23.06.16 update

「テーラー」で、服を仕立てるのが普通だった時代

オーダーメイドの紳士服テーラーといえば、銀座のような大都会にある店をイメージするが、実は、地方の町にも、ごく普通にテーラーはあった。
夫婦2人で営んでいるような小さなテーラーだ。
背広をあつらえるのは、オーダーメイドが田舎町でも、ごく当たり前だったのだろう。
男にとって背広を作るのは、おそらく一生に一度の大イベント。
ボーナスが出たら背広を作ろう、と意気込む若いサラリーマンも多かった。
身体の寸法を測られ、生地を選び、自分だけの一着が仕立てられる。
背広を着るのは大人の証、社会に出る儀式だった。
背広という言葉も死語になりつつあり、就職活動のための〝リクルートスーツ〟を吊るしで買う今、紳士の装いという価値観も〝今は昔〟なのだろうか。


紳士服はオーダーメイドが普通だった

~社会に出る男の大切な儀式~


文=川本三郎

「昭和の風景 昭和の町」 2019年4月1日号


社会人になる最初の支度はテーラーで背広を仕立てること

 既製服全盛の時代になってしまったが、昭和三十年代くらいまでは、たいていの町には男性用の「テーラー」「洋服店」があり、そこで服を仕立ててもらうのが普通だった。紳士服はオーダーメイドの時代だった。
 値段が張るからそういつも作れるわけではない。学校を卒業して社会人になった時のような特別な時にあつらえる。それを大事に着る。いわば一生ものだった。
 小津安二郎監督の昭和三十一年の作品『早春』では池部良演じる主人公は丸ビルのなかにある耐火煉瓦会社に勤めるサラリーマン。ある時、同僚(増田順二)が病気になり、家に見舞いに行く。
 同僚は寝ながら、元気だった日々を思い出し、丸ビルでの会社員生活を懐しむ。
「秋田県の中学生だった時、修学旅行で東京に出て来て、はじめて丸ビルを見た時のことは忘れられない。夕方、灯りがともってまるで外国のようだった。丸ビルは憧れだった。そこの会社に就職が決まった時は本当にうれしかった」。
 そのあと彼は、こう続ける。「うれしくてすぐに神田に洋服を作りにいった」。
 憧れの丸ビルのなかにある会社に就職が決まる。晴れがましい気持で、まずすることは社会人の証しである洋服を作ることだった。「テーラー」が大事にされていた時代だったことが分かる。
 小津安二郎監督の昭和四年の作品(サイレント)『大学は出たけれど』は、昭和の不況時代、大学生の就職難を描き、題名は流行語にもなった。
 この映画、現在、フィルムがわずかしか残されておらず、資料で見るしかないのだが、冒頭、こんな場面で始まっている。
 大学を卒業し、就職活動を始めようとする青年(高田稔)は、いまふうにいえば、会社訪問をすることになる。
 そこでまずすることは──、下宿の部屋に洋服屋に来てもらい、寸法を測ってもらう。就職活動に備え、背広を新調することにしている。昭和のはじめ、大学を卒業し、社会に出ようとする者にとっては、注文服を作ることは大事な儀式だった。

岡山市にある「服匠 深井」は、現在の店主・深井豊久の祖父豊次が、神戸で洋服
仕立ての修業を積んだ後、大正3 年に岡山初のフルオーダーメイド紳士服専門店「深
井洋服店」を創業したことに始まる。フルオーダーメイドの世界では、根底にある思想により仕事の精度に違いが如実に出ることを、祖父、父・南から学んだ三代目。型紙作り、裁断にも精度をあげることに日々努めている。写真提供:服匠 深井


洋服のオーダーメイドは紳士服から始まった


 洋服はいうまでもなく明治の文明開化の時代に始まった。横浜の居留地に住むイギリス人が「テーラー」を始め、そこで修業した職人たちがやがて自分の「洋服店」を持つようになった。
 男性のあいだでまず普及していった。とくに大正十二年の関東大震災のあと、活動的な洋服の需要が増えた。考現学(社会観察学)で知られる今和次郎は、震災後の大正十四年に銀座を歩く人間の服装を調査した。
 男性 和服33% 洋服67%
女性 和服99% 洋服1%
 男性は三分の二が洋服になっている。対して女性は極端に低い。個人的なことになるが、私の小学生時代(昭和二十年代)の小学校の遠足の写真を見ると付添いの母親は大半がまだ和服。明治生まれ、大正生まれの母親が多かったから当然だろう。

 昭和五年神戸生まれの美術家、妹尾河童の自伝的小説『少年H』(講談社、一九九七年)では、少年の父親は、戦前、神戸の鷹取駅の近くで「高級紳士服仕立 妹尾洋服店」を営んでいる。
 父親は十五歳の時に、広島の農村から神戸に出てきて、洋服店で修業した。郷里を出た大正七年当時は、都市部でもほとんどの人がまだ着物に下駄だった。そんな時代に十五歳の少年は「いまに必ず日本中の人が、みんな洋服を着る時代になる」と思い、神戸に出て洋服店で修業した。先見の明がある。
 ちなみに神戸は幕末に西洋への窓口として開かれた港町だったからハイカラで、洋服発祥の地とされている。
 修業の甲斐あって少年Hの父親は独立して自分の店を持つ。神戸は外国人が多いから顧客も増え店は順調に営まれてゆく。
 しかし、軍国主義の時代になると、「洋服店」は苦境に陥る。昭和十三年に「大日本帝国国民服令」という法律が出来、日本人は西洋の真似をした洋服を廃し、「国民服」と呼ばれるカーキ色の軍服のような服を着ることが奨励される。その結果、少年の父親の店は、店を閉じざるを得ない。戦争の時代の悲劇である。
 神戸が空襲に遭った時、少年は父親が大事にしていたミシンをなんとか助け出す。焼けこげてしまったが、父親は戦後、そのミシンを修理し、再び「テーラー」を始める。平和は、洋服の復活と共にある。女性服の世界では、戦後、空前の「洋服ブーム」が来る。自分の服は自分で作る。いまの既製服の時代とは正反対の自前の時代である。

1 2

映画は死なず

新着記事

  • 2024.05.24
    吉永小百合とのコンビによる純愛路線映画『泥だらけの...

    日活青春スターとして忘れられない存在

  • 2024.05.24
    バブル期からの拝金主義で「他人を思いやることの大切...

    6月14日(金)全国公開

  • 2024.05.23
    イギリス新作映画初登場でナンバーワンの大ヒット!ま...

    6月7日(金)全国公開

  • 2024.05.23
    ホキ美術館「作家の視線─ 過去と現在、そして…」観...

    応募〆切:6月30日(日)

  • 2024.05.23
    明治期の数少ない近代洋風建築の「フェリーチェガーデ...

    6月1日(土)リニューアルオープン

  • 2024.05.23
    パッパッパヤッパーのスキャットが忘れられない、大人...

    フィンガーアクションで大ヒット

  • 2024.05.22
    今こそ〈肉体の理性〉よ! ─萩原 朔美   

    第15回 キジュからの現場報告

  • 2024.05.20
    やっぱり懐かしい!映画『男はつらいよ』の世界にひた...

    京成電車下町さんぽ<2>

  • 2024.05.17
    町田市立国際版画美術館「幻想のフラヌール―版画家た...

    応募〆切:6月10日(月)

  • 2024.05.14
    阿木燿子作詞、宇崎竜童作曲の名曲を得て、自身初とな...

    ミュージシャンという肩書が似合うようになった

特集 special feature 

わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の  「芸業」

特集 わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の 「芸業...

棟方志功の誤解 文=榎本了壱

VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いなる遺産

特集 VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いな...

「逝ける映画人を偲んで2021-2022」文=米谷紳之介

放浪の画家「山下 清の世界」を今。

特集 放浪の画家「山下 清の世界」を今。

「放浪の虫」の因って来たるところ 文=大竹昭子

「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

特集 「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

「いい顔」と「いい顔」が醸す小津映画の後味 文=米谷紳之介

人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

特集 人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

わが母とともに、祐三のパリへ  文=太田治子

ユーミン、半世紀の音楽旅

特集 ユーミン、半世紀の音楽旅

いつもユーミンが流れていた 文=有吉玉青

没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、展覧会「萩原朔太郎大全」の旅 

特集 没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、...

言葉の素顔とは?「萩原朔太郎大全」の試み。文=萩原朔美

「芸術座」という血統

特集 「芸術座」という血統

シアタークリエへ

喜劇の人 森繁久彌

特集 喜劇の人 森繁久彌

戦後昭和を元気にした<社長シリーズ>と<駅前シリーズ>

映画俳優 三船敏郎

特集 映画俳優 三船敏郎

戦後映画最大のスター〝世界のミフネ〟

「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の流行歌 

昭和歌謡 「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の...

第一弾 天地真理、安達明、久保浩、美樹克彦、あべ静江

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

特集 故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

特集 仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」等全22作の根幹とは

挑戦し続ける劇団四季

特集 挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

特集 御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

特集 寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

特集 アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

特集 東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

特集 「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

特集 俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン 文=山川静夫

秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

特集 秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

役柄と素顔のはざまで

秋山庄太郎ポートレートの美学

特集 秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

特集 久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

特集 加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

特集 昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

特集 西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

特集 「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

特集 川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

特集 ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

特集 中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

向田邦子の散歩道

特集 向田邦子の散歩道

「昭和の姉」とすごした風景

information »

new 明治期の数少ない近代洋風建築の「フェリーチェガーデン日比谷」が6月1日(土)リニューアルオープン

明治期の数少ない近代洋風建築の「フェリー...

6月1日(土)リニューアルオープン

ロマンスカーミュージアムが3周年記念イベントを開催!

イベント ロマンスカーミュージアムが3周年記念イベ...

4月10日(水)~5月27日(日)

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!