23.02.14 update

母親の作ってくれた服を着るのが自慢で誇らしかった時代

昭和の家庭では、子供たちの服は母親が作るというのが、ごく日常的であった。
普段着から、音楽会や学芸会、入学式といった〝ハレ〟の日の服まで
母親は子供の喜ぶ顔を思い浮かべながらスタイルブックを参考にして
型紙を作り、布地を裁ち、ミシンを踏んだ。
玄関口に〝お仕立て承ります〟と書かれた
木の看板を掲げたり、貼り紙をしている家もあった。
稼業というわけではなく、洋裁の得意な女性たちの副業みたいなもの。
当時は、裁縫全般も花嫁修業のひとつであった。
子供たちも母親が作ってくれた服を着るのは、自慢で、誇らしい気がしたものだ。
今、小学校でもブランドものの制服が採用されることを思うと隔世の感がある。
母が作ってくれた服は、子供たちにとって思い出として永遠に記憶されているだろう。


洋裁は懐かしい母の思い出
~世界にひとつだけの手作りの服~

文=川本三郎

昭和の風景 昭和の町 2018年4月1日号より


 明日は子供の遠足か学芸会かなのだろう。子供がハレの日に着る洋服を作るために、母親が夜遅くまでミシンを踏み、布地を繕い裁つ。子供は新しい服が出来てゆくのがうれしくて、なかなか眠れない。
 昭和の家庭でよく見られた光景ではないか。子供の服は、既製服ではなく、母親が自分で作る。そういう時代が確かにあった。ミシンは家庭には必需品だった。
 洋服を家庭で作る。つまり「洋裁」。
 既製服が全盛の時代、「洋裁」という言葉も次第に死語になりつつあるが、昭和の家庭では、「洋裁」は日常風景だった。

昭和の映画に登場するミシンを踏む女優たち

 昭和六年に公開された日本最初のトーキー映画、五所平之助監督の『マダムと女房』では、東京の郊外住宅に住む、若い奥さん、田中絹代がミシンを踏んで洋服を作っている姿がとらえられている。
 当時は、まだミシンは責重品。洋裁をする主婦はモダンだったことだろう。
 昭和二十六年に公開されたホームドラマ中村登監督の『我が家は楽し』は、東京の世田谷あたりのサラリーマン(笠智衆) 一家の物語。子供が四人もいるから、母親の山田五十鈴は、毎日のようにミシンを踏んで、子供たちの服を作る。
 この時代、既製服を買うのは贅沢で、とりわけ子供の服は、母親が自分で作ることが多かった。そういう時代だったからだろう、昭和二十五年のお年玉年賀はがきの特等の賞品はミシンだった。
 若い女性にとっても、「洋裁」を覚えることは、「手に技術を持つ」大事なことだった。
 昭和三十一年に公開された映画、幸田文原作、成瀬巳喜男監督の『流れる』では、東京柳橋の芸者置屋の娘、高峰秀子が、自分は母親(山田五十鈴)のように、芸者になる自信はないので、「洋裁」で身を立てようと、ミシンを買って勉強をはじめる。
 まだ女性の職業が限られていた時、「洋裁」は数少ない自立の手段になっている。

昭和18年の同志社女子専門学校(後に同志社女子大学)での大西マサエ教授の洋裁の授業風景。同志社女子大学は、新島襄により明治9年に設立された女子塾を前身とし、それまでの専門学校を母体に昭和24年に設置された女子大学で、キリスト教主義を基本に、国際主義、リベラル・アーツを教育理念として定めている。写真提供:同志社女子大学

おしゃれへの思いと自活の道

 社会に出て働きたい。自立志向の強い女性たちのあいだで「洋裁」が人気になり、戦後、洋裁ブームが起きた。
 昭和二十一年一月に再開した東京目黒のドレスメーカー女学院には、千人を超す入学希望者が殺到して大混乱になった。「ドレメ」とう言葉が広まるのはこの頃から。
 やはり昭和二十一年の秋に再開した新宿の文化服装学院でも三千人もの入学者でにぎわった。
 既製服がまだ簡単に手に入らなかった時代、自分の服は自分で作りたいという「おしゃれ」へ の思いがあったろうし、何よりも、戦争で結婚の機会を失った女性や未亡人が、自活の道として洋裁を志したことが大きかっただろう。
 昭和二十八年に公開された木下惠介監督の『日本の悲劇』は、熱海を舞台に、戦後、夫を失くした女性(望月優子)が、女手ひとつで二人の子供を育てる物語。
 娘の桂木洋子は、貧しい家に育ったので、なんとか早く手に職をつけようと、洋裁学校に通い、ミシンを踏む。
 当時の若い女性にとっては、洋裁店で働くこと、いずれは自分の店を持つことはささやかな夢だった。
 石原裕次郎、浅丘ルリ子主演、蔵原惟繕監督の『銀座の恋の物語』(62年) では、浅丘ルリ子が演じるヒロインは、銀座の洋裁店で働いている。昔の言葉でいえば「お針子」。いずれ自分の店を持ちたいと思っている。
 当時の銀座には洋裁店が並んでいた。みゆき通りはとくに多く「お洒落横丁」とか「三丁巴里」と呼ばれたほど。

1 2

新着記事

  • 2023.12.09
    太宰治没後75年、短編小説『未帰還の友に』が映画化...

    12月15日(金)より全国順次公開

  • 2023.12.08
    世界の映画祭で絶賛 ! 一人の母親の愛と正義と信念...

    12月15日((金)より全国公開

  • 2023.12.08
    新連載③【キジュからの現場報告記】 ─ 萩原 朔美...

    第3回 片目の創造力

  • 2023.12.07
    [追悼]坂本龍一と国内外のアーティストとのコラボ作...

    応募〆切:12月20日(水)

  • 2023.12.07
    虎ノ門ヒルズの情報発信拠点[TOKYO NODE]...

    12月5日(火)~2月25日(日)

  • 2023.12.07
    洋楽、和製ポップス系歌手だった20歳の伊東ゆかりが...

    中尾ミエ、園まりとともに〝スパーク三人娘〟といわれた

  • 2023.12.06
    多民族、多文化が交錯する街・ロンドンで起きるであろ...

    12月15日(金)より全国公開

  • 2023.12.05
    映画を愛した和田誠の展覧会「和田誠 映画の仕事」が...

    12月12日(火)~3月24日(日)

  • 2023.12.01
    【追悼】山田太一さん(89)が本誌に遺した言葉、「...

    山田太一さんを偲ぶ

  • 2023.11.30
    映画音楽は調理の音、風の音、鳥のさえずり!?『ポト...

    12月15日(金) より全国順次公開

特集 special feature 

わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の  「芸業」

特集 わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の 「芸業...

棟方志功の誤解 文=榎本了壱

VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いなる遺産

特集 VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いな...

「逝ける映画人を偲んで2021-2022」文=米谷紳之介

放浪の画家「山下 清の世界」を今。

特集 放浪の画家「山下 清の世界」を今。

「放浪の虫」の因って来たるところ 文=大竹昭子

「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

特集 「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

「いい顔」と「いい顔」が醸す小津映画の後味 文=米谷紳之介

人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

特集 人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

わが母とともに、祐三のパリへ  文=太田治子

ユーミン、半世紀の音楽旅

特集 ユーミン、半世紀の音楽旅

いつもユーミンが流れていた 文=有吉玉青

没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、展覧会「萩原朔太郎大全」の旅 

特集 没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、...

言葉の素顔とは?「萩原朔太郎大全」の試み。文=萩原朔美

喜劇の人 森繁久彌

特集 喜劇の人 森繁久彌

戦後昭和を元気にした<社長シリーズ>と<駅前シリーズ>

映画俳優 三船敏郎

特集 映画俳優 三船敏郎

戦後映画最大のスター〝世界のミフネ〟

「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の流行歌 

昭和歌謡 「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の...

第一弾 天地真理、安達明、久保浩、美樹克彦、あべ静江

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

特集 故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

特集 仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」等全22作の根幹とは

挑戦し続ける劇団四季

特集 挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

特集 御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

特集 寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

特集 アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

特集 東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

特集 「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

特集 俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン 文=山川静夫

「芸術座」という血統

特集 「芸術座」という血統

シアタークリエへ

秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

特集 秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

役柄と素顔のはざまで

秋山庄太郎ポートレートの美学

特集 秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

特集 久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

特集 加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

特集 昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

特集 西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

特集 「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

特集 川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

特集 ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

特集 中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

向田邦子の散歩道

特集 向田邦子の散歩道

「昭和の姉」とすごした風景

information »

new 新宿駅をキャンドルで灯す参加型イベント「Candle Night @ Shinjuku 2023 -新宿想い線-」鉄道5社の主催で開催!

都市 新宿駅をキャンドルで灯す参加型イベント「...

12月の新宿駅を彩るイベント

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

Present

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.2

PEOPLE frontline Vol.2
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!