23.11.30 update

映画音楽は調理の音、風の音、鳥のさえずり!?『ポトフ 美食家と料理人』を見ずしてフランス料理を語るなかれ

 映画館へ行くのは、その世界に包まれる為に行くのではないでしょうか? 先ずはストーリー、出演者、監督でチョイス。見終わった後、満足、などという表現を通り越して、とめどなく深く、濃く、まるで永遠に続くかと予感する幸福感、満足感がじわっと押し寄せる作品があります。『ポトフ 美食家と料理人』は、そんな作品です。

 本作は、ミシュランガイドが発刊された1900年より5年前のフランスはブルジョワの素敵な城館が舞台。(奇跡的にアンジュー地方で見つけたシャトーで撮影できたので、もうその本物感、美しき重厚感だけでもノックアウトされます。)そこで20年来、料理人ウージェニーは〈食〉を〈芸術〉にまで高めた美食家ドダンと暮らしていました。
 ここのところフランス映画の熟女ヒロイン作はイザベル・ユペールが続きましたが、ジュリエット・ビノシュのファンには待ちに待った登場です。彼女が素晴らしい演技を彼女らしくたおやかに、かつ凛とした職業人として、オーガニックコットンを着こなし、この料理人を演じています。

(c)Carole-Bethuel(c)2023 CURIOSA FILMS- GAUMONT – FRANCE 2 CINEMA


 彼女と強い信頼、絆で結ばれたドダンは、実際に一時パートナーでもあった、ブノワ・マジメルが演じています。二人の恋愛、人生を眺めるだけでも充分楽しいのですが、見どころはまだまだ入口です。
 メガホンを取ったトラン・アン・ユンのデビュー作にしてカンヌ、セザールW受賞した『青いパパイヤの香り』(1993)をご覧になりましたか? あれから早30年、すっかりベテラン監督の画面は完璧なはずです。光と色の使い方が素晴らしく角度も効果的なのでしょうか? この上無く美しいシーンの連続です。

(c)Carole-Bethuel(c)2023 CURIOSA FILMS- GAUMONT – FRANCE 2 CINEMA

 料理監修は泣く子も黙るあの〝厨房のピカソ“ ピエール・ガニェール。2010年より東京店(ANAインターコンチネンタルホテル東京内)も復活されました。
 古色を帯びた素敵な厨房に繰り広げられるゴージャスメニューとポトフ始めジビエ、ポアレ、コンソメの古典的レシピの美しき調理の様子、流れと、魅力ある食器、調理器具たち。

ポトフ(左)とノルウェー風オムレツ(右)(c)2023 CURIOSA FILMS- GAUMONT – FRANCE 2 CINEMA


 こんなにチャームポイントが沢山の作品ですが、一番の見どころは、まるで一年中秋の様な大人の深い愛、生き方、考え方がしっとりと語りかけてくれる空気感にあふれている点です。音楽はラストのみで、調理の幸せなサウンドと鳥のさえずりが映画音楽の代わりとは、何て素敵なのでしょう。

「デザートから始める結婚もある」との会話もあったような……。
『ポトフ 美食家と料理人』はこの様な喜びのコンソメに溢れる、すてきな作品です。
(映画ライター・西野悦子)

(c)Stéphanie Branchu(c)2023 CURIOSA FILMS- GAUMONT – FRANCE 2 CINEMA

『ポトフ 美食家と料理人』
2023年12月25日(金) Bunkamuraル・シネマ 渋谷宮下、シネスイッチ銀座、新宿武蔵野館ほか全国順次公開
第76回カンヌ国際映画国際映画祭 最優秀監督賞受賞、第96回アカデミー賞 国際長編映画賞フランス代表
配給:ギャガ GAGA
公式HP:https://gaga.ne.jp/pot-au-feu/

映画は死なず

新着記事

  • 2024.02.21
    鍛え抜かれた世界のトップ・パフォーマーたちが繰り広...

    応募〆切:4月15日(月)

  • 2024.02.21
    そして僕はガリバーになる

    ミニチュアフィギュアが飾られている家

  • 2024.02.21
    予測不能のストーリー展開、韓国映画『ビニールハウス...

    応募〆切:3月10日(日)

  • 2024.02.20
    SOMPO美術館「北欧の神秘─ノルウェー・スウェー...

    応募〆切:3月17日(日)

  • 2024.02.20
    「半地下」はまだマシ、韓国の格差社会の象徴、ビニー...

    3月15日(金)より全国順次公開

  • 2024.02.19
    カンヌ国際映画祭最高賞パルムドール受賞、ゴールデン...

    2月23日(金・祝)全国順次公開

  • 2024.02.18
    宇都宮美術館「イヴ・ネッツハマー ささめく葉は空気...

    応募〆切:3月5日(火)

  • 2024.02.15
    伝説の音楽プロデューサー、酒井政利に見込まれた岸田...

    ドラマ「愛と喝采と」の挿入歌

  • 2024.02.14
    東京藝術大学大学美術館「大吉原展 江戸アメイヂング...

    応募〆切:3月20日(火)

  • 2024.02.14
    舞台は19世紀後半のアイスランド。壮大なスケールの...

    応募〆切:3月25日(月)

特集 special feature 

わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の  「芸業」

特集 わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の 「芸業...

棟方志功の誤解 文=榎本了壱

VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いなる遺産

特集 VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いな...

「逝ける映画人を偲んで2021-2022」文=米谷紳之介

放浪の画家「山下 清の世界」を今。

特集 放浪の画家「山下 清の世界」を今。

「放浪の虫」の因って来たるところ 文=大竹昭子

「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

特集 「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

「いい顔」と「いい顔」が醸す小津映画の後味 文=米谷紳之介

人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

特集 人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

わが母とともに、祐三のパリへ  文=太田治子

ユーミン、半世紀の音楽旅

特集 ユーミン、半世紀の音楽旅

いつもユーミンが流れていた 文=有吉玉青

没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、展覧会「萩原朔太郎大全」の旅 

特集 没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、...

言葉の素顔とは?「萩原朔太郎大全」の試み。文=萩原朔美

「芸術座」という血統

特集 「芸術座」という血統

シアタークリエへ

喜劇の人 森繁久彌

特集 喜劇の人 森繁久彌

戦後昭和を元気にした<社長シリーズ>と<駅前シリーズ>

映画俳優 三船敏郎

特集 映画俳優 三船敏郎

戦後映画最大のスター〝世界のミフネ〟

「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の流行歌 

昭和歌謡 「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の...

第一弾 天地真理、安達明、久保浩、美樹克彦、あべ静江

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

特集 故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

特集 仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」等全22作の根幹とは

挑戦し続ける劇団四季

特集 挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

特集 御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

特集 寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

特集 アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

特集 東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

特集 「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

特集 俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン 文=山川静夫

秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

特集 秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

役柄と素顔のはざまで

秋山庄太郎ポートレートの美学

特集 秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

特集 久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

特集 加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

特集 昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

特集 西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

特集 「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

特集 川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

特集 ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

特集 中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

向田邦子の散歩道

特集 向田邦子の散歩道

「昭和の姉」とすごした風景

information »

芦ノ湖の花火の打ち上げを、箱根海賊船で楽しもう!

箱根 芦ノ湖の花火の打ち上げを、箱根海賊船で楽...

2月2日(金)「冬景色花火クルーズ」運航

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

Present

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.2

PEOPLE frontline Vol.2
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!