23.10.05 update

『二十四の瞳』『浮雲』など昭和の銀幕で燦然ときらめいた大女優・高峰秀子のアニバーサリー大プロジェクトが発進! 「高峰秀子生誕100年プロジェクト 」

 2024年に高峰秀子さんの生誕100年の記念の年を迎えるにあたり、「高峰秀子生誕100年プロジェクト」なる一大プロジェクトが動き出し、製作発表会が実施された。5歳のとき『母』で映画デビューし、〝天才子役〟として人気を集め、55歳で俳優業を引退するまで半世紀にわたり300本以上の映画に出演し、日本映画史に大きな足跡を残した功績や、日本エッセイストクラブ賞を受賞した自伝『わたしの渡世日記』をはじめとする著作物の〝名文家〟としての才に加え、女性として、人としての生き方や美学、何を大事にし、何を失っていたのかなどを、現代の若い世代にも知ってもらいたいとの思いからプロジェクト委員会が発足し、出演映画の上映に加え、愛蔵品展示や写真展などの各種展覧会、関連書籍の刊行などによる、高峰秀子さんの俳優として、文筆家として、人としての足跡をたどるイベントが今月から開催される。

 俳優・高峰秀子と言えば、ゴールデングローブ賞外国語映画賞に輝き、国内外で高く評価されている木下惠介監督『二十四の瞳』、17本という最も多く組んだ成瀬巳喜男監督作品で、やはりフランスをはじめ海外での評価が高い『浮雲』をはじめ、『カルメン故郷に帰る』『女の園』『喜びも悲しみも幾歳月』『流れる』『女が階段を上る時』『名もなく貧しく美しく』『乱れる』『華岡青洲の妻』などなど、日本映画史に刻まれる多くの名作に出演し、人々の記憶に褪せることのないその美しい姿を焼き付けている。映画賞受賞数は日本映画界最多である。

▲『浮雲』©TOHO,.CO.LTD
▲『カルメン故郷に帰る』(1951年)監督/木下惠介 写真提供/松竹

 また、処女作『巴里ひとりある記』から『にんげん住所録』まで26作を数える著作は、現在も版を重ね、〝名文家〟との誉れも高く、文筆家としての顔も、よく知られている。著作はアジアでも人気が高く、『わたしの渡世日記』は、中国語版が2021年に刊行されており、23年に『巴里ひとりある記』が、24年に『ウー、うまい!』が中国語版で刊行される予定である。プロジェクト委員であり、松山善三・高峰秀子夫妻の養女である松山明美さんは、「高峰は自分が自分がと自分を押し出すことなく、自身を表現できる美しい文章が書ける人でした」と言う。

▲『女が階段を上がる時』©TOHO,.CO.LTD
▲『華岡青洲の妻』©KADOKAWA 1967

 また、プロジェクト発足について、ありがとうございますと謝辞を述べながら「ちゃぶ台返しのようなことを申しあげますが、高峰は私を怒っていると思います。なぜなら、高峰は自分のことで人様のお手を煩わせたり、派手なことをすることが嫌いでした」と、高峰さんの人柄を紹介しながらも、「でも、客観的に見てこのようなこと(生誕100年プロジェクト)をする値打ちがある人だと思います。映画人、文筆家として、それ以上に人としてすごく面白い人で、ずば抜けて頭のいい、人の気持がわかる人でした。若いこれからの世代の人にも、高峰のことを知っていただきたいと思ったのです」とプロジェクト立ち上げへの強い思いを語った。

 プロジェクト・サポーターとして登壇した女優の名取裕子は、「30年ほど前に九州の映画祭の折に軽く目礼を交わした程度での出会いでしたが、オーラがすごくて、小さな花柄のワンピースに小粒のパールのネックレスがすてきで、その美しさに魅せられました。本物がわかる、大事にされる、凛とした美しさと、所有なさっていた美術品などをためらうことなく寄贈なさるような、人としてのいさぎよい生き方には、強くあこがれます」と大先輩への思いを述べた。この日、名取裕子が着ていたきものは、松山明美さん曰く、〝高峰秀子好み〟の着る人を選ぶ、地味ながらも品性が香り立つようなきものだった。

 製作発表会には、プロジェクト実行委員会会長の小豆島町(映画『二十四の瞳』の人気により小豆島は一躍国内外に知られる島となり、多くの観光客が訪れるようになった) 町長大江正彦氏、後援の東宝株式会社取締役専務執行委員・市川南氏、松竹株式会社執行役員メディア事業部部長・井田寛氏、株式会社KADOKAWA取締役代表執行役・山下直久氏、一般社団法人日本映画製作者連盟事務局長・星野哲氏も出席。

 この1年、不世出の俳優であり、品性の人、非凡な人である高峰秀子という人物に、じっくりと向き合ってみたい。

1 2

映画は死なず

新着記事

  • 2024.05.28
    小田急電鉄の子育て応援マスコットキャラクター「もこ...

    6月4日から運行開始

  • 2024.05.28
    泉屋博古館東京 企画展「歌と物語の絵 ─雅やかな...

    6月1日(土)~7月21日(日)

  • 2024.05.27
    夏本番! ゲリラ豪雨の浸水を防いでくれる止水製品を...

    都市に起こる「内水氾濫」とは?

  • 2024.05.27
    駅前に佇む樹

    【スマホ散歩】孤高に聳え立つ

  • 2024.05.27
    仲代達矢と双璧をなす「俳優座」の逸材、平幹二朗は演...

    スケールの多い演技で、数々の賞を受賞

  • 2024.05.24
    吉永小百合とのコンビによる純愛路線映画『泥だらけの...

    日活青春スターとして忘れられない存在

  • 2024.05.24
    バブル期からの拝金主義で「他人を思いやることの大切...

    6月14日(金)全国公開

  • 2024.05.23
    イギリス新作映画初登場でナンバーワンの大ヒット!ま...

    6月7日(金)全国公開

  • 2024.05.23
    ホキ美術館「作家の視線─ 過去と現在、そして…」観...

    応募〆切:6月30日(日)

  • 2024.05.23
    明治期の数少ない近代洋風建築の「フェリーチェガーデ...

    6月1日(土)リニューアルオープン

特集 special feature 

わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の  「芸業」

特集 わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の 「芸業...

棟方志功の誤解 文=榎本了壱

VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いなる遺産

特集 VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いな...

「逝ける映画人を偲んで2021-2022」文=米谷紳之介

放浪の画家「山下 清の世界」を今。

特集 放浪の画家「山下 清の世界」を今。

「放浪の虫」の因って来たるところ 文=大竹昭子

「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

特集 「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

「いい顔」と「いい顔」が醸す小津映画の後味 文=米谷紳之介

人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

特集 人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

わが母とともに、祐三のパリへ  文=太田治子

ユーミン、半世紀の音楽旅

特集 ユーミン、半世紀の音楽旅

いつもユーミンが流れていた 文=有吉玉青

没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、展覧会「萩原朔太郎大全」の旅 

特集 没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、...

言葉の素顔とは?「萩原朔太郎大全」の試み。文=萩原朔美

「芸術座」という血統

特集 「芸術座」という血統

シアタークリエへ

喜劇の人 森繁久彌

特集 喜劇の人 森繁久彌

戦後昭和を元気にした<社長シリーズ>と<駅前シリーズ>

映画俳優 三船敏郎

特集 映画俳優 三船敏郎

戦後映画最大のスター〝世界のミフネ〟

「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の流行歌 

昭和歌謡 「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の...

第一弾 天地真理、安達明、久保浩、美樹克彦、あべ静江

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

特集 故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

特集 仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」等全22作の根幹とは

挑戦し続ける劇団四季

特集 挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

特集 御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

特集 寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

特集 アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

特集 東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

特集 「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

特集 俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン 文=山川静夫

秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

特集 秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

役柄と素顔のはざまで

秋山庄太郎ポートレートの美学

特集 秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

特集 久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

特集 加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

特集 昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

特集 西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

特集 「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

特集 川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

特集 ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

特集 中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

向田邦子の散歩道

特集 向田邦子の散歩道

「昭和の姉」とすごした風景

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!