22.08.05 update

映画『破戒』の主人公・丑松を演じた間宮祥太朗の苦悩のカミングアウトは小説を超えた!

 7月8日(金)から公開されているというのに、遅ればせながら観てきました『破戒』。上映館は銀座の丸の内東映①ですぞ。だいたいミニシアター系か単館系か誰がレッテルを貼るのか知らないが、いつも出掛ける埼玉のわが街近隣のシネコンには合計50スクリーン以上あるというのに上映していないのだから、観そこなっていて当然なのです。よくぞ!この名画を東映さんは東京のど真ん中のメーンスクリーンで上映なさってくれたものである。こういう人間性の根幹に触れる映画こそ、夏休みに入った子供たちに観てもらいたいと団塊爺さんは思う次第である。

 さて、島崎藤村の原作を読んだのは55年ほど前だったか。うっすら記憶をたどりながらスクリーンに向かった。厳然としてあった士農工商の階級制度は否定されたとはいえ明治に入っても、さらに穢多(えた)非人と言われ忌み嫌われた身分低き人々が寒村の外れの集落(部落)で息をひそめて生きていて、後世まで被差別部落といわれてきた。部落出身者は、世に出ようとするとその出自が大きく立ちはだかって人生の行く手を阻む。父から出自を生涯隠し通し、人を信ずるなと厳しく言い渡された主人公、小学校教員の瀬川丑松(間宮祥太朗)もまた、自らの出自をヒタ隠して生きていた。しかし日に日に身に迫ってくる差別の風潮に抗しがたく、悶々としながら人生の方途をさまよっていた時、被差別部落出身の思想家・猪子蓮太郎(眞島秀和)の影響を受ける。選挙の応援で信州小諸まで政見演説会でやってきた、猪子は「我は穢多なり、されど人なり!」と叫ぶのである。そして遂に父の戒めを破り、カミングアウトを決断するストーリーは藤村の小説よりはるかに分かりやすく、間宮の演技、表情が冴えわたっていた。

 今日、子供たちにイジメの話は後を絶たない。ついこの間まで新型コロナに罹患した子供と家族は世間に目を向けられないと、丑松のようにひっそりと身を隠した。我が子にイジメと蔑みの視線が注がれるからである。途中、野村芳太郎監督の『砂の器』が浮かんできた。ハンセン氏病患者を父親に持つ主人公である。差別の根っこはいつの世もなくならないが、せめて差別する側に回らない、回りたくないなぁ、と改めて知らされる。

 それにしても、本作の冒頭からどこか懐かしい日本のふるさとを感じさせてくれるのは、なぜなのか。年寄りだからか、エンドロールも終わり館内の照明が付くまで答えがでなかった。明治の時代を描いているが、昭和の名作のような映画である。
文:石川 タロー

配給:東映ビデオ

映画は死なず

新着記事

  • 2024.04.11
    相模原出身のロックバンド (Alexandros ...

    相模大野駅の列車接近メロディ

  • 2024.04.11
    下町の太陽、庶民派女優といわれながら都会の大人の女...

    150万枚のミリオンセラーを記録

  • 2024.04.09
    一日限りの『男はつらいよ』シネマ・コンサート開催!...

    6月29日(土)開催

  • 2024.04.08
    六本木ヒルズ・東京シティビュー 「創刊50周年記念...

    応募〆切:5月17日(金)

  • 2024.04.05
    俳優座の仲間たちから〝モヤ〟と呼ばれ、映画舞台の両...

    4期生とし養成所に入所

  • 2024.04.05
    本年度読売演劇大賞の大賞受賞後、初となる藤田俊太郎...

    東京公演:4月7日(日)開幕

  • 2024.04.04
    最高に幸せな7日間のラブストーリー『ハピネス』舞台...

    応募〆切:4月22日(月)

  • 2024.04.04
    平塚市美術館「平野杏子展─生きるために描きつづけて...

    応募〆切:4月21日(日)

  • 2024.04.04
    「顔が小さくて、背が高くて、脚が長い。まったく勝ち...

    御三家のハンサム・ガイ

  • 2024.04.03
    【インタビュー】若村麻由美 世界的に注目されるゼレ...

    奇跡のような2作品同時上演

特集 special feature 

わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の  「芸業」

特集 わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の 「芸業...

棟方志功の誤解 文=榎本了壱

VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いなる遺産

特集 VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いな...

「逝ける映画人を偲んで2021-2022」文=米谷紳之介

放浪の画家「山下 清の世界」を今。

特集 放浪の画家「山下 清の世界」を今。

「放浪の虫」の因って来たるところ 文=大竹昭子

「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

特集 「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

「いい顔」と「いい顔」が醸す小津映画の後味 文=米谷紳之介

人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

特集 人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

わが母とともに、祐三のパリへ  文=太田治子

ユーミン、半世紀の音楽旅

特集 ユーミン、半世紀の音楽旅

いつもユーミンが流れていた 文=有吉玉青

没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、展覧会「萩原朔太郎大全」の旅 

特集 没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、...

言葉の素顔とは?「萩原朔太郎大全」の試み。文=萩原朔美

「芸術座」という血統

特集 「芸術座」という血統

シアタークリエへ

喜劇の人 森繁久彌

特集 喜劇の人 森繁久彌

戦後昭和を元気にした<社長シリーズ>と<駅前シリーズ>

映画俳優 三船敏郎

特集 映画俳優 三船敏郎

戦後映画最大のスター〝世界のミフネ〟

「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の流行歌 

昭和歌謡 「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の...

第一弾 天地真理、安達明、久保浩、美樹克彦、あべ静江

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

特集 故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

特集 仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」等全22作の根幹とは

挑戦し続ける劇団四季

特集 挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

特集 御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

特集 寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

特集 アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

特集 東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

特集 「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

特集 俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン 文=山川静夫

秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

特集 秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

役柄と素顔のはざまで

秋山庄太郎ポートレートの美学

特集 秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

特集 久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

特集 加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

特集 昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

特集 西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

特集 「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

特集 川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

特集 ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

特集 中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

向田邦子の散歩道

特集 向田邦子の散歩道

「昭和の姉」とすごした風景

information »

new ロマンスカーミュージアムが3周年記念イベントを開催!

イベント ロマンスカーミュージアムが3周年記念イベ...

4月10日(水)~5月27日(日)

「箱根スイーツコレクション 2024」開催中 4月22日(月)まで キャンペーンも実施中

箱根 「箱根スイーツコレクション 2024」開...

Instagramをフォローして、素敵な賞品をゲットしよう

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!