR

サントリー美術館様

PR

きんでん

特集 special feature 

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

~江戸薫る 芝居小屋の風情を今に~

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

ウイスキーという郷愁

ウイスキーという郷愁

いつか「ダルマ」が飲める大人になってやる

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

information

new 下北線路街にホテルが出現、「MUSTARD HOTEL SHIMOKITAZAWA」開業

下北線路街にホテルが出現、「MUSTARD HOTEL SHIMOKI...

下北沢に新しいホテルとエンタメカフェが誕生!

世界初!新型コロナ対策の寝具誕生

世界初!新型コロナ対策の寝具誕生

マニフレックスで安心の熟睡

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

小田急沿線さんぽ archives

読者の声

コモレバクラブ

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!