クラウドファンディングで届いた映画を愛する人々の熱い想い

クラウドファンディングで
目標金額の2倍以上の支援金が集まりました

――クラウドファンディングを実施なさったのは6月19日からだとうかがいましたが、ずいぶん遅いスタートでしたね。

久保田 もともと館主の加藤が、映写機の保存活動などをしている関係で、資金を集める手段としてクラウドファンディングについて専門家の方々に教えを受けたり勉強はしていました。それで、今回もすぐにやろうかという話をしていましたが、緊急事態宣言で外出自粛要請が続く中、閉館の危機にさらされている全国の小規模映画館「ミニシアター」を支援するために映画監督の深田晃司監督(『よこがお』)、濱口竜介監督(『寝ても覚めても』)が発起人となって立ち上げたミニシアター・エイド基金のクラウドファンディングが4月13日にスタートしたので、当館独自のクラウドファンディングはその時点では見送ったんです。ミニシアター・エイドの反響はすさまじく、4月15日には100館に100万円ずつという目標金額の1億円を突破したんです。(※)当館も分配金をいただきました。それと並行して個々の映画館でもクラウドファンディングを実施している映画館はありましたし、監督さんたちからも同時にやってもいいと、おっしゃっていただいていましたが、まだ実施には踏み切れませんでした。

※1億円の目標金額を突破してからは、さらなる劇場支援のための3億円超えのストレッチゴールを設定し、5月15日の終了時までに、2万9926人から、総額3億3102万5487円の支援が寄せられ、全国118劇場・103団体へ1団体あたりの平均額約303万円が分配された。

――その後独自にクラウドファンディングを実施することがやはり必要だったわけですね。

久保田 まだまだ先の見えない状況が長引いてきて、その時点では何とかなっていても現実に今もそうですがこの先さらに長引くと営業を再開しても従来通りの営業はできない状況で、そういった先々までのことを考えると、このままではもたないと。やはりクラウドファンディングを実施しようと専門家の方にもご相談したところ、ちょっと遅いんじゃないのというお話もありましたが、ここは頑張ってやってみようということで劇場再開後の6月19日にスタートしました。映画館がやっているクラウドファンディングの中で、最後発くらいだったのではないでしょうか。

――目標金額は1千万円でしたが、結果はいかがでしたか。

久保田 目標額に設定した1千万円もそれで十分という額ではありませんでした。もちろん1千万円が集まるなんてまったく思っていませんでしたが、4日間くらいで目標額に達したのは本当に嬉しい驚きでした。みなさんメッセージを付けてご支援してくださるのですが、それを読むと私たちスタッフが思っている以上に、日本中にいらっしゃるみなさんがギンレイで映画をご覧になっていらして、辛かったときに助けられたとか、ずっと通っていてここがなくなると困るとか、そういった声をいっぱい届けてくださって、金額以上にそのことのほうに驚かされました。普段なかなかお客様の声を直接聞ける機会がないので、スタッフ一同感激でした。代々かなりの数のアルバイトの方々がいるのですが、昔学生時代にアルバイトしていましたという多くの方々も支援してくださいました。結果として7月31日に終了するまでに1924名の支援者の方々から、2188万6300円の支援金が集まりました。1974年に前任者から引き継ぎリニューアルして<ギンレイホール>として始めた前館主は、山手線一つずつの駅に映画館を作りたいという夢を持って、まずここでスタートしたんですが、志半ばで急逝されてしまわれました。でも、映画熱というものはすごくて、当時からお客様にも館主の映画、映画館に対する熱い思いは伝わっていたのだなと思いました。それを私の時に失くすことはできませんし、必ずや次へも繋いでいかなければいけないなと思っています。

2019年に撮影されたロビーの様子。「ミニシアター・エイド基金」の発起人の一人である『よこがお』『淵に立つ』などで知られる深田晃司監督が、「上映作品の独自のセレクション、チケット売り場・売店に並んだパンフレットやグッズに軽食、ロビーに貼られた上映中の映画の紹介記事。名作と呼ばれるような過去の上映作品のチラシやポスター、スタッフ手づくり館内ディスプレイ。ミニシアターを構成する要素のすべてに個性がある」と言うように、ギンレイホールのロビーもまた映画ファンにとって居心地のいい場所である。

ギンレイホールでは映画上映の他、様々な映画文化活動も行っており、創業以来、大切に保管してきたアーカイブや収集してきた映画資料なども披露している。2005年、創業30周年記念として<なかのZEROホール>で「映画ポスター・スチール写真展」を開催。

1 2 3

PR

サントリー美術館様

特集 special feature 

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三 80歳の青春

加山雄三 80歳の青春

若大将、人生を語る

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

ウイスキーという郷愁

ウイスキーという郷愁

いつか「ダルマ」が飲める大人になってやる

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

information

new 動く彫刻《お花の親子》を楽しむ

動く彫刻《お花の親子》を楽しむ

六本木ヒルズ、村上隆彫刻作品が映像に。

下北沢に「住む」「学ぶ」寮生活

topics 下北沢に「住む」「学ぶ」寮生活

SHIMOKITA COLLEGE 登場

ロマンスカーミュージアム

ロマンスカーミュージアム

小田急線海老名駅に来年4月開業

世界初!新型コロナ対策の寝具誕生

世界初!新型コロナ対策の寝具誕生

マニフレックスで安心の熟睡

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

小田急沿線さんぽ archives

読者の声

コモレバクラブ

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial