“NO STAGE,NO LIFE”劇場のある豊かな暮し

Vol.4
佐藤玄さん

(株式会社パルコ エンタテインメント事業部 演劇事業担当 部長)

株式会社パルコのエンタテインメント事業部で、演劇事業の部長として総括責任者を務める佐藤玄さん。9~10月に上演される『ゲルニカ』『獣道一直線!!!』のプロデューサーも務めている。

1973年、西武劇場として開場したPARCO劇場。渋谷PARCOの建て替えにより、2016年8月7日に一旦休館となったが、それまでの43年間の上演作品は約1200作にもおよぶ。そして2020年、PARCO劇場「第二幕」ともいえる新たなシーズンが開幕した。1月24日に『志の輔らくご~PARCO劇場こけら落とし~』で無事こけら落としを迎え、来年4月まで続くオープニング・シリーズの第1作となる渡辺謙主演の『ピサロ』の初日を3月13日に控えていた頃、新型コロナウイルス蔓延の不吉な気配は演劇界にも影を落とし始めていた。2月26日、安倍晋三首相によりイベント自粛要請も発出されるなか、日々変わる状況により、その都度対応に追われることになったPARCO劇場。株式会社パルコエンタテインメント事業部で演劇事業の総括を担当する佐藤玄さんに、休館までの日々、再開の準備、そして9月、10月公演を迎えるに当たっての心境をうかがった。

新生・PARCO劇場オープニング・シリーズ製作発表に集まった、(前列左から)藤井隆、渡辺謙、宮沢氷魚、森新太郎、石田明、三谷幸喜、吉田一輔、大泉洋、山本耕史、竜星涼、長田育恵(後列左から)宮藤官九郎、河原雅彦、生瀬勝久、池田成志、古田新太、前川知大、杉原邦生、市川猿之助、天海祐希、G2 撮影:阿部章仁

――まず、佐藤さんのお仕事について教えてください。


佐藤 私が従事する演劇事業には、PARCO劇場の運営と、チケットの配券、営業、広報、それに企画・制作の3チームあります。そのまとめ役が私の仕事です。PARCO劇場は制作者が企画し、俳優や演出家、スタッフを集めて上演するプロデュース公演を実施していますが、演劇プロデューサーの仕事についてもお話しておきますと、まず劇場をどこにするのかを決めます。うちの場合は劇場を持っていますので、PARCO劇場での公演ということが前提になりますが、どんな芝居をやるのか企画を立て、この企画であればこの作家さん、この演出家さんにお願いしようという具合に進めていきます。先に演出家や作家の方たちと話をして、どういうものをやるかを決めるというケースもあります。企画を立てて、スタッフを集めて、キャスティングをして、実際チケットをどのように売っていくか、チラシ、ポスターなど、どのように宣伝していくのか、さらに、東京での公演を地方にも紹介する場合は、地方の主催者である放送局だったりイベンターさんと話を進めていきます。公演運営者として、最初から最後まで全体を見渡すのがプロデューサーの仕事ですが、うちは民間ですのでパルコとしての情報発信の意味合いもその中に含まれてきて、そこで収益を得ていくというお金の責任者でもあります。

1973年に西武劇場として開場したPARCO劇場の大きな特徴は、文化事業として劇場が自らプロデユースを行っていること。渋谷PARCOの建て替えのため2016年8月7日に一旦休館となったが本年PARCO劇場「第二幕」ともいうべき新たなシーズンがスタートした。9月以降も劇場ゆかりのクリエイターたちによるすばらしい公演が予定されている。撮影:尾嶝太

1 2 3

サントリー美術館様

特集 special feature 

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」など全22作の根幹とは

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ

丸山智己さんと狛江

丸山智己さんと狛江

~郊外住宅地・狛江の夜を愉しむ~

光石研さんと梅が丘

光石研さんと梅が丘

普段着の味わいがする「梅ヶ丘」を楽しむ

千歳船橋と町田啓太さん

千歳船橋と町田啓太さん

千歳船橋は名優が暮した町

松下洸平さんと参宮橋

松下洸平さんと参宮橋

参宮橋は大都会の隣町の風情

鈴木伸之さんと喜多見

鈴木伸之さんと喜多見

喜多見は〝ほどよい〟郊外タウン

蒼彦太さんと読売ランド前

蒼彦太さんと読売ランド前

遊園地の町「読売ランド前」で大人の休日を楽しむ

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.2

PEOPLE frontline Vol.2
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial