23.02.02 update

沖縄の悲しい伝説を歌った小柳ルミ子の「星の砂」は、作詞・関口宏、作曲・出門英の異色コンビが生んだヒット曲

 1972年の「日本歌謡大賞」の大賞は、「瀬戸の花嫁」を歌った小柳ルミ子だった。司会者の前田武彦、吉永小百合から大賞が発表されると、会場の新宿コマ劇場に来ていた母親が舞台に上がり二人は抱き合い、受賞曲を歌う娘の傍らで、白いハンカチで涙をぬぐう姿が映し出された。作詞の山上路夫、作曲の平尾昌晃、編曲の森岡賢一郎が駆けつけると感極まり、必死でこらえていたが涙が止まらず、平尾昌晃が替わって歌った。一緒にテレビを観ていた父と母も、その姿にもらい泣きしていたことを思い出す。

 前年には、「私の城下町」で日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞していた。司会の高橋圭三が「足の悪いお母さんと一緒に住むことだけがルミ子さんの願いです」という紹介に、小柳ルミ子の目はうるんでいた。その年の新人賞のノミネートは、「17歳」を歌った南沙織、「燃える恋人」の本郷直樹、「雨の御堂筋」の欧陽菲菲、「恋人もいないのに」のシモンズだった。高橋圭三の紹介に、小柳ルミ子が受賞することを願いながら観ていた覚えがある。

「私の城下町」も「瀬戸の花嫁」も日本の良き時代の風情を感じせ、風景の描写で気持ちが伝わってくる名曲だ。歌謡大賞という頂点を極めた後も「漁火恋歌」「冬の駅」などヒット曲を連発した。同じ71年デビューの南沙織、天地真理と「新三人娘」と言われ、愛称はルミちゃん。キャッチフレーズは〝みんなの恋人〟だったが、私にとっては「八重歯がかわいい泣き虫のお姉さん」というイメージがずっとあった。

 デビューから6年目、22枚目のシングルが「星の砂」だった。インパクトの強い歌い出し、一転して穏やかな曲調に変わり、壮大な風景と、悲しい恋物語が伸びのある美しい高音で歌い上げられていた。沖縄の海、石垣島、ブーゲンビリアに思いを馳せ、繰り返し繰り返し聴いているうちに小柳ルミ子のイメージが「運命に挑む女性」に変わった。

「星の砂」の歌さえもすっかり忘れていた頃、節分が明けた寒い時期に、初めて仕事で沖縄を訪れた。偶然、土産物屋さんで瓶詰めにされた「星の砂」を見つけたのだった。そこには〝願いがかなう星の砂〟と書かれてあり、年配の話し上手な店員さんが「星の砂」の伝説も教えてくれた。

 沖縄の白い砂浜は、死んだサンゴや貝殻でできているが、細かい肌色の砂が混じっている。これが、「星の砂」と呼ばれるもので、もともとはアメーバのような単細胞生物(有孔虫)の死んだ殻だというのだ。その「星の砂」を多く採ることができる沖縄県八重山列島には、悲しい伝説がある。黒島から石垣島への強制移住により、恋人と引き裂かれた女性が恋人の住む故郷の島を見ようと、小高い丘に上ったが、さえぎられて叶わず、絶望して山頂の岩と化したというものだ。

「星の砂」は1977年4月25日にリリースされたが、元々は、タレントがオリジナルの曲を作り、歌手が歌って競い合う番組から生まれた。〝星の砂の伝説〟をモチーフにして、関口宏が作詞、作曲は夫婦デュオで知られる「ヒデとロザンナ」の出門英で、由紀さおりが「八重山哀歌」という曲名で歌い、優勝した。同じ番組に出演していた小柳ルミ子がこの曲を大変気に入り、タイトルを「星の砂」にして、歌詞を一部替えてリリースしたものだ。今では冷静沈着な司会者としてのイメージが強い関口宏が、伝説をもとにドラマチックな世界を作り上げたことに、驚かされた。

 小柳ルミ子が歌手を目指したきっかけは、母親の存在だった。音楽学校に行かなければ歌手になれない時代のことで、歌手になりたいという夢を持っていた母親は、泣く泣く断念。結婚して生まれた娘に夢を託した。3歳からクラシックバレエ、ピアノと、歌手になるべく習い事を続けさせ、母と娘は同じ夢に向かって突き進んだのだ。宝塚音楽学校を首席で卒業し、70年NHK連続テレビ小説「虹」でデビュー。翌年念願の歌手としてデビューし、瞬く間に世間が認める受賞を果たした。あの時の母親の涙には積年の思いが詰まっていたのだろう。80年代は、「お久しぶりね」、「今さらジロー」など、杉本真人作詞・作曲のノリの良いロック調の曲でも新たな境地を見せてくれた。

 2月になると小瓶に入った「星の砂」を玄関に飾る習慣になった。日本一早く桜が咲く沖縄の本部町八重丘には寒緋桜が咲いたというニュースを目にした。白い砂浜の「星の砂」もキラキラ輝いているに違いない。

文=黒澤百々子 イラスト:山﨑杉夫

アナログレコードの1分間45回転で、中央の円孔が大きいシングルレコード盤をドーナツ盤と呼んでいた。
昭和の歌謡界では、およそ3か月に1枚の頻度で、人気歌手たちは新曲をリリースしていて、新譜の発売日には、学校帰りなどに必ず近所のレコード店に立ち寄っていた。
お目当ての歌手の名前が記されたインデックスから、一枚ずつレコードをめくっていくのが好きだった。ジャケットを見るのも楽しかった。
1980年代に入り、コンパクトディスク(CD)の開発・普及により、アナログレコードは衰退するが、それでもオリジナル曲への愛着もあり、アナログレコードの愛好者は存在し続けた。
近年、レコード復活の兆しがあり、2021年にはアナログレコード専門店が新規に出店されるなど、レコード人気が再燃している気配がある。
ふと口ずさむ歌は、レコードで聴いていた昔のメロディだ。
ジャケット写真を思い出しながら、「コモレバ・コンピレーション・アルバム」の趣で、懐かしい曲の数々を毎週木曜に1曲ずつご紹介する。

映画は死なず

新着記事

  • 2024.05.17
    町田市立国際版画美術館「幻想のフラヌール―版画家た...

    応募〆切:6月10日(月)

  • 2024.05.14
    阿木燿子作詞、宇崎竜童作曲の名曲を得て、自身初とな...

    ミュージシャンという肩書が似合うようになった

  • 2024.05.14
    全米の映画賞を席巻した話題作『ホールドオーバーズ ...

    応募〆切:6月5日(水)

  • 2024.05.14
    『あぶない刑事』の舘ひろし&柴田恭兵、70歳超コン...

    5月24日(金)公開

  • 2024.05.10
    背中トントン懐かしい ─萩原 朔美   

    第14回 キジュからの現場報告

  • 2024.05.10
    練馬区立美術館「三島喜美代─未来への記憶」展 観賞...

    応募〆切:5月31日(金)

  • 2024.05.10
    <特集>帰ってきた日本文化の粋 ─ 今、時代劇が熱...

    文=米谷紳之介

  • 2024.05.09
    吉田修一原作×大森立嗣監督が『湖の女たち』で再びタ...

    5月17日(金)全国公開

  • 2024.05.09
    東宝映画『ゴジラ』のヒロインに抜擢され、その後俳優...

    東宝から俳優座へ。

  • 2024.05.09
    松田聖子、田原俊彦らアイドル全盛期の昭和56年、西...

    アイドル全盛期のスター

特集 special feature 

わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の  「芸業」

特集 わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の 「芸業...

棟方志功の誤解 文=榎本了壱

VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いなる遺産

特集 VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いな...

「逝ける映画人を偲んで2021-2022」文=米谷紳之介

放浪の画家「山下 清の世界」を今。

特集 放浪の画家「山下 清の世界」を今。

「放浪の虫」の因って来たるところ 文=大竹昭子

「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

特集 「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

「いい顔」と「いい顔」が醸す小津映画の後味 文=米谷紳之介

人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

特集 人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

わが母とともに、祐三のパリへ  文=太田治子

ユーミン、半世紀の音楽旅

特集 ユーミン、半世紀の音楽旅

いつもユーミンが流れていた 文=有吉玉青

没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、展覧会「萩原朔太郎大全」の旅 

特集 没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、...

言葉の素顔とは?「萩原朔太郎大全」の試み。文=萩原朔美

「芸術座」という血統

特集 「芸術座」という血統

シアタークリエへ

喜劇の人 森繁久彌

特集 喜劇の人 森繁久彌

戦後昭和を元気にした<社長シリーズ>と<駅前シリーズ>

映画俳優 三船敏郎

特集 映画俳優 三船敏郎

戦後映画最大のスター〝世界のミフネ〟

「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の流行歌 

昭和歌謡 「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の...

第一弾 天地真理、安達明、久保浩、美樹克彦、あべ静江

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

特集 故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

特集 仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」等全22作の根幹とは

挑戦し続ける劇団四季

特集 挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

特集 御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

特集 寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

特集 アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

特集 東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

特集 「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

特集 俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン 文=山川静夫

秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

特集 秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

役柄と素顔のはざまで

秋山庄太郎ポートレートの美学

特集 秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

特集 久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

特集 加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

特集 昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

特集 西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

特集 「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

特集 川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

特集 ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

特集 中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

向田邦子の散歩道

特集 向田邦子の散歩道

「昭和の姉」とすごした風景

information »

ロマンスカーミュージアムが3周年記念イベントを開催!

イベント ロマンスカーミュージアムが3周年記念イベ...

4月10日(水)~5月27日(日)

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!