23.05.02 update

わが青春の日々よ、もう一度。大学キャンパス散歩のおすすめ

2012年7月1日号「街へ出よう」より


大学構内で一般の来場も許されたコンサートや展覧会があり、 観覧できる美術館や博物館があるのをご存知だろうか。さらには、外観を観るだけでも有益な文化財に指定された建築物もある。
それぞれの大学にそれぞれの面白さを発見できる。わが青春の日々よもう一度と、キャンパス散歩はいかがだろう。さらに学生食堂で若き学生たちに混じってのランチも楽しいものだ。
ただし、学食はあくまで学生さんたちの場所だということをお忘れなく。

photograph by Yasukuni  筆者 東京藝術大学にて

初夏の大学を歩く

~いまひとたびの青春賛歌~

文・太田和彦


天真爛漫にバカをする藝大生への憧れ

 私の大学受験第一希望は東京藝術大学美術学部だったが、二歳年上の兄もそこ一本をめざして二浪し、私と受験年が重なってしまった。父は息子二人が同じ大学の同じ専攻を受けて明暗が分かれたとして、その後の兄弟仲を心配し、私の藝大受験をゆるさなかった。兄もすまなく思ったか、同じ国立大学でデザインを学べる学校をみつけてくれた。わが家は私立大学に通える金はなかった。その年二人とも志望校に合格した。

 この父の配慮に今の私はふかく感謝している。今だからわかるが私には藝大受験を突破する力はなかった。兄は二浪して入った念願の大学生活を謳歌し、私は自分の入った大学は不満だったが、「学歴なし」でけっこう、デザイナーになるのが目的だと覚悟を決めていった。
 卒業して資生堂宣伝部のデザイナーになり、五、六年すると藝大卒業生が幾人もデザイナーとして入ってきた。優秀なのもいたが使えない者も多く、「お前はそれでも藝大か」と口に出た。意趣返しではない、本人に力がないんだから。デザイナーは気持ちがよいほど実力の世界で学歴は全く通用せず、私の藝大コンプレックスはきれいに消えた。
 よい歳になるとまわりに東大出身者もいるようになり「大学は東大です」と聞くとすこし身構えた。そして人間的におもしろい人物は少ないと感じた。東大の同窓生同士は尊大で仲が悪いという噂をよろこぶのは、こちらにコンプレックスがあるからだ。
 それがこのたびの原子カムラの大失態で多くの東大学者がいかに卑劣であるかを知った。話題になった「東大話法(欺隔的で傍観者的)には全く納得。東大コンプレックスは完全に解消して、むしろ東大卒と聞くと人間性をひとつ疑ってかからねばと思うようになった(東大を悪し様に書くが税金を使う日本最高学府ゆえに甘受せよ)。
 以上、私のつたない学歴コンプレックス解消の弁である。
 しかし世の中はおもしろいもので、今の私は藝大美術出身の友達がたいへん多い。藝大生の特徴はずばり「芸術バカ」。東大生のように(悪口言うよ)出世や保身は全く眼中になく、カネにならない芸術に身を捧ぐ。入学すぐの歓迎コンパは一人一芸を強要され、最後は股にビール瓶をはさんで踊る下品な「ヨカチン」の洗礼をうけるのは、自己表現を命とする者が人前で恥をかけなくてどうするという、天晴れな芸術家魂だ。
 私は兄が藝大生になったのをよいことに、自分の大学よりも藝大に顔を出し、兄の学友に「オータ弟」と可愛がられた。全く天真爛漫にバカをする藝大生に憧れ、それは今も続き、デザイナー仲間の縁もあって「なにかといえば芸術」の芸術バカに加えてもらっている。

1 2 3 4

映画は死なず

新着記事

  • 2024.02.21
    鍛え抜かれた世界のトップ・パフォーマーたちが繰り広...

    応募〆切:4月15日(月)

  • 2024.02.21
    そして僕はガリバーになる

    ミニチュアフィギュアが飾られている家

  • 2024.02.21
    予測不能のストーリー展開、韓国映画『ビニールハウス...

    応募〆切:3月10日(日)

  • 2024.02.20
    SOMPO美術館「北欧の神秘─ノルウェー・スウェー...

    応募〆切:3月17日(日)

  • 2024.02.20
    「半地下」はまだマシ、韓国の格差社会の象徴、ビニー...

    3月15日(金)より全国順次公開

  • 2024.02.19
    カンヌ国際映画祭最高賞パルムドール受賞、ゴールデン...

    2月23日(金・祝)全国順次公開

  • 2024.02.18
    宇都宮美術館「イヴ・ネッツハマー ささめく葉は空気...

    応募〆切:3月5日(火)

  • 2024.02.15
    伝説の音楽プロデューサー、酒井政利に見込まれた岸田...

    ドラマ「愛と喝采と」の挿入歌

  • 2024.02.14
    東京藝術大学大学美術館「大吉原展 江戸アメイヂング...

    応募〆切:3月20日(火)

  • 2024.02.14
    舞台は19世紀後半のアイスランド。壮大なスケールの...

    応募〆切:3月25日(月)

特集 special feature 

わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の  「芸業」

特集 わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の 「芸業...

棟方志功の誤解 文=榎本了壱

VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いなる遺産

特集 VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いな...

「逝ける映画人を偲んで2021-2022」文=米谷紳之介

放浪の画家「山下 清の世界」を今。

特集 放浪の画家「山下 清の世界」を今。

「放浪の虫」の因って来たるところ 文=大竹昭子

「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

特集 「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

「いい顔」と「いい顔」が醸す小津映画の後味 文=米谷紳之介

人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

特集 人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

わが母とともに、祐三のパリへ  文=太田治子

ユーミン、半世紀の音楽旅

特集 ユーミン、半世紀の音楽旅

いつもユーミンが流れていた 文=有吉玉青

没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、展覧会「萩原朔太郎大全」の旅 

特集 没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、...

言葉の素顔とは?「萩原朔太郎大全」の試み。文=萩原朔美

「芸術座」という血統

特集 「芸術座」という血統

シアタークリエへ

喜劇の人 森繁久彌

特集 喜劇の人 森繁久彌

戦後昭和を元気にした<社長シリーズ>と<駅前シリーズ>

映画俳優 三船敏郎

特集 映画俳優 三船敏郎

戦後映画最大のスター〝世界のミフネ〟

「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の流行歌 

昭和歌謡 「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の...

第一弾 天地真理、安達明、久保浩、美樹克彦、あべ静江

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

特集 故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

特集 仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」等全22作の根幹とは

挑戦し続ける劇団四季

特集 挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

特集 御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

特集 寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

特集 アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

特集 東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

特集 「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

特集 俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン 文=山川静夫

秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

特集 秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

役柄と素顔のはざまで

秋山庄太郎ポートレートの美学

特集 秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

特集 久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

特集 加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

特集 昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

特集 西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

特集 「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

特集 川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

特集 ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

特集 中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

向田邦子の散歩道

特集 向田邦子の散歩道

「昭和の姉」とすごした風景

information »

芦ノ湖の花火の打ち上げを、箱根海賊船で楽しもう!

箱根 芦ノ湖の花火の打ち上げを、箱根海賊船で楽...

2月2日(金)「冬景色花火クルーズ」運航

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

Present

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.2

PEOPLE frontline Vol.2
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!