昭和の子供たちにとってデパートは一日楽しめる夢の国だった

昭和の子供にとってデパートへのお出かけは一大イベントであった。銀座四丁目生まれの女優・和泉雅子はデパートは遊び場だったと語っていたが町内にデパートがある町っ子でもないかぎりデパートは子供にとっていつでもいける場所ではなかったのだ。たまの日曜日のお出かけ、あるいはゴールデンウィークや夏休みにしか連れて行ってもらえない特別な場所だった。玩具売場を見て、大食堂でお子様ランチとプリンアラモードかフルーツパフェ。そして、屋上遊園地で遊ぶ。一日楽しめる夢の国だった。だが、昭和は遠くなりにけり。大人になった昭和の子供たちは今、向田邦子さんのように〝デパ地下めぐり〟に心躍らせている。

昭和の風景 昭和の町 2012年10月1日号より

デパートにお出かけ

昭和の家族の楽しみ

文=川本三郎


 

デパートは昭和の子供の格好の遊び場所

 デパート(百貨店)が輝いていた時代があった。

 小市民の家族の楽しみのひとつはデパートにお出かけすることだった。買物をし、食堂で食事をし、屋上の遊園地で遊ぶ。

 デパートが小市民の生活に溶け込んでくるのは、大正時代から。広告史上の名コピーとされる「今日は帝劇、明日は三越」は大正時代の三越が作ったもの。

 関東大震災のあと大正十三年(1924)に発表された谷崎潤一郎の『痴人の愛』では、中流サラリーマンの「私」とカフェー女給だったナオミが一緒に暮すようになるが、二人はよく「デパートメント・ストアー」へ買物に行く。

「殊にその頃は、殆(ほとん)ど日曜日の度毎(たびごと)に三越や白木屋へ行かないことはなかったでしょう」とある。

 日本橋にあった「三越」「白木屋」が日本を代表するデパートだったのはいうまでもない。

 三越は日本で最初のエスカレーター、白木屋は日本で最初のエレベーターを設置した。どちらもハイカラな「百貨店」だった。

関東大震災後の昭和4年4月1日、上野松坂屋はエレベーターガールを誕生させた。その日の新聞には「昇降機ガールが日本にも出来た 上野松坂屋の新館で初試み 婦人職業の新進出」との見出しが出た。(写真提供:大丸松坂屋百貨店)

デパート勤めの女性は美人が多かった

 戦前の日本映画の名作に昭和十二年の作品『限りなき前進』がある。脚本は小津安二郎、監督は内田吐夢。東京郊外に住むサラリーマン(小杉勇)の哀歓を描いている。

 その家の娘(宝塚出身のスター、轟夕起子が演じている)は白木屋に勤めている。当時、女性の仕事としては人気があった。

 小学生の弟(子役時代の片山明彦)は姉の勤め先だから気易いのだろう、日曜日に友達と白木屋に行く。屋上で遊んだり、食堂で食事をしたりする。昭和の子供にとってデパートは格好の遊び場所になっている。

 新宿が新しい盛り場として発展してゆくのは関東大震災後。ここにもデパートが出来る。昭和六年(1931)に開館した伊勢丹(昭和十一年には現在のアールデコ調の建物が建てられる)。

 昭和十四年の映画、菊池寛原作、佐々木康監督の『女性の戦ひ』では、当時のスタア、川崎弘子が伊勢丹のネクタイ売り場で働く女性を演じている。まだ着物姿なのが時代を感じさせる。

 彼女はネクタイを買いに来た、上原謙演じる映画会社の青年重役に女優にならないかと誘われる。

 デパートの女性は美人が多かったからよく映画会社にスカウトされた。戦後のスター、池内淳子と、新東宝のグラマー女優、前田通子(みちこ)は日本橋の三越の店員だった。

 

1 2

サントリー美術館様

特集 special feature 

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ 

読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!