23.04.19 update

森美術館開館20周年記念展「ワールド・クラスルーム:現代アートの国語・算数・理科・社会」 現代アーティストの「教室」で未知との遭遇を体験する

 六本木ヒルズが誕生してはや20年。それとともに53階に位置する森美術館も開館20周年を迎え、記念の企画展「ワールド・クラスルーム:現代アートの国語・算数・理科・社会」が4月19日(水)開幕した。本美術館の企画展で毎回感じるのは未知なる世界と遭遇する楽しみである。学問領域の研究者が「わからない」を探究することによって新しい発見や発明が積み重ねられていくように、現代アーティストが固定観念を打破するクリエイティブの探究は軌を一にするものがある。森美術館の現代アートと取り組んできた20年とは、まさに世界の「国語・算数・理科・社会」の「教室(クラスルーム)」を創出してきたことに他ならない。さて本展ではどんな未知との出会いがあるだろうと、わくわくして「教室」を訪れた。

 入り口には、これまでに展示を行ったアーティストやユニット名を出身地ごとに示した世界地図が目に入る。総勢約1,600組の名前が総覧されている。20年の積み重ねを感じる世界地図だ。

 会場は、現代アートを8つの教科「国語」「社会」「哲学」「算数」「理科」「音楽」「体育」「総合」と捉え、次から次へと非日常の世界に踏み込んでいく。それぞれの作品が個性的で、独自の物語をつくっている。各セクション複数の作品が展示されていて、観覧者によって好みも違うだろうが、心に残った作品をご紹介してみたい。

 本展のチラシで初めて目にした《フォロー・ミー》は、1966年中国黒竜江省生まれのアーティスト、ワン・チンソン(王慶松)によるものだった。西洋が中国に与える影響や中国の急速な近代化を皮肉やユーモアを交えて表現しているという。ワン本人が教師役で、背後の黒板には、英語と中国語で無数のことばが書かれている。タイトルの「フォロー・ミー」は、中国で1982年に放映が開始された英語教育のテレビ番組で、英語を学ぶだけではなく、西洋社会を垣間見ることができる人気番組だったそうだ。30年前の中国にもそんな人気番組があったのだ。「ナイキ」や「マクドナルド」のロゴ、机の上に置かれたコカ・コーラのボトルなど、中国社会が急激に欧米化していった象徴なのだろう。2008年の北京オリンピック開催が決定した翌年に制作されている作品だった。

 ここで、一つ「国語」を学ぶ。

▲ワン・チンソン(王慶松)《フォロー・ミー》2003年 所蔵:森美術館(東京)

 「社会」のセクションでは、畠山直哉による「陸前高田」の2011年の東日本大震災の様子を捉えた写真シリーズが印象的だ。流されて何もなくなってしまったところに咲いている黄色い花は菜の花だろうか。虹を捉えた作品もあった。失われたものはもとには戻らない。けれども、それでも傷はゆっくりと癒え、人生は続いていく。ベトナム戦争をテーマにした作品もあった。世界各地の歴史、政治、経済、アイデンティティにかかわる課題が取り上げられている。被災者や戦争の苦悩など、忘れてはいけない出来事があることを改めて認識する。

 「哲学」では、人間が生まれ、生き、そして死ぬということの全てに哲学は関係するが、美術も同様である。美術と哲学の関係をアーティストが表現した世界に誘われる。以前企画展の「STARS展」で出会った、宮島達男、李 禹煥(リ・ウファン)、奈良美智などの作品には、再び出会えた嬉しさがあった。宮島達男の作品は明滅するLEDのカウンターによって仏教的な死生観を表したという。

▲宮島達男《Innumerable Life/Buddha CCIƆƆ-01》2018 年所蔵:森美術館(東京)
撮影:表 恒匡 画像提供:Lisson Galler

 「算数」では、杉本博司のモノクロームの光と影のグラデーションによって造形美が際立っている作品《観念の形0010 負の定曲率回転面》は、壮大な世界観を表しているようだ。

▲杉本博司《観念の形 0010 負の定曲率回転面》2004年 Courtesy: ギャラリー小柳(東京)

 「理科」では、ナフタリンで作られた複数の靴からなるインスタレーションに驚いた。ナフタリンは常温で昇華するため、時間と共に靴の形はなくなってしまうが、再結晶することでどこかに存在し続ける。1974年生まれの宮永愛子は、本作を通して移ろう儚さよりも、変化しながらも見えなくなってもその場所に存在することの確かさを表現したという。

 「音楽」では、黒人女性を想起させる手の動きやサウンドに焦点をあてたマルティーヌ・シムズの作品。「体育」では競技が行われるスタジアムの建築的な特徴をあらわした作品もあった。そして「総合」のセクションでは、世界で最も注目されるアーティストのひとり、ヤン・ヘギョという作家を知った。作品はエネルギー問題、気候変動など世界のさまざまな事象を引用しているという。

 広い展示スペースには、映像、写真など様々な作品が登場してくる。現代アートを「難しい」「わからない」と避けてしまうのはもったいないのではないだろうか。何年後か、これらの作品が古典になる日があるのだろう。未知なるものとの出会いは豊かな体験だと思う。もう一度、入り口に戻って作品を見直すと、また新たな発見を見出す。本展の出展作品は約150点。そのうち半数以上が森美術館のコレクションだという。特にアジア出身のアーティストの勢いを感じさせ、元気のいい街、六本木から発する現代アートに接していると、自分も若やいだような気がして会場を後にした。

森美術館開館20周年記念展「 ワールド・クラスルーム:現代アートの国語・算数・理科・社会」
会期:2023年4月19日(水)~9月24日(日) 会場:森美術館(六本木ヒルズ森タワー53階)会期中無休、日時予約制を導入。

映画は死なず

新着記事

  • 2024.07.22
    昭和39年、純愛ドラマの先駆けとなった東芝日曜劇場...

    純愛ドラマ「愛と死をみつめて」のミコ役でトップ・スターに躍り出る

  • 2024.07.18
    ちあきなおみ版が複数のCMに起用されスタンダード・...

    永六輔と中村八大の「六・八コンビ」による〝黒い〟シリーズ第2弾

  • 2024.07.17
    老いが追いかけてくる ─萩原 朔美の日々   

    第19回 キジュからの現場報告

  • 2024.07.17
    [ロマンスカーミュージアム]の夏休みイベントは親子...

    7月17日(水)から

  • 2024.07.17
    <自然災害から身を守るPart2> 大型台風、暴風...

    大型台風、暴風の季節に備えて

  • 2024.07.16
    世界中の映画祭を席巻した、メキシコの新鋭監督の『夏...

    応募〆切:8月4日(日)

  • 2024.07.16
    山梨県立文学館開館35周年の特設展は「文学はおいし...

    7月13日(土)~8月25日(日)

  • 2024.07.11
    約2000株のアジサイが見ごろを迎える箱根・強羅の...

    箱根・強羅の散策に

  • 2024.07.11
    世界的ヒット曲「アイ ライク ショパン」をユーミン...

    ユーミンの「麻美ちゃんに歌わせたい」という天才的な閃き

  • 2024.07.10
    東京で唯一の大名家の美術館「永青文庫」で家紋をテー...

    7月27日(土)~9月23日(月・振)

特集 special feature 

わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の  「芸業」

特集 わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の 「芸業...

棟方志功の誤解 文=榎本了壱

VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いなる遺産

特集 VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いな...

「逝ける映画人を偲んで2021-2022」文=米谷紳之介

放浪の画家「山下 清の世界」を今。

特集 放浪の画家「山下 清の世界」を今。

「放浪の虫」の因って来たるところ 文=大竹昭子

「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

特集 「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

「いい顔」と「いい顔」が醸す小津映画の後味 文=米谷紳之介

人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

特集 人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

わが母とともに、祐三のパリへ  文=太田治子

ユーミン、半世紀の音楽旅

特集 ユーミン、半世紀の音楽旅

いつもユーミンが流れていた 文=有吉玉青

没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、展覧会「萩原朔太郎大全」の旅 

特集 没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、...

言葉の素顔とは?「萩原朔太郎大全」の試み。文=萩原朔美

「芸術座」という血統

特集 「芸術座」という血統

シアタークリエへ

喜劇の人 森繁久彌

特集 喜劇の人 森繁久彌

戦後昭和を元気にした<社長シリーズ>と<駅前シリーズ>

映画俳優 三船敏郎

特集 映画俳優 三船敏郎

戦後映画最大のスター〝世界のミフネ〟

「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の流行歌 

昭和歌謡 「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の...

第一弾 天地真理、安達明、久保浩、美樹克彦、あべ静江

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

特集 故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

特集 仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」等全22作の根幹とは

挑戦し続ける劇団四季

特集 挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

特集 御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

特集 寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

特集 アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

特集 東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

特集 「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

特集 俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン 文=山川静夫

秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

特集 秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

役柄と素顔のはざまで

秋山庄太郎ポートレートの美学

特集 秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

特集 久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

特集 加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

特集 昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

特集 西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

特集 「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

特集 川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

特集 ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

特集 中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

向田邦子の散歩道

特集 向田邦子の散歩道

「昭和の姉」とすごした風景

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!