24.06.21 update

『ぐるりのこと。』『恋人たち』の橋口亮輔監督の9年ぶり最新作、『お母さんが一緒』は笑って泣ける傑作ホームドラマ

「女三人寄れば…」どうなるか。女、女、女…と書けば、「姦(かしま)しい」のである。まして三姉妹ともなれば、姦しいどころではない。長女の弥生(江口のりこ)は美人姉妹といわれる妹たちにコンプレックスをもっている。次女の愛美(内田慈)は優等生の長女に比べられてばかりで心の底に妬みと恨みが溜まっている。その二人を冷めた目で観察しているのが三女の清美(古川琴音)。三姉妹に共通している思いはただ一つ、「母親みたいな人生を送りたくない」なのだった。

 それでも、温泉旅行に母を連れて行こう、と親孝行のつもりで出掛けてきたのはいいけれど、道中、言い合いの応酬は互いに譲らず、諍いが絶えないのである。宿に着いた途端、長女の弥生が怒っている。部屋がカビ臭い、女湯が狭いとのべつ幕なしに文句を言うのは、次女・愛美が選んだ旅館だからだ。「あの子に任せるとほんとロクなことないわ」と聞こえよがしに愚痴る。愛美も黙っちゃいられない。「なんだろね、常に文句を言ってるよね」と三女の清美に向かって逆なでするように言い返す。ついでに母と同居している清美に、「よくずっと同じ家で暮らせるよね」と二人の姉の矛先が変わる。巻き添えになりたくない清美は、無視を決め込む。

 さて、こんな調子の三人姉妹、夕飯の席でそれぞれが母へのプレゼントを贈ろうとサプライズの計画を立てていた。「ケーキは?」「お花は?」と矢継ぎ早に段取りを確認する弥生のせっかちなテンポに付いていけない妹二人。「お母さんそっくりやね。人の話まったく聞かんし」。母親への愚痴は徐々にエスカレートしてお互いを罵倒する修羅場にもなるが、この日の清美、結婚を決めた彼氏タカヒロ(青山フォール勝ち)を皆に紹介するサプライズこそ、母親へのプレゼントのつもりだったのだが――。

 本作は「一番近い他人」の家族ゆえの苛立ち、不満をブラックユーモアたっぷりに炙り出す。姉妹の間で交わされる何気ない会話は、積年の恨みや妬みをあらわにして、旅館の一室はまるで憎しみ渦巻く修羅場と化す。しかし、その取っ組み合いこそ、親密な家族(三姉妹)の時間の痕跡でもある。鬱陶しいとか面倒くさいとか思いながらも、やはり家族はかけがえのないものなのである。

『お母さんが一緒』
7月12日(金) 新宿ピカデリーほか全国公開
原作・脚本:ペヤンヌマキ 
監督・脚色:橋口亮輔(『ぐるりのこと。』『恋人たち』) 
出演:江口のりこ 内田慈 古川琴音 青山フォール勝ち(ネルソンズ)
配給:クロックワークス  
(C) 2024松竹ブロードキャスティング
公式HP:www.okaasan-movie.com   映画公式X: @okaasan_movie   

映画は死なず

新着記事

  • 2024.07.11
    約2000株のアジサイが見ごろを迎える箱根・強羅の...

    箱根・強羅の散策に

  • 2024.07.11
    世界的ヒット曲「アイ ライク ショパン」をユーミン...

    ユーミンの「麻美ちゃんに歌わせたい」という天才的な閃き

  • 2024.07.10
    東京で唯一の大名家の美術館「永青文庫」で家紋をテー...

    7月27日(土)~9月23日(月・振)

  • 2024.07.05
    命がけのレースに挑んだマラソン選手たちの真実に基づ...

    応募〆切:7月23日(火)

  • 2024.07.05
    松尾スズキ伝説の作品がリニューアル! 12年ぶり4...

    東京、京都、福岡

  • 2024.07.05
    市政施行70周年に初回顧展「自然、生命、平和 私た...

    7月20日(土)~9月6日(金)

  • 2024.07.05
    映画を愛するすべての仲間たちへ、今こそエキプ・ド・...

    7月13日[土)~9月29日[(日))

  • 2024.07.04
    芦川いづみが新境地を開いた同名映画もある、哀愁の和...

    日本人歌手として初めてカーネギーホールで公演!

  • 2024.07.03
    気がつけばオバサン気分─萩原 朔美の日々   

    第18回 キジュからの現場報告

  • 2024.07.03
    生田斗真が美しさを武器に天下取りを目論む悪役を演じ...

    福岡、東京、大阪

特集 special feature 

わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の  「芸業」

特集 わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の 「芸業...

棟方志功の誤解 文=榎本了壱

VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いなる遺産

特集 VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いな...

「逝ける映画人を偲んで2021-2022」文=米谷紳之介

放浪の画家「山下 清の世界」を今。

特集 放浪の画家「山下 清の世界」を今。

「放浪の虫」の因って来たるところ 文=大竹昭子

「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

特集 「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

「いい顔」と「いい顔」が醸す小津映画の後味 文=米谷紳之介

人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

特集 人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

わが母とともに、祐三のパリへ  文=太田治子

ユーミン、半世紀の音楽旅

特集 ユーミン、半世紀の音楽旅

いつもユーミンが流れていた 文=有吉玉青

没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、展覧会「萩原朔太郎大全」の旅 

特集 没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、...

言葉の素顔とは?「萩原朔太郎大全」の試み。文=萩原朔美

「芸術座」という血統

特集 「芸術座」という血統

シアタークリエへ

喜劇の人 森繁久彌

特集 喜劇の人 森繁久彌

戦後昭和を元気にした<社長シリーズ>と<駅前シリーズ>

映画俳優 三船敏郎

特集 映画俳優 三船敏郎

戦後映画最大のスター〝世界のミフネ〟

「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の流行歌 

昭和歌謡 「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の...

第一弾 天地真理、安達明、久保浩、美樹克彦、あべ静江

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

特集 故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

特集 仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」等全22作の根幹とは

挑戦し続ける劇団四季

特集 挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

特集 御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

特集 寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

特集 アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

特集 東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

特集 「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

特集 俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン 文=山川静夫

秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

特集 秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

役柄と素顔のはざまで

秋山庄太郎ポートレートの美学

特集 秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

特集 久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

特集 加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

特集 昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

特集 西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

特集 「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

特集 川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

特集 ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

特集 中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

向田邦子の散歩道

特集 向田邦子の散歩道

「昭和の姉」とすごした風景

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!