ステッキは大人の男のたしなみ 

風雅が香る
文士のステッキ

作家・井伏鱒二は明治31年(1898)に広島県の現在の福山市に生まれた。昭和2年に東京杉並の荻窪に移り住み、以降60有余年、平成5年に95歳で亡くなるまで荻窪に暮した。『荻窪風土記』なる著作もある。写真は荻窪の自宅前を節代夫人と散歩する井伏鱒二。
写真提供:ふくやま文学館

 昭和になって、ステッキは文士のあいだに大流行した。

 昭和の作家、永井龍男の随筆集『わが切抜帖より 昔の東京』(講談社文芸文庫、平成三年)に「ステッキと文士」という一篇がある。

 それによると、昭和のはじめ、銀座を散歩する文士はたいていステッキを持ったという。

 「ステッキをたずさえない文士は一流でも一人前でもなかった。当の小説家たちも、そのスタイルに一種超俗の誇りを示したといってよかろう」

 井伏鱒二の随筆『風貌・姿勢』(講談社、昭和四十二年)によると、昭和の文人たちは、ステッキを友人に贈ることをよくしていたという。

 

 堀辰雄は室生犀星から籐のステッキをもらった。小林秀雄は志賀直哉からもらった。井伏鱒二自身は今日出海からもらった籐のステッキを愛用していた。

 井伏鱒二はまた自分でステッキを作った。

 井伏を師と仰ぐ作家、小沼 丹(おぬま たん)『清水町先生 井伏鱒二のこと』(筑摩書房、平成四年)には、ある時、小沼が、師の荻窪の家を訪ねたら、師が縁側に庭から切ってきた竹を何本も並べて、小刀でステッキを作っていた。その一本をもらったという。自分でステッキを作る。文士の風雅だろう。

 東京、調布市に武者小路実篤記念館がある。

 この白樺派の作家は、七十歳になって「水のあるところに住みたい」と、昭和三十年(1955)に野川の近くに家を建て、昭和五十一年に九十歳で亡くなるまで暮した。その住まいが記念館になっている。

 館の展示物のなかにステッキがある。友人の志賀直哉が、自分で作り、贈ったものだという。ここにも文士の風雅がある。

作家・武者小路実篤は明治18年(1885)、現在の東京千代田区麹町に生まれた。明治43年に友人の志賀直哉らと雑誌「白樺」を創刊し、以後60余年にわたり文学活動を続けた。昭和51年、90歳で永眠。写真は昭和40年ころに仙川の自宅の庭で撮影したもので、手にしているステッキは志賀直哉が自宅の庭の木で作って贈ったものだ。写真提供:武者小路実篤記念館

荷風のこうもり傘は
ステッキの代わり

 ステッキを愛用した最後の文士といえば石川淳だろうか。

明治32年(1899)、石川淳は東京浅草に生まれた。太宰治や織田作之助らとともに無頼派と呼ばれた作家で、1970年代には石川淳ブームが起こった。80年に上梓した『狂風記』は当時の若者たちに支持されベストセラーとなった。昭和62年に88歳で死去。写真は愛用のステッキを手に、活夫人と散歩中の石川淳。写真提供:石川眞樹氏

 夫人の(いく)(が書いた『晴のち曇、所により大雨――回想の石川淳』(筑摩書房、平成五年)によれば、石川淳は七十歳のころに、「俺もそろそろステッキを持つかな」といい、その日のうちに丸善で籐のステッキを買い求めてきた。以来、外出の時は、ステッキを持つようになったという。

 なるほど晩年の石川淳の写真を見ると、ソフト帽にステッキで決めている。

 そのうち、奥さんのステッキに目をつけた。胡椒の木で作った珍しいものでイタリア製だった。「これはいい」と気に入り、すっかり奥さんのものを取ってしまった。

 昭和六十二年に石川淳が亡くなった時、活夫人はそのステッキを棺におさめたという。

 明治から昭和に生きた永井荷風が、こうもり傘を愛用したことはよく知られている。外出する時は、いつもこうもり傘を手にした。

 晩年は特に、町歩きにこうもり傘は欠かせなかった。この傘はいまもソフト帽や買物籠などの遺品とともに大事に残されている。

 荷風にとって、こうもり傘はステッキの代わりだったのだろう。

かわもと さぶろう
評論家(映画・文学・都市)。1944年生まれ。東京大学法学部卒業。「週刊朝日」「朝日ジャーナル」を経てフリーの文筆家となりさまざまなジャンルでの新聞、雑誌で連載を持つ。『大正幻影』(サントリー学芸賞)、『荷風と東京『断腸亭日乗』私註』(読売文学賞)、『林芙美子の昭和』(毎日出版文化賞、桑原武夫学芸賞)、『映画の昭和雑貨店』(全5冊)『映画を見ればわかること』『向田邦子と昭和の東京』『それぞれの東京 昭和の町に生きた作家たち』『銀幕の銀座 懐かしの風景とスターたち』『小説を、映画を、鉄道が走る』(交通図書賞)『君のいない食卓』『白秋望景』(伊藤整文学賞)『いまむかし東京町歩き』『美女ありき―懐かしの外国映画女優讃』『そして、人生はつづく』『映画は呼んでいる』『ギャバンの帽子、アルヌールのコート:懐かしのヨーロッパ映画』など多数の著書がある。

2014年1月1日 Vol.18より

1 2

PR

サントリー美術館様

特集 special feature 

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

聖火リレー辞退、加山雄三の人生観

聖火リレー辞退、加山雄三の人生観

4年前、初めて人生を激白した若大将

ウイスキーという郷愁

ウイスキーという郷愁

いつか「ダルマ」が飲める大人になってやる

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

Present

information

ホテルにいながら世界の街へ! 小田急ホテルセンチュリーサザンタワーの食で味わう海外旅行

ホテルにいながら世界の街へ! ...

小田急ホテルセンチュリーサザンタワーの提案

森美術館 「アナザーエナジー展」 

森美術館 「アナザーエナジー展...

挑戦しつづける力―世界の女性アーティスト16人

箱根海賊船『Sunset  Cruise』運航!

箱根海賊船『Sunset C...

初夏の夜の箱根時間を堪能する

世界初!新型コロナ対策の寝具誕生

世界初!新型コロナ対策の寝具誕...

マニフレックスで安心の熟睡

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

小田急沿線さんぽ archives

読者の声

コモレバクラブ

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial