new 21.09.28 update

患い入院し改めて道元禅師から学ぶ ひろ さちやさん

現成したものを生きる

文=ひろ さちや
宗教評論家
©児玉成一

私の生前整理 2020年1月1日号より

生死を境にした
体験で思ったこと

  昨年(二〇一九)の二月に、脳梗塞を患い、二カ月近い入院生活を余儀なくされました。現在もリハビリ生活を続けています。
 朝方の四時半ごろ、家の中で転倒し、起き上がれなくなって、救急車で病院に運ばれ、そのままの入院生活でした。それで、
〈よかった!〉
 と思っています。あれが、入院のための準備期間が必要であったなら、そのあいだじくじく思い悩まなければなりません。つらいですね。それよりは、「はい、入院です」となったほうが、どれだけ楽か分かりません。
 そして、かりに救急車の中で「ばたんきゅう」と寿命が尽きても、それはそれでよかったと思います。だってわたしの死後の葬式やもろもろのことは、すべてあとに残った遺族の仕事です。遺族は面倒かもしれませんが、わたしとしては遺族にお願いするよりほかありません。わたし自身は、死の瞬間に阿弥陀仏(あみだぶつ)のお浄土に往けると信じています。だから遺族が、わたしの死体をいかに扱おうと、わたしには関係ありません。好きなようにしてください。わたしは常日頃からそう考え、言っています。楽なものです。

患って、道元禅師の
主張に救いを求める

 しかし、病気の予後は、それほど楽ではありません。正直に苦しいですね。泣きたい気持ちになります。
 わたしは、仏教に救いを求めました。とくに曹洞宗の道元禅師の『正法眼蔵(しょうぼうげんぞう)』を読みました。『正法眼蔵』は難解とされていますが、自分の置かれた状況のせいか、道元禅師の主張がひしひしと胸に迫ってきました。
 道元禅師はこのようなことを言っています。
 ───わたしたちは、いま、目の前にある現実をしっかりと生きねばならぬ───
 こうまとめてしまえば、すごく簡単なように聞こえますが、彼はこのことをいろんな角度から論じているのです。
 たとえば、あなたが貧乏だとします。それは貧乏という現実があなたの目の前に現れているのです。道元禅師はそれを「現成(げんじょう)」と呼んでいます。あなたはその現成した貧乏をしっかりと生きるべきです。
 病気が現成すれば、その現成した病気をしっかりと生きるべきです。〈早く治ればいいなぁ〉と焦せらずに───焦ったところで、病気は治るまで治りません───病気とじっくり付き合って生きればよいのです。
 そして、やがてわたしに「死」が現成します。そのときになって、わたしは死と付き合って生きればよい。いや死ねばよいのです。かねがねわたしは、死がやって来たときに死ねばよい。何の「準備」もいらないと言ってきました。脳梗塞を患い、道元禅師を読んで、わたしの考え方でいいことを再確認できました。
 これからのちも、わたしは現成したものをしっかりと生きるつもりでいます。

ひろ さちや
宗教評論家。1936 年大阪府生まれ。東京大学文学部印度哲学科卒業。同大学院修了、気象大学校教授を経て、仏教・インド思想など、宗教について幅広く執筆、講演活動を行う。著書に『親鸞』『法然』『道元』(春秋社)、『のんびり生きて気楽に死のう』(PHP研究所)、『世捨て人のすすめ』(有楽出版社)、『お墓、葬式、戒名は本当に必要か 伝統と新しい形を考える』(青春出版社)他多数。

2020年1月1日 Vol.42より
サントリー美術館様
森美術館

特集 special feature 

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

ウイスキーという郷愁

ウイスキーという郷愁

いつか「ダルマ」が飲める大人になってやる

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

information

下北線路街にホテルが出現、「MUSTARD HOTEL SHIMOKITAZAWA」開業

下北線路街にホテルが出現、「MUSTARD HOTEL SHIMOKI...

下北沢に新しいホテルとエンタメカフェが誕生!

世界初!新型コロナ対策の寝具誕生

世界初!新型コロナ対策の寝具誕生

マニフレックスで安心の熟睡

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

小田急沿線さんぽ archives

読者の声

コモレバクラブ

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!