23.09.06 update

門脇麦、田村健太郎、染谷将太、黒木華ら、若手実力俳優たちが絡み合う映画『ほつれる』で注目される若き監督・加藤拓也の感性

 30代ともなると任される仕事も重くなり、家庭を持った人は夫婦は仲睦まじく、子供にも恵まれているかもしれない。そんな幸福な家庭像を思い浮かべるのだが、『ほつれる』で描かれる30代の夫婦は違った。

 主人公の綿子を演じるのは門脇麦。その夫・文則には田村健太郎、綿子の友人・英梨を黒木華、綿子の心の支えとなる木村を染谷将太が演じる。

 文則と綿子は、結婚何年目なのだろうか。二人の仲は冷めきっており、綿子は英梨の紹介で知り合った木村と頻繁に会うようになる。木村は綿子にとって心の支えになっていったが、木村にも妻がいた。綿子と木村は箱根へ旅行に行き、木村からペアリングをプレゼントされる。車中やグランピング場の寛いだ表情の綿子が印象的だ。手を寄せ合い写真を撮る二人。しかし、都内に帰り二人で食事をした直後に、木村は事故に遭い亡くなってしまうのだ。綿子は動転し混乱するのだが、家には平静を装い帰らなければならない。

「こういう空気のまま、あと何十年も一緒に生活するの、きつくない?」やりなおしていくなら今のタイミングしかないと思う、という文則。家を買って心機一転やり直すことを提案する。一度は了解し、内見に行くことを了承した綿子だが、当日になるとその提案をすっかり忘れてしまい、英梨と亡くなった木村のお墓参りのため、山梨に行ってしまう。

「誰とどこに行ったのか」と執拗に問い質す文則。綿子を疑い、だんだん煩わしい夫になっていくのだが、文則にしてみれば何とかしようという気持ちをわかってくれない綿子にイラつく毎日だ。それでも記念日のプレゼントを交換し、関係も修復されていくかに見えたがそうはいかない。箱根で木村からもらったペアリングを財布に入れたはずが見あたらない。

 心の支えとなっていた木村の死を受け入れることができないまま変わらない日常を送りながら、木村との思い出の地をたどる綿子。一人の女性の揺れる心の動きを門脇麦がそのまま綿子になりきっていて、惹きこまれていった。緊迫感を味わいながら上映時間の84分はあっという間だ。

 もし綿子と木村が夫婦だったら、幸せな結婚生活を送っていただろうか。そうともいえないのではないだろうか。そう考えてみると人間関係、夫婦関係というのはおもしろいものだ。綿子は文則とやりなおすという選択もあった。人生には誰しも選択しなければならない瞬間が何回かあるものだ。その繰り返しが人生なのだろう。

 監督・脚本の加藤拓也は、業界内外で注目された22年公開の『わたし達はおとな』に次ぐ、2本目の映画である。テレビドラマ、舞台でも演出・脚本を多く手掛け、21年NHK「きれいのくに」で第10回市川森一脚本賞を20代で初受賞した。本作は30歳を前にした作品である。

 リアリティあふれるセリフを実力派の俳優たちがごく自然に発し、観る者に問いかける、そんな作品だ。

『ほつれる』は、2023年9月8日(金)、新宿ピカデリーほか全国ロードショー
配給:ビターズ・エンド
ⓒ2023「ほつれる」製作委員会&COMME DES CINÉMAS

映画は死なず

新着記事

  • 2024.05.28
    小田急電鉄の子育て応援マスコットキャラクター「もこ...

    6月4日から運行開始

  • 2024.05.28
    泉屋博古館東京 企画展「歌と物語の絵 ─雅やかな...

    6月1日(土)~7月21日(日)

  • 2024.05.27
    夏本番! ゲリラ豪雨の浸水を防いでくれる止水製品を...

    都市に起こる「内水氾濫」とは?

  • 2024.05.27
    駅前に佇む樹

    【スマホ散歩】孤高に聳え立つ

  • 2024.05.27
    仲代達矢と双璧をなす「俳優座」の逸材、平幹二朗は演...

    スケールの多い演技で、数々の賞を受賞

  • 2024.05.24
    吉永小百合とのコンビによる純愛路線映画『泥だらけの...

    日活青春スターとして忘れられない存在

  • 2024.05.24
    バブル期からの拝金主義で「他人を思いやることの大切...

    6月14日(金)全国公開

  • 2024.05.23
    イギリス新作映画初登場でナンバーワンの大ヒット!ま...

    6月7日(金)全国公開

  • 2024.05.23
    ホキ美術館「作家の視線─ 過去と現在、そして…」観...

    応募〆切:6月30日(日)

  • 2024.05.23
    明治期の数少ない近代洋風建築の「フェリーチェガーデ...

    6月1日(土)リニューアルオープン

特集 special feature 

わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の  「芸業」

特集 わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の 「芸業...

棟方志功の誤解 文=榎本了壱

VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いなる遺産

特集 VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いな...

「逝ける映画人を偲んで2021-2022」文=米谷紳之介

放浪の画家「山下 清の世界」を今。

特集 放浪の画家「山下 清の世界」を今。

「放浪の虫」の因って来たるところ 文=大竹昭子

「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

特集 「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

「いい顔」と「いい顔」が醸す小津映画の後味 文=米谷紳之介

人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

特集 人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

わが母とともに、祐三のパリへ  文=太田治子

ユーミン、半世紀の音楽旅

特集 ユーミン、半世紀の音楽旅

いつもユーミンが流れていた 文=有吉玉青

没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、展覧会「萩原朔太郎大全」の旅 

特集 没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、...

言葉の素顔とは?「萩原朔太郎大全」の試み。文=萩原朔美

「芸術座」という血統

特集 「芸術座」という血統

シアタークリエへ

喜劇の人 森繁久彌

特集 喜劇の人 森繁久彌

戦後昭和を元気にした<社長シリーズ>と<駅前シリーズ>

映画俳優 三船敏郎

特集 映画俳優 三船敏郎

戦後映画最大のスター〝世界のミフネ〟

「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の流行歌 

昭和歌謡 「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の...

第一弾 天地真理、安達明、久保浩、美樹克彦、あべ静江

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

特集 故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

特集 仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」等全22作の根幹とは

挑戦し続ける劇団四季

特集 挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

特集 御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

特集 寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

特集 アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

特集 東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

特集 「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

特集 俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン 文=山川静夫

秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

特集 秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

役柄と素顔のはざまで

秋山庄太郎ポートレートの美学

特集 秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

特集 久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

特集 加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

特集 昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

特集 西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

特集 「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

特集 川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

特集 ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

特集 中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

向田邦子の散歩道

特集 向田邦子の散歩道

「昭和の姉」とすごした風景

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!