new 21.04.28 update

ステッキは大人の男のたしなみ 

見栄えと貫録を演出する男の小道具

昭和の風景 昭和の町 2014年1月1日号より


ステッキと帽子は、モーニングコートや燕尾服を着用するときには必ずセットとして用いられた男子礼装時の小道具でもある。政財界や文学界なのどの多くの人物たちも写真に納まるときには帽子を被り、ステッキを持ったものだ。ハイカラなモボ(モダンボーイ)たちはステッキを持って街を闊歩し、昭和の父親たちは着物姿でも散歩にはステッキを携帯した。今はめっきり見られなくなった昭和の風景である。現在、おしゃれアイテムとしてソフト帽タイプの帽子を被る若い男性たちが増えているが、ステッキもそのうち男のたしなみの小道具として人気再燃となるだろうか。それにしても昭和の男たちは、なんと「大人」だっただろうか。


文=川本三郎


 

ステッキを愛用した
小津映画の大人たち

 いまはもうほとんどみることがなくなってしまったが、昔の大人の男は、外出する時に好んでステッキを持った。

 小津安二郎の映画によくステッキを持った大人の男が描かれる。

 昭和二十四年(1949)の『晩春』では、父親の笠智衆が娘の原節子と東京の町を歩く時、三つ揃いの背広でソフト帽をかぶり、そしてステッキを持っている。

 昭和二十六年の『麦秋』では、鎌倉に住む老植物学者の菅井一郎が妻の東山千栄子と東京の上野あたりに出かける時にステッキを持っている。

 昭和三十年代に入ってもまだステッキは愛用されている。昭和三十三年の『彼岸花』では、丸の内の会社の要職にある佐分利信が、箱根へ家族旅行に出かけ、妻の田中絹代と芦ノ湖畔を散策する時にステッキを携えている。

 この時代、大人の男、とりわけ年齢がゆき、相当な地位に就き、貫禄が出てくるとステッキを持った。いわば男のたしなみである。

 一介の会社員だとまだステッキは似合わないが、それでも、特別の時にはステッキを取り出す。

 林芙美子の昭和二十五年の長編小説『茶色の眼』では、主人公の会社員、中川十一氏が妻に隠れて、日曜日に、ひそかに想いを寄せる未亡人と上野の美術館に出かける時に、珍しくステッキを持つ。いつもはカバンを持つ手にステッキがある。

 「何も持たないよりいい」ということだが、ひそかな逢いびきに、少しでも見栄(みば)えをよくしたいという思いがあるのだろう。

大正中期から後期のモダンボーイたち。大正デモクラシーの自由運動などの流れのなか、欧米文化を取り入れ流行の服装に身を包むモダンボーイも登場。シャツ&ネクタイ姿にカンカン帽、そしてステッキは必需品。写真提供:ホームページ昭和からの贈りもの

散歩にステッキは
明治に始まった習慣

明治15年(1882)、日本で最初のステッキ専門店として銀座で創業したのが「タカゲン」。創業の地がお洒落でモダンな紳士・淑女が集る銀座というのは頷ける。高品質なオリジナル・ステッキは大隈重信や吉田茂にも愛用された。吉田茂は竹や籐のステッキを好んだらしい。もともとは、刀剣類小物商であったが、廃刀令施行以後、初代店主である高橋源蔵氏がステッキと洋傘の輸入・販売店として創業したという。現在の店主・高橋源一郎氏は4代目になる。〔住〕中央区銀座6-9-7〔問〕03-3571-5053写真提供:銀座タカゲン

 ステッキは明治になって西洋からもたらされた。漢字では「洋杖」と書く。

 夏目漱石は洋杖(すてっき)を愛した。その作品にはしばしば洋杖が登場する。

 『行人』(大正二年)の大学教授、長野一郎、『こころ』(大正三年)の先生、『明暗』(大正五年)の津田由雄、みんな洋杖を愛用している。

 『彼岸過迄』(明治四十五年)の田川敬太郎が持つ、友人から譲り受けた、竹の根で作られ、蛇の頭のついた洋杖は、漱石の読者にはとくによく知られている。

 友人は、自分で竹を切って、蛇の頭を彫ったのだという。

 ステッキが明治になって西洋からもたらされ、日本人にも愛用されるようになった一因は、明治九年の廃刀令によって元の侍たちがそれまでのように刀を持てなくなり、腰が寂しくなったのを補うため、という、うがった見方がある。

 しかし、いちばん大きな要因は、明治になって散歩という習慣がやはり西洋からもたらされ、散歩のお伴として愛用されるようになったことだろう。

2014年1月1日 Vol.18より

1 2

PR

サントリー美術館様

特集 special feature 

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

ウイスキーという郷愁

ウイスキーという郷愁

いつか「ダルマ」が飲める大人になってやる

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

Present

information

new ホテルにいながら世界の街へ! 小田急 ホテルセンチュリーサザンタワーの食で味わう海外旅行

ホテルにいながら世界の街へ! ...

小田急ホテルセンチュリーサザンタワーの提案

new 森美術館 「アナザーエナジー展」 

森美術館 「アナザーエナジー展...

挑戦しつづける力―世界の女性アーティスト16人

箱根海賊船『Sunset  Cruise』運航!

箱根海賊船『Sunset C...

初夏の夜の箱根時間を堪能する

世界初!新型コロナ対策の寝具誕生

世界初!新型コロナ対策の寝具誕...

マニフレックスで安心の熟睡

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

小田急沿線さんぽ archives

読者の声

コモレバクラブ

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial