23.07.26 update

第29回 原節子、岡田茉莉子、有馬稲子ら東宝映画の女優たちも歩いた成城の桜並木 Vol.1

 東宝時代の有馬稲子が、成城の桜並木を歩くのが『泉へのみち』(55年)という映画。私生児として育ったものの、明るい性格を認められ雑誌社に入社することとなった女性(有馬稲子)が、悩みながらも雑誌編集者として立派に成長。別れた父とも再会を果たし、最後は人生の伴侶も見つける、といったいささか欲張りな内容をもつ作品である。
 本作は旧制成城高等学校出身の筧正典が初監督した映画であるためか、有馬は高峰三枝子扮する母親と成城に居住する設定となっている。成城学園前駅北口から二人が自宅に戻る際には、「ライオン長屋」(註7)と呼ばれていた商店街を抜け、現在の世田谷区役所砧総合支所の交差点を左折して、桜並木へと歩を進める。交差点の角に『憲兵と幽霊』(58年/新東宝)にも写る久保田洋服店(成城学園の男子制服請負店)の看板が見えることから、この事実が判る。この商店街が見られる映画には、他に京マチ子出演の文芸作『沈丁花』(66年/千葉泰樹監督)と三浦友和主演の山岳映画『星と嵐』(76年/出目昌伸監督)がある。

 有馬は、市川崑が監督したライト・コメディ『愛人』(53年)でも岡田茉莉子と並んで、ほぼ同じ場所を歩く。成城学園の卒業生から、この作品で有馬が映画監督の父親(菅井一郎)と住む洋館は、成城学園の講堂「母の館」のすぐ横だったとの目撃証言を得ているが、建物はとうに姿を消している。目撃した方は、岡田がスタッフに「私は今日、ゴキゲンが良くない」などと愚痴っていたことまで記憶しているというから、岡田はすでに会社=東宝への不満が溜まっていたのかもしれない(註8)。
 スピーディーでテンポの良い演出は、市川崑独特のもの。パーティーで交わされる会話や、続く家庭内でのやり取りも、そんじょそこらの映画で見られるありきたりな演出とは一味もふた味も違っている(次回に続く)。

有馬稲子、岡田茉莉子らが歩いた桜並木(筆者撮影)

(註1)他にも小田急線の南側、東宝撮影所の北に「美乗屋(新津酒店)」という店があり、こちらは『続サザエさん』(57年)や『ひばり・チエミ・いづみ 三人よれば』(64年/杉江敏男監督)に登場する。
(註2)「成城南 富士見通り」は、実際に富士山が見えたことから命名された商店街名。成城自治会が発行した昭和10年代の地図では、富士見通りに「成城堂紙店」の店舗名が確認できる。
(註3)狛江の所有地は1994年に電力中央研究所に売却され、今ではその社宅となっている。
(註4)監督のご子息に、こうした話を父親から聞いたことがあるか問い合わせてみたが、答えは「否」であった。
(註5)司葉子さんに「松林監督は僧侶なのだから、真面目な方だったのでは」と伺ったら、大笑いされたのにはビックリ。女優だけの集まりに、男性で唯一参加していたのが松林監督だったそうだ。
(註6)もっとも古澤は、同じく原に殉愛を捧げた藤本眞澄プロデューサーから、原への思いを諦めるよう説得されたという。事実だとしたら悲しい話である。
(註7)長屋状に並ぶ店舗の壁面にライオンのレリーフが備えられていたことから、この名称が付けられた。ここにあった理髪店「パリジャン」は大岡昇平が上顧客で、よく市川崑監督もお見かけしたものだ。
(註8)目撃した方によれば、岡田茉莉子はその頃成城二丁目に住んでいたそうだから、恐らくは旧P.C.L.アパート(現成城二丁目8-20/最初につくられたP.C.L.施設や設立者の植村泰二と増谷麟邸西側に位置)にでも住んでいたのだろう。岡田は57年にフリーとなり、すでに有馬稲子が移籍していた松竹へ。


高田 雅彦(たかだ まさひこ)
東宝映画・日本映画研究家。1955年1月、山形市生まれ。生家が東宝映画封切館の株主だったことから、幼少時より東宝作品に親しむ。黒澤映画、クレージー映画、特撮作品には特に熱中。三船敏郎と植木等、ゴジラが三大アイドルとなる。著書に『成城映画散歩』(白桃書房)、『三船敏郎、この10本』(同)、『七人の侍 ロケ地の謎を探る』(アルファベータブックス)、近著として『今だから! 植木等』(同2022年1月刊)がある。9月には成城「一宮庵」で、東宝俳優・西條康彦さん(「ウルトラQ」にも出演)とのトークイベントを開催予定。

1 2 3 4

映画は死なず

新着記事

  • 2024.04.19
    ゴールデンウイークのお出かけに!麻布台ヒルズギャラ...

    4月27日(土)~5月23日(木)

  • 2024.04.19
    箱根の宿には「おかみ」の行き届いたホスピタリティが...

    杉山留里(箱根おかみの会 会長、「和心亭豊月」女将)

  • 2024.04.19
    国の「重要文化的景観」に選定された<葛飾柴又>の知...

    京成電車下町さんぽ<1>

  • 2024.04.18
    トヨタのマークⅡでドライブしながら何度も聴いた、稲...

    「ハコバン」から28歳でデビュー

  • 2024.04.18
    韓国アイドルグループ「2AM」のジヌンもバスケット...

    4月26日(金)全国公開

  • 2024.04.17
    渡り鳥のように、4箇所をぐるぐる ─萩原 朔美 ...

    第12回 キジュからの現場報告

  • 2024.04.17
    利発で、正義感が強く、潔癖で、ちょっぴり生意気で、...

    昭和30年後半の大映映画の青春スター

  • 2024.04.11
    相模原出身のロックバンド (Alexandros ...

    相模大野駅の列車接近メロディ

  • 2024.04.11
    下町の太陽、庶民派女優といわれながら都会の大人の女...

    150万枚のミリオンセラーを記録

  • 2024.04.09
    一日限りの『男はつらいよ』シネマ・コンサート開催!...

    6月29日(土)開催

特集 special feature 

わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の  「芸業」

特集 わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の 「芸業...

棟方志功の誤解 文=榎本了壱

VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いなる遺産

特集 VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いな...

「逝ける映画人を偲んで2021-2022」文=米谷紳之介

放浪の画家「山下 清の世界」を今。

特集 放浪の画家「山下 清の世界」を今。

「放浪の虫」の因って来たるところ 文=大竹昭子

「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

特集 「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

「いい顔」と「いい顔」が醸す小津映画の後味 文=米谷紳之介

人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

特集 人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

わが母とともに、祐三のパリへ  文=太田治子

ユーミン、半世紀の音楽旅

特集 ユーミン、半世紀の音楽旅

いつもユーミンが流れていた 文=有吉玉青

没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、展覧会「萩原朔太郎大全」の旅 

特集 没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、...

言葉の素顔とは?「萩原朔太郎大全」の試み。文=萩原朔美

「芸術座」という血統

特集 「芸術座」という血統

シアタークリエへ

喜劇の人 森繁久彌

特集 喜劇の人 森繁久彌

戦後昭和を元気にした<社長シリーズ>と<駅前シリーズ>

映画俳優 三船敏郎

特集 映画俳優 三船敏郎

戦後映画最大のスター〝世界のミフネ〟

「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の流行歌 

昭和歌謡 「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の...

第一弾 天地真理、安達明、久保浩、美樹克彦、あべ静江

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

特集 故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

特集 仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」等全22作の根幹とは

挑戦し続ける劇団四季

特集 挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

特集 御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

特集 寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

特集 アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

特集 東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

特集 「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

特集 俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン 文=山川静夫

秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

特集 秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

役柄と素顔のはざまで

秋山庄太郎ポートレートの美学

特集 秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

特集 久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

特集 加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

特集 昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

特集 西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

特集 「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

特集 川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

特集 ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

特集 中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

向田邦子の散歩道

特集 向田邦子の散歩道

「昭和の姉」とすごした風景

information »

new ロマンスカーミュージアムが3周年記念イベントを開催!

イベント ロマンスカーミュージアムが3周年記念イベ...

4月10日(水)~5月27日(日)

「箱根スイーツコレクション 2024」開催中 4月22日(月)まで キャンペーンも実施中

箱根 「箱根スイーツコレクション 2024」開...

Instagramをフォローして、素敵な賞品をゲットしよう

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!