演劇にとって不可欠な観客の存在

オンラインでの稽古
You Tube Liveでの生配信

――緊急事態宣言という状況下、4月19日には連作短編通話劇シリーズ『窓辺』の、You Tube Liveでの生配信がスタートしました。

三浦 3月末くらいにメンバーとZoom会議したとき、外出も控えていて人と話すのも久しぶりだから、誰かと話せて安心できたというメンバーもいたんですね。僕にとってロロはすごく大事な場所で、ロロをストップさせずにメンバーの活動場所を作っていきたいなと思って、『窓辺』を企画しました。直接会うことなくZoomを使って稽古して、それぞれの部屋で上演しました。初めての試みでいろいろ難しさはあって、効率的になってしまうというか、無駄な時間がどんどんなくなっていくのを感じました。稽古で集まってコミュニケーションをとることが作品にも反映されていく、そういう時間が演劇には大切だと思ってるので、大事な要素が失われていってるような気がしました。『窓辺』と同時期に、いわきアリオスからも「アリオス演劇部」だった子たちとリモートで作品を創ってほしいと依頼をいただいたんですけど、彼らは稽古より休憩時間のほうが楽しそうだったりする瞬間があるのを感じていて。Zoom稽古だと、休憩になるとビデオ画面を一旦オフしてその場から離れて、再開のときに戻ってくるっていうことになっちゃうんですよね。それは『窓辺』でも同じで。稽古と休憩の時間がきちんと切り分けられてしまって、僕が思う演劇の楽しい瞬間がなかなか作れないなという苦労がありました。稽古をしながら、ロロを旗揚げしたときに似てるなって思いました。僕は演出家の経験なくロロを立ち上げたので、演劇ってどうやって創るんだろう? みたいな感じで、どうすれば演劇っぽくなるか試行錯誤しながら創っていました。10年続けてると、演劇っぽくするノウハウも持てるようになってきたところでまた久々に、どうやったら『窓辺』が演劇になるか、試行錯誤しましたね。

――生配信による『窓辺』を経験して、改めて思う三浦さんにとっての演劇とは?

三浦 第1話を配信して、これが演劇かどうかって考えると、その問い自体が必要かどうかっていうのもありますけど、演劇とは言えないかもなと思いました。作品としては面白いものになったけど、演劇かと問われたら、やっぱり映像作品のような気がします。劇場ってすごく大事な場所だったんだなって、あらためて感じました。観客が何か能動的に作品にアクセスしようとすることが、演劇にはすごく重要だと思うんですよ。だから、オンライン演劇は作品を創るだけでは完結しなくて、2話、3話どういうふうに観客という存在を設計するかを考えるようになっていきましたね。

――配信でご覧になった方たちの反応はいかかでしたか。

坂本 「ドネル」と「noteのサポート機能」で投げ銭を募ったら、長年観てくださってる方なんかがけっこう大きい額をくださったりして、応援の気持を込めてくださってる感じはしました。自粛生活の楽しみとして観ていただいてるのもSNSで実感できたので、励みになりましたね。

『ハンサムな大悟』チラシ
2015年6月4日から14日までの、東京のこまばアゴラ劇場で全17ステージを上演した『ハンサムな大悟』。第60回岸田國士戯曲賞の最終候補にもノミネートされた。
 『ハンサムな大悟』舞台写真

1 2 3 4

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial