23.01.17 update

気取った料理屋では味わえない寛ぎの湯気けむるおでん屋さん

2020年1月1日号「街へでよう」


おでん「鍋前」のカウンターに陣取って
湯気の向こうの女将の顔をそっと伺いながら、
汁の染み方で、「とうふ、大根、キャベツ」とまず注文の第一声。
ぐびりと一口熱燗が腹に滲みわたり、
「あー今日も一日、頑張ったなあ」と独り言ち。
ひとり酒にはおでんが似合う。みんなでワイワイは大きなテーブル席で、
気取った料理屋では味わえない家庭的なくつろぎがあるのがおでん屋だ。
出汁が染みたような暖簾をくぐれば、日本の味が待っている。

「尾張家」にて photograph by Yasukuni

冬のおでん屋行脚

~全国どこに行っても庶民の味~

文・太田和彦


銭湯とおでんでしのいだ銀座勤めの残業の日々

 銀座の資生堂でデザイナーをしていた二十代は残業に継ぐ残業の日々だったが、念願の仕事だったので、定時で人の帰った静かな社内で一人、制作に没頭する時間を最も大切にしていた。しかし夜十時を過ぎて風呂なしアパートに帰っても、頼みの銭湯はもう閉まっている。仕方なく夕方近くなると会社を抜け出して近くの銭湯「金春湯」に行き、帰りは並木通りのおでん「お多幸」で夕飯をすませるのが日課になった。
「がんも、豆腐、はんぺん、大根、あと茶めし」
「はい、がんとうはんだい」
 店員が復唱し、赤いプラスチック皿ですぐ出る。抜け出して来たから時間はかけられない。お多幸は五丁目ソニービル裏に本店があったが、もっぱら会社に近いこちらに通った。そのうちお多幸は銀座泰明小学校を出た名優殿山泰司の実家と知り、ファンだったので愛着が増す。
 お多幸のおでんは色の濃いおつゆの味がよく染み、ご飯に合う。今は名物となった豆腐一丁をそのまま茶めしに乗せた〈とうめし〉はそのころまだなかったが、私は自分でそうしていた。夜は酒を飲みに入り、注文を受けて煮る〈タコ〉が楽しみだった。一人のときは一階カウンターの「鍋前」が特等席。大勢の飲み会は二階の大机で、注文が簡単ですぐ出るおでん屋は便利だった。持ち帰り用の赤い桶目当てに、家の土産にしたこともある。

 銀座には「お多幸」「やす幸」の二大おでん屋があり「お多幸は安い、やす幸は高い」と我々は言っていた。「やす幸」のおでんは薄味上品。四丁目の「おぐ羅」は後発で、こちらは同伴族がよく来ていた。

ダイナミックに煮え立たせる関西風おでんの魅力


 関西で入ったおでん屋は衝撃だった。まず種がちがう。有名な大阪の「たこ梅」で〈鯨のさえずり〉を初めて食べた。〈牛スジ〉は大阪のどこにもある大切な定番だが〈ちくわぶ〉は「それ、何でっか」と言われた。大阪でおでんを「関東炊き」と言うのは、関東で田楽を汁で煮て出しているのを取り入れ、その名になったとも聞いた。
 そして出汁。東京の昆布とかつお節とはちがい〈牛スジ〉がないと始まらなく、おつゆは東京のような茶色ではなく透明に澄んでいる。京都の古い名居酒屋「神馬」は鯨の皮を油で揚げた〈鯨コロ〉で出汁をとり「これ入れな、うちのおでんにならしまへん」と言っていたが、人手難で最近はおでんはやっていない。
 一番驚いたのは、東京は「おでんは煮ちゃだめ、種を動かさず、味が染みるよう温めているだけ」と、ほのかに湯気が上る静かな状態だが、関西おでんは常にぐらぐら煮立たせ、出汁をざぶりとどんどん追加し、ひっきりなしに味をみるダイナミックなやり方だ。

 宗右衛門町「小多福」はその典型。一番人気の〈豆腐〉はおぼろ昆布に青葱がのり、すすめられた〈海老芋〉はとろけるようにおいしい。創業から半世紀、注ぎ足しているおつゆの艶とコクはすばらしく、そこにさっとくぐらせただけの〈菊菜〉がいい。〆は茹でたうどんにおでんつゆをかける〈細うどん〉だ。
 大阪の台所「黒門市場」の、店先でぐらぐらと煮える立ち食いおでんも、その匂いに魅了された。

1 2 3

映画は死なず

新着記事

  • 2024.06.21
    『ぐるりのこと。』『恋人たち』の橋口亮輔監督の9年...

    7月12日(金)全国公開

  • 2024.06.21
    新しい朝が来た、希望の朝だ ♪─萩原 朔美の日々 ...

    第17回 キジュからの現場報告

  • 2024.06.20
    明石家さんま&大竹しのぶ初共演の人気ドラマ「男女7...

    「男女7人夏物語」の主題歌

  • 2024.06.14
    創建1200年記念 特別展「神護寺─空海と真言密教...

    応募〆切:7月15日(月)

  • 2024.06.14
    実話をもとに描かれた、海の男たちの誇りと絆の戦争秘...

    応募〆切:6月25日(火)

  • 2024.06.14
    自然写真家・今森光彦のライフワークの集大成、「今森...

    6月20日(木)~9月29日(日)

  • 2024.06.13
    三浦友和&山口百恵の二人を結んだ楽曲?! 松崎しげ...

    「愛の微笑み」から改題された

  • 2024.06.11
    マニフレックス公式HPの人気連載記事『暮らしのエッ...

    6月28日(金)~30日(日)

  • 2024.06.11
    田中邦衛、山本圭、加藤剛らが出演した社会派ドラマ「...

    日本を代表する彫刻家・佐藤忠良を父にもつ

  • 2024.06.10
    韓国500万人超えの大ヒットした、予測不能の海洋ク...

    応募〆切:7月10日(水)

特集 special feature 

わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の  「芸業」

特集 わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の 「芸業...

棟方志功の誤解 文=榎本了壱

VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いなる遺産

特集 VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いな...

「逝ける映画人を偲んで2021-2022」文=米谷紳之介

放浪の画家「山下 清の世界」を今。

特集 放浪の画家「山下 清の世界」を今。

「放浪の虫」の因って来たるところ 文=大竹昭子

「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

特集 「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

「いい顔」と「いい顔」が醸す小津映画の後味 文=米谷紳之介

人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

特集 人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

わが母とともに、祐三のパリへ  文=太田治子

ユーミン、半世紀の音楽旅

特集 ユーミン、半世紀の音楽旅

いつもユーミンが流れていた 文=有吉玉青

没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、展覧会「萩原朔太郎大全」の旅 

特集 没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、...

言葉の素顔とは?「萩原朔太郎大全」の試み。文=萩原朔美

「芸術座」という血統

特集 「芸術座」という血統

シアタークリエへ

喜劇の人 森繁久彌

特集 喜劇の人 森繁久彌

戦後昭和を元気にした<社長シリーズ>と<駅前シリーズ>

映画俳優 三船敏郎

特集 映画俳優 三船敏郎

戦後映画最大のスター〝世界のミフネ〟

「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の流行歌 

昭和歌謡 「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の...

第一弾 天地真理、安達明、久保浩、美樹克彦、あべ静江

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

特集 故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

特集 仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」等全22作の根幹とは

挑戦し続ける劇団四季

特集 挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

特集 御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

特集 寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

特集 アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

特集 東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

特集 「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

特集 俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン 文=山川静夫

秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

特集 秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

役柄と素顔のはざまで

秋山庄太郎ポートレートの美学

特集 秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

特集 久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

特集 加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

特集 昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

特集 西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

特集 「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

特集 川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

特集 ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

特集 中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

向田邦子の散歩道

特集 向田邦子の散歩道

「昭和の姉」とすごした風景

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!