new 22.07.01 update

私が造った箱根のガーデンで体感してもらいたいこと

ニコライ・バーグマン
(ニコライ バーグマン 箱根 ガーデンズ オーナー)


 デンマークで鉢物の卸業を営んでいる父の仕事を近くで見ていた私は、15歳の頃から自分のフラワーショップを持ちたいという夢がありました。デンマークの専門学校で学び、19歳の時卒業旅行で初めて来日しました。決められた期間、父親の知人がいた埼玉県の川越の花屋さんを手伝い、都内を観光しましたが、とても刺激的な日々でした。デンマークに帰国して働きだしたものの、日本が恋しくなり再び来日、ビザの取得が自分の中で決めた1年から3年になり、そして5年とだんだん長くなって、振り返ると日本に住むようになって24年になります。ゆったりと時間が過ぎるデンマークよりも、ハイペースで働く日本の方が性に合っていたのでしょう。

 日本の花屋さんで修業をした後、「ニコライ バーグマン フラワーズ & デザイン」のブランドを立ち上げました。全国の様々な伝統工芸にも触れたことで、和と洋を融合した独自のフラワーデザインを確立していきました。

標高約600メートルの園内各所には、箱根の自然を生かしたプランターやオブジェが点在していて、四季折々に姿を変えていく。

 私の故郷のデンマークには急峻な山がありません。東京から2時間足らずで来ることのできる箱根は私にとって特別な場所でした。箱根に来ると日常の煩わしいことから体も心も解放され、元気になる場所だったのです。次第に箱根の大自然をキャンバスにして、今までのフラワーデザインとは違う世界を表現したくなりました。そんな場所を探していましたが、ある休日、箱根を訪れたとき、「FOR SALE」の看板が目に入りました。ここには手つかずの自然がそのまま残っていました。早速オーナーにコンタクトを取ると、「箱根が好きでこの自然を守ってくれる人に使ってもらいたい」というオーナーの思いと私の思いが共鳴し、約8500坪の土地を譲っていただくことになったのです。それが8年前のことです。それから、隣接する土地のオーナーと仲良くなりながら、土地を購入して現在約2万坪になっています。

園内にはベンチやパビリオンが設置されていて、ゆっくり自然を味わうことができる。

 自然の生態を壊さず、表情豊かな自然の中に私のフラワーデザインをバランスよく溶け込むようにすることをコンセプトにしたガーデンづくりが始まりました。ですから、色とりどりの色彩豊かなあっと驚くようなフラワーガーデンではなく、緑の木々が生かされるようにしました。

 強羅は、富士箱根伊豆国立公園の中にありますので、木の伐採も建物を建てるのも許可が必要です。いろいろな規制と折り合いをつけながら、ガーデンづくりを進めました。歩道や階段などもすべて手作りで、森の中の道も園内の落ち葉や石などを利用しています。来ていただくとわかりますが、目の高さまで伸びた熊笹の茂る中に落ち葉を敷いたは道は、古(いにしえ)の旅人たちが踏み固めてできたようになっています。鳥のさえずりも心地よく、電話の向こうの人にも鳴き声が届くほどです。「こんな素敵なところで犬と一緒に散歩ができて、ありがとうございます」というような感謝の言葉をたくさんいただいています。

順路はなく、気の向くまま歩いていくと、個性的なオブジェが。
階段も、園内の道もすべて手作り。箱根の石畳を思わせる。

 2022年4月15日、ガーデンのオープンに漕ぎつけましたが、これからの季節は私の一番好きな紫陽花が活躍します。ポットやプランターで所々に少しずつ季節の花の色を入れていきます。夏は、箱根の植物やハーブを使用したワークショップ、9月はハロウィン祭り、11月中旬からはクリスマスマーケットなど、季節に合わせたイベントも開催していきます。

 今年12月で12年目になる南青山の「ニコライ バーグマン フラワーズ & デザイン フラッグシップストア」は、大人の女性や子供連れのお客様から、SNSが盛んになり来店のお客様の年齢層がぐっと下がりました。今年はリニューアルをしてガラッと変えようという計画もしています。

 私の仕事は、ただ単にモノを売ることではありません。美しい花を見た人が、記憶に残るような驚きとともに、喜んでもらうことだと思っています。ですから、常に進化することを忘れません。

カフェのテーブルも倒木を利用した手作りだ。

「ニコライ バーグマン 箱根 ガーデンズ」も一度だけでなく何度もここを訪れていただいても、毎回新たな発見をしてもらえるようなガーデンにしていきます。「今、バーグマンさんは何やっているのだろう」と思い出してもらえるようになるといいなと思います。

 そして、私が感じたように、箱根でリフレッシュして明日の活力をもらい、箱根を好きになってもらいたいです。(談・文責編集部)


ニコライ・バーグマン
1976年デンマーク・コペンハーゲン生まれ。北欧と和を融合した独自のスタイルをコンセプトとし、自身で考案したフラワーボックスは、フラワーギフトの定番として広く認知されている。その活動の幅は広く、フラワーデザインはもとより、ファッションやデザインの分野で世界有数の企業と共同デザインプロジェクトを手がける、今や日本でもっとも有名なフラワーアーティストの一人である。現在、国内外にフラワーショップを10店舗以上展開。海外では、ソウル、コペンハーゲンに出店し、ワールドワイドに活躍の場を広げている。2018年3月、福岡の太宰府天満宮にて開催した展覧会「HANAMI 2050」は約20,000人を動員し、大盛況のうちに幕を閉じた。2017年は日本とデンマークの外交関係樹立150周年の親善大使を務めた。2020年、自身が考案したフラワーボックスが20周年を迎え、「The Flower BOX Exhibiton」を六本木ヒルズで開催。2022年4月、「ニコライ バーグマン 箱根 ガーデンズ」を開園。


ニコライ バーグマン 箱根 ガーデンズ
〔住〕神奈川県足柄下郡箱根町強羅1323-119
〔問〕0460-83-9087

サントリー美術館様

特集 special feature 

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

特集 故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

特集 仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」など全22作の根幹とは

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

特集 91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

特集 挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

特集 御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

特集 寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

特集 アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

特集 東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

特集 「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

特集 俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

特集 「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

特集 秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

役柄と素顔のはざまで

秋山庄太郎ポートレートの美学

特集 秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

特集 久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

特集 加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

特集 昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

特集 西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

特集 「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

特集 川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

特集 ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

特集 中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ

丸山智己さんと狛江

town story 丸山智己さんと狛江

~郊外住宅地・狛江の夜を愉しむ~

光石研さんと梅ケ丘

town story 光石研さんと梅ケ丘

普段着の味わいがする「梅ヶ丘」を楽しむ

千歳船橋と町田啓太さん

town story 千歳船橋と町田啓太さん

千歳船橋は名優が暮した町

松下洸平さんと参宮橋

town story 松下洸平さんと参宮橋

参宮橋は大都会の隣町の風情

鈴木伸之さんと喜多見

town story 鈴木伸之さんと喜多見

喜多見は〝ほどよい〟郊外タウン

蒼彦太さんと読売ランド前

town story 蒼彦太さんと読売ランド前

遊園地の町「読売ランド前」で大人の休日を楽しむ

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.2

PEOPLE frontline Vol.2
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!