24.04.25 update

蜷川幸雄演出の名舞台『近松心中物語』で太地喜和子と平幹二朗の道行を美しく、ドラマティックに盛り上げた名曲 森進一「それは恋」

シリーズ/わが昭和歌謡はドーナツ盤

 今も語り継がれる名作舞台、秋元松代作、蜷川幸雄演出『近松心中物語』の初演は、1979年2月~3月の帝国劇場だった。近松門左衛門の人形浄瑠璃『冥途の飛脚』をベースに、『ひぢりめん卯月の紅葉』『跡追心中卯月のいろあげ』を織り交ぜて書かれた作品で、添い遂げるために心中を余儀なくされる2組の男女の物語。1組はドラマティックに心中を遂げる忠兵衛と梅川。それに対して死に切れなかった与兵衛と、一人死んでいくお亀というカップル。この2組の心中模様の二重構造が、多層的な人間ドラマを描き出し、忠兵衛を平幹二朗、梅川を太地喜和子、与兵衛を菅野忠彦(現・菜保之)、お亀を市原悦子というキャスティングだった。そのほか、山岡久乃、金田龍之介も出演していた。その主題歌が、森進一が歌う「それは恋」だった。舞台の主題歌というのも珍しいという印象を持ったが、さらに森進一が歌うというのが、画期的に思えた。2年後の再演時には芝居のタイトルも『近松心中物語 それは恋』となっていた。「それは恋」の話の前に、いまさらという気がしないでもないが、改めて森進一について少し話をしてみたい。

 森進一のデビュー曲は、猪俣公章作曲、吉川静夫作詞による66年リリースの「女のためいき」だった。それまで美声が主流だった歌謡界において、森のかすれた独特のハスキー・ボイスは衝撃的でさえあった。当時、小学生だった僕の耳にはなじむはずもなく、まったく縁のないところに存在する歌手であった。だが、デビュー曲は大ヒットした。ほぼ同時期に同じビクターから「恍惚のブルース」でデビューした青江三奈とともに〝ためいき路線〟として売り出された。ただ、青江三奈が同年のNHK紅白歌合戦に初出場を果たしたのに対して、森進一が紅白歌合戦に初出場となるのは68年の「花と蝶」まで待たねばならなかった。もしかしたらセクシーという魅力の女性のハスキーと違い、森進一のかすれた声はゲテモノ趣味の一発屋と見られていたのかもしれない。だが、森進一の歌唱力が認知されたことは、紅白初出場にして出番がトリ前というポジショニングだったことでも証明されたのである。

 デビュー以降、「命かれても」「盛り場ブルース」「花と蝶」とコンスタントにヒット曲を出し、聴く人の耳にもなじんできたのか、〝森進一節〟が歌唱力を伴った味わいとして認知されるようになったのではないだろうか。

 その後の勢いには、目を見張るものがあった。「年上の女」に続いてリリースした「港町ブルース」は、69年度日本レコード大賞で最優秀歌唱賞に輝やき2回目の出場にして紅白歌合戦で白組のトリを務めた。翌70年も「銀座の女」で白組のトリ、さらに71年には「おふくろさん」で2度目の日本レコード大賞最優秀歌唱賞を受賞、そして3年連続で白組トリを務めた。その3年間、大トリを務めたのは美空ひばりだった。

 69年の紅白で歌ったのは「冬の旅」で、翌年には「襟裳岬」で、ついに大トリを務めた。74年にリリースされた「襟裳岬」は、フォークソング全盛期のゴールデン・コンビである、岡本おさみ作詞、吉田拓郎作曲という楽曲で、日本歌謡大賞、日本レコード大賞でも大賞に輝いた。ちなみに紅白での対戦相手である島倉千代子が歌ったのも、彼女のかつてのヒット曲「襟裳岬」で、同名タイトル曲の対決となった。

 この「襟裳岬」は、森進一の中にある演歌の枠にとらわれず、幅広い音楽の領域に挑戦するという音楽心を刺激した曲になったようだ。松本隆作詞、大瀧詠一作曲、前田憲男編曲の82年リリースの「冬のリヴィエラ」、松本隆作詞、細野晴臣作曲、坂本龍一編曲の83年の「紐育物語」しかりである。そのほかにも、松山千春作詞・作曲の「待たせたね」、安井かずみ作詞、加藤和彦作曲「夢・ステファニー」、阿木燿子作詞、井上陽水作曲「風のエレジー」、谷村新司作詞・作曲「悲しみの器」、シャ乱Qのまこと作詞、はたけ作曲の「夜の無言(しじま)」、岡本おさみ作詞、細野晴臣作曲「ウイスキー色の街で」、長渕剛作詞・作曲「狼たちの遠吠え」、小室哲哉作詞・作曲・編曲「眠らないラブソング」なんていうのもある。

 NHK紅白歌合戦には連続48回出場しており、大トリを9回、白組トリを6回務めている。「おふくろさん」を歌ったのは8回で、紅白でのラストステージでも披露している。次に多いのは「襟裳岬」の4回、「冬の旅」、「北の螢」、「花と蝶」、「港町ブルース」、「冬のリヴィエラ」がそれぞれ2回で、いずれも誰もが納得するヒット曲である。

「それは恋」は森進一53枚目のシングルで、作詞は『近松心中物語』の戯曲を手がけた日本が誇る劇作家・秋元松代、作曲は猪俣公章。舞台『近松心中物語 それは恋』の再演の初日直後の81年11月5日にリリースされている。初演時にはなかった「それは恋」がタイトルにつけられたのは、森進一が歌う主題歌の反響の大きさによるものだったのだろうか。

1 2

映画は死なず

新着記事

  • 2024.05.24
    バブル期からの拝金主義で「他人を思いやることの大切...

    6月14日(金)全国公開

  • 2024.05.23
    イギリス新作映画初登場でナンバーワンの大ヒット!ま...

    6月7日(金)全国公開

  • 2024.05.23
    ホキ美術館「作家の視線─ 過去と現在、そして…」観...

    応募〆切:6月30日(日)

  • 2024.05.23
    明治期の数少ない近代洋風建築の「フェリーチェガーデ...

    6月1日(土)リニューアルオープン

  • 2024.05.23
    パッパッパヤッパーのスキャットが忘れられない、大人...

    フィンガーアクションで大ヒット

  • 2024.05.22
    今こそ〈肉体の理性〉よ! ─萩原 朔美   

    第15回 キジュからの現場報告

  • 2024.05.20
    やっぱり懐かしい!映画『男はつらいよ』の世界にひた...

    京成電車下町さんぽ<2>

  • 2024.05.17
    町田市立国際版画美術館「幻想のフラヌール―版画家た...

    応募〆切:6月10日(月)

  • 2024.05.14
    阿木燿子作詞、宇崎竜童作曲の名曲を得て、自身初とな...

    ミュージシャンという肩書が似合うようになった

  • 2024.05.14
    全米の映画賞を席巻した話題作『ホールドオーバーズ ...

    応募〆切:6月5日(水)

特集 special feature 

わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の  「芸業」

特集 わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の 「芸業...

棟方志功の誤解 文=榎本了壱

VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いなる遺産

特集 VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いな...

「逝ける映画人を偲んで2021-2022」文=米谷紳之介

放浪の画家「山下 清の世界」を今。

特集 放浪の画家「山下 清の世界」を今。

「放浪の虫」の因って来たるところ 文=大竹昭子

「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

特集 「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

「いい顔」と「いい顔」が醸す小津映画の後味 文=米谷紳之介

人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

特集 人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

わが母とともに、祐三のパリへ  文=太田治子

ユーミン、半世紀の音楽旅

特集 ユーミン、半世紀の音楽旅

いつもユーミンが流れていた 文=有吉玉青

没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、展覧会「萩原朔太郎大全」の旅 

特集 没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、...

言葉の素顔とは?「萩原朔太郎大全」の試み。文=萩原朔美

「芸術座」という血統

特集 「芸術座」という血統

シアタークリエへ

喜劇の人 森繁久彌

特集 喜劇の人 森繁久彌

戦後昭和を元気にした<社長シリーズ>と<駅前シリーズ>

映画俳優 三船敏郎

特集 映画俳優 三船敏郎

戦後映画最大のスター〝世界のミフネ〟

「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の流行歌 

昭和歌謡 「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の...

第一弾 天地真理、安達明、久保浩、美樹克彦、あべ静江

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

特集 故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

特集 仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」等全22作の根幹とは

挑戦し続ける劇団四季

特集 挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

特集 御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

特集 寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

特集 アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

特集 東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

特集 「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

特集 俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン 文=山川静夫

秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

特集 秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

役柄と素顔のはざまで

秋山庄太郎ポートレートの美学

特集 秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

特集 久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

特集 加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

特集 昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

特集 西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

特集 「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

特集 川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

特集 ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

特集 中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

向田邦子の散歩道

特集 向田邦子の散歩道

「昭和の姉」とすごした風景

information »

new 明治期の数少ない近代洋風建築の「フェリーチェガーデン日比谷」が6月1日(土)リニューアルオープン

明治期の数少ない近代洋風建築の「フェリー...

6月1日(土)リニューアルオープン

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!