ミシンで自立する女性たち 

町に洋服店があったころ

昭和の風景 昭和の町 2015年1月1日号より

大きな作業台で気難しげに洋服を仕立てる職人然とした主人。傍らでは奥さんらしき女性がミシンを踏んでいる。町の小さな洋服店の多くは、夫婦二人で営んでいたようだ。昭和の子供たちの服は、母親の手作りによるものが少なくなかった。母親がミシンを踏む姿は、あちこちの家庭で見られた日常の風景だった。若い女性たちはモード雑誌を見ながら、服作りを楽しむ。作家で脚本家の向田邦子さんも、漫画家の長谷川町子さんも服作りを楽しんだ、昭和の女性である。雑誌「ひまわり」や「それいゆ」を作った中原淳一さんの「スタイルブック」には型紙と縫い方が専門家の手で紹介されており、婦人雑誌にも、型紙の付録がつけられていた。ミシンも電動のものになり、さらに既製服が当り前の時代になって家庭で服を作る女性たちも少なくなった。ミシンを踏む女性たちの姿は、懐かしい昭和の風景の中に仕舞われることになっていった。

文=川本三郎

 昭和も三十年代ころまで、町には洋服店(テイラー)があってガラス越しに主人がミシンを踏む姿が見えたものだった。

 しかし、その後、既製服の時代になってしまい、町の洋服店が消えていった。同時にミシンもあまり見かけなくなった。いま家庭でミシンはどれだけ使われているだろう。

昭和の町には
洋服店があった

1900年(明治33)、アメリカニュージャージー州エリザベスポート工場製のシンガーミシン。肌理細やかな意匠を凝らした美しさが光る。写真提供:株式会社ハッピージャパン

 妹尾河童原作、降旗康男監督の『少年H』(13年)は、戦前昭和期の家族の物語。父親(水谷豊)は神戸の町で洋服店を営んでいる。看板には「高級紳士服仕立 妹尾洋服店」とある。瓦屋根の二階家、和風の家で洋服を作る。いわば和洋折衷。

 昭和の町にはこういう洋服店(仕立屋ともいった)が必ず一軒はあった。オーダーメイドの洋服が当り前だった時代である。ハイカラな神戸の町にはとくに多かっただろう。

 父親はミシンを踏んで洋服を仕立てる。  

 ミシンが一家を支えている。だから昭和二十年、神戸の町が空襲に遭い、家が焼けた時、父親のミシンを守ろうと、少年と母親(伊藤蘭)は燃えさかる家のなかから必死になってミシンを運び出す。

 戦後、父親はそのミシンを丁寧に修理し、バラックで再び仕事を始める。この昭和の一家の暮しはミシンと共にある。

 アンドルー・ゴードン『ミシンと日本の近代 消費者の創造』(大島かおり訳、みすず書房、13年)によれば、アメリカの世界的ミシン・メーカー、シンガーミシン社が日本に進出したのは、明治三十三年(1900)。それから約二十年後の大正なかごろには、年に五万台も売り上げていたという。一台の値段はサラリーマンの二ヶ月ぶんの給料に相当したから、まだまだ一般家庭には贅沢品だった。

 はじめに購入したのは『少年H』の父親のように洋服店だったろう。

 徳田秋声原作、成瀬巳喜男監督の『あらくれ』(57年)は、高峰秀子演じるお島という気性の激しい女性の物語。

 お島は男で苦労し続けるが、洋服職人(加東大介)と知り合ってからは落着き、二人で小さな洋服店を開く。まずミシンを買い、自分でもミシンを踏んで洋服を作る。時代は大正時代。ちょうど日本に進出したシンガーミシン社が売り上げを伸ばしていたころと重なっている。

 個人の家でミシンを買えたのは、裕福で進取の気風のあった中産階級だろう。『ノンちゃん雲に乗る』で知られる児童文学者の石井桃子(明治四十年生まれ)の家は、父親が浦和の銀行員で新しもの好きだったので、シンガーミシンが売りに出されると早速これを買った。

 尾崎真理子『ひみつの王国 評伝石井桃子』(新潮社、14年)によれば、石井家は娘が五人もいたのでその洋服を作るという実際的な意味もあったという。

 当時はミシンを買うと半年ほど、洋裁の指導の女性が家に来て、ミシンを使っての洋裁を教えてくれた。シンガーミシンが売り上げを伸ばしたのは、このサービスがあったからかもしれない。

2015年1月1日 Vol.22より

1 2

PR

サントリー美術館様

PR

きんでん

特集 special feature 

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

~江戸薫る 芝居小屋の風情を今に~

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

ウイスキーという郷愁

ウイスキーという郷愁

いつか「ダルマ」が飲める大人になってやる

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

information

new 下北線路街にホテルが出現、「MUSTARD HOTEL SHIMOKITAZAWA」開業

下北線路街にホテルが出現、「MUSTARD HOTEL SHIMOKI...

下北沢に新しいホテルとエンタメカフェが誕生!

世界初!新型コロナ対策の寝具誕生

世界初!新型コロナ対策の寝具誕生

マニフレックスで安心の熟睡

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

小田急沿線さんぽ archives

読者の声

コモレバクラブ

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!