new 21.09.28 update

アルマイトの弁当箱が欲しかった

蓋の花鳥の絵柄が子供に大人気だった

昭和の風景 昭和の町 2015年10月1日号より

すくなくとも、昭和40年代の前半くらいまでは子供たちの弁当箱の主流はアルマイトではなかったか。プラスチック製が台頭するのは昭和50年代半ば頃からではないだろうか。アルミやアルマイトの弁当箱は新聞紙に包んで持たされることも多かった。角型にも、楕円の丸型にも御飯とおかずを入れる仕切り板がついているのもありあるいは、両サイドのローラーでパチンと留めるおかず入れもついていた。冬場になると、教室のスチームで弁当箱をあたためるのだが、おかずの内容によっては、授業中の教室に匂いがただよったりもした。弁当箱の蓋では、配られるお茶を飲んだ。懐かしい風景であるが、実は近年、アルマイトの弁当箱が見直されているときく。軽くて丈夫、熱に強く、熱伝導率はステンレスの15倍だとか。もっとも、花柄に代わってアニメや漫画のキャラクターが描かれているものが人気だ。子供はもちろん、大人でも、いくつになっても弁当の時間は楽しい。

文=川本三郎

昼食前に弁当箱を教室
のスチームであたためる


 弁当箱と言えばアルミニウム製だった時代があった。
 大正十二年(1923)東京生まれの作家、池波正太郎は、小学生の頃の思い出を書いたエッセイ「弁当」のなかでアルミの弁当箱について触れている。
 昭和のはじめ、東京の小学校にはスチームが入っていた。家庭ではまだ火鉢と炬燵だけが暖房だった時代に、教室にはスチームがあったのだから、子供たちは幸せだった。

終戦直後のものと思われる、アルマイトの弁当箱。形は楕円で2つとも蓋には花柄模様が描かれていて、女の子用である。写真提供:倉日用商店

 このスチームを子供たちは、弁当をあたためるために使った。
「昼食の一時間ほど前に、アルミニウムの弁当箱の御飯の下へ水を入れ、これをスチームの上に乗せておくと、昼休みに、ちょうど御飯が熱くなってくる。その旨さは格別のものだった」

 弁当箱をスチームの上に乗せておいてあたためる。これはアルミの弁当箱だから出来た。
 池波少年はさらに凝ったことをする。スチームで蒸しあげる弁当の場合、御飯とおかずを一緒にすると、御飯に味がついてしまう。
「そこで私は御菜入れのアルミニウムの箱を自分の小遣いで買って来て、『御菜は、ここに入れてくれ』と、母にいった」
 のちに、食の作家として知られる人だけに、子供の頃から、食べることに気を遣っている。
「アルミニウムの弁当箱」と「御菜入れのアルミニウムの箱」。昭和のはじめ、アルミの弁当箱が普及していっていることが分かる。
 昭和六年(1931)東京生まれの映画評論家、秦早穂子は回想記『影の部分』(リトルモア、12年)のなかで、昭和のはじめ、小学校の頃の弁当の思い出を書いている。
「弁当箱の品質も、中身のおかずも、家庭によって全く違う。海苔とかつぶしの生徒もいたし、なぜか毎日、〝イクラ〟がおかずの地主の子もいた。そのころ流行りだした、左右に留め金のついたおかず入れを持ってくる生徒もいた」「左右に留め金のついたおかず入れ」は、池波正太郎の言う「御菜入れのアルミニウムの箱」と同じだろう。
 これは、昭和三十年代、私の学生時代にもあった。懐かしい。そう言えば、われわれも、池波少年と同じように、冬になるとアルミの弁当箱をスチームの上に置いたものだった。

 昭和三十年代の生活風俗は、昭和戦前期から続いているものが多い。

熊本県にある菊陽中部小学校での昭和30年代の昼食時間の様子。お弁当の時間は子供たちにとって楽しみな時間で、みんな笑顔なのが微笑ましい。弁当の中身が何だろう、と蓋を開けるのが楽しみだった。写真提供:熊本県菊池郡菊陽町役場


 

2015年10月1日 Vol.25より

1 2

サントリー美術館様
森美術館

特集 special feature 

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

ウイスキーという郷愁

ウイスキーという郷愁

いつか「ダルマ」が飲める大人になってやる

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

information

下北線路街にホテルが出現、「MUSTARD HOTEL SHIMOKITAZAWA」開業

下北線路街にホテルが出現、「MUSTARD HOTEL SHIMOKI...

下北沢に新しいホテルとエンタメカフェが誕生!

世界初!新型コロナ対策の寝具誕生

世界初!新型コロナ対策の寝具誕生

マニフレックスで安心の熟睡

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

小田急沿線さんぽ archives

読者の声

コモレバクラブ

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!