21.12.02 update

芸能生活60周年を前に新作舞台に挑む 永遠の青春スター・舟木一夫

舞台で演じ続ける
娯楽時代劇

 舟木一夫の大劇場での一か月公演は、一部が芝居、二部がコンサートで構成されるが、デビュー以来このスタイルを続けている。デビュー当時の東京の劇場のメインは明治座で、年に一回は明治座の舞台に立ち、伊志井寛、光本幸子といった新派の役者たちが共演者に名を連ね、その当時から、作家の川口松太郎や、初代水谷八重子から、新派入りを盛んに奨められていた。東京の劇場以外でも京都南座、大阪新歌舞伎座、名古屋御園座など、多いときは年3回の一か月公演をこなしたのは、それほど古い話ではない。そして、1997年、『野口雨情ものがたり』で、新橋演舞場での初の座長公演を務めて以来、今回が新橋演舞場通算18回目の公演となる。

 野口雨情や竹久夢二などを演じた作品もあるが、舞台で舟木が大事としたのは、〝娯楽時代劇〟の上演だった。敬愛する長谷川一夫や大川橋蔵の当たり役であり、橋蔵主演のテレビドラマでは舟木が主題歌を歌った『銭形平次』、『沓掛時次郎』『瞼の母』といった長谷川伸原作の股旅物、映画では市川雷蔵が演じた『忠臣蔵異聞 薄桜記』、井伊直弼役に里見浩太朗を迎え舞台初共演となった『花の生涯―長野主膳ひとひらの夢―』などなど。前回2017年の芸能生活55周年では通し狂言『忠臣蔵』で、大石内蔵助を演じた。今回の演目は浅田次郎原作の『壬生義士伝』で、映画では中井貴一、テレビドラマでは渡辺謙が演じた主人公・吉村貫一郎を演じる。

 「舞台の娯楽時代劇で大石内蔵助までやってしまうと、その後に、中途半端な役どころに戻れないんですね。思い切りふり幅の大きな所にいったほうがいいなと感じて、ではどんな役どころがいいのかと考えたとき、今までの流れの演目とは相当違うものをというところに至ったわけです。舞台で『壬生義士伝』をやるには、相当難しいということはわかっていましたが、今一度原作を読み返して自分の気持に確信を得られたので、浅田先生にお願いして、快諾していただいたわけです」

 舟木一夫公演では二部にシアターコンサートがあるため、上演時間に制約があるというのも、『壬生義士伝』のような、主人公の生き方、真意と向き合うような芝居では上演が難しいとされる要因かもしれない。南部藩の下級武士として生まれ、貧苦にあえぐ家族を養うために脱藩して新選組隊士となり、義のため、愛しき者たちのために斬り続ける。北辰一刀流免許皆伝の腕前で、〝新選組で一番強い男〟とも言われた人物である。だが、鳥羽伏見の戦で敗走することになる。

 「こんな世の中だから、明るい芝居のほうがいいんじゃないかという考え方もあると思うんですが、今の時代だからこそ、あえてこういう題材を取り上げて、家族への思い、人と人との関わりといった骨格の太い芝居をお見せできたらと思ったんです」

 この発言は、4年前のインタビューを思い出させた。以前、長野主膳を演じたときに、今回も脚本を担当している齋藤雅文に、大詰めを今の日本に向かってのセリフにしてくれと頼んだのだ。「僕らの商売は何か大事が起きたときに真っ先にいらなくなる自由業の典型なわけで、そんな僕らのような人間がメッセージを発することができるのは、芝居であり、歌でありという部分なんですね」という思いからだった。

 舟木一夫の公演では、キャストの座組が〝舟木組〟と呼べるレギュラーの役者が多い。

 「舞台では娯楽時代劇に思い入れをもってお見せするので、まずは、時代劇の作法や礼儀といった骨法というものを知っている役者さんたちであるというのが50パーセントです、あとの50パーセントは、互いの息遣いです。舞台の芝居では、向き合う役者同士の息遣いがわかるということが、とても大切だと思えるんです。吐く息、吸う息がお互いに通常に呼吸できるくらいの感覚でわかっていないと難しいですね。プロの舞台人として初日までになんとか70パーセントくらいまでには仕上げておいて、あとの30パーセントは、その芝居に対するお客様の息遣いが伝わってきてから、稽古場で絡み合わせたものを予定していた空間にフィットさせていくということですね。お互いの息遣いを知っていれば、芝居を面白くするために日によって息の間を違えるということも、阿吽の息遣いで成立させることができるわけです」

 今回、吉村貫一郎の妻を演じる高橋惠子とは、まったくの初共演である。  
「ここの芝居をこうしましょう、ああしましょうというのが、相談づくというより、なんとなく夫婦という役の気持でわかりあえているような、お互い意思の疎通がとりやすい、僕にとっては気持を楽に持てるとてもありがたいお相手です。それに、高橋さんが、大劇場から小劇場まで、タイプの異なる芝居に出演なさっていて、幅広い役柄を演じていらっしゃるのは知っていますが、ご自分の色というものをしっかりと持っていて、ある役を演じ終えると、いつもご自分の色に立ち戻ることができる役者さんで、真っ新になって次の役に向き合っているように、僕には映ります」と、2人の呼吸の絡みが楽しみになる。

1 2 3 4

映画は死なず

新着記事

  • 2024.06.14
    創建1200年記念 特別展「神護寺─空海と真言密教...

    応募〆切:7月15日(月)

  • 2024.06.14
    実話をもとに描かれた、海の男たちの誇りと絆の戦争秘...

    応募〆切:6月25日(火)

  • 2024.06.14
    自然写真家・今森光彦のライフワークの集大成、「今森...

    6月20日(木)~9月29日(日)

  • 2024.06.13
    三浦友和&山口百恵の二人を結んだ楽曲?! 松崎しげ...

    「愛の微笑み」から改題された

  • 2024.06.11
    マニフレックス公式HPの人気連載記事『暮らしのエッ...

    6月28日(金)~30日(日)

  • 2024.06.11
    田中邦衛、山本圭、加藤剛らが出演した社会派ドラマ「...

    日本を代表する彫刻家・佐藤忠良を父にもつ

  • 2024.06.10
    韓国500万人超えの大ヒットした、予測不能の海洋ク...

    応募〆切:7月10日(水)

  • 2024.06.06
    激動の20世紀を生きたあるの男の人生。〝世紀の小説...

    応募〆切:7月5日(金)

  • 2024.06.06
    八王子市夢美術館 特別展 「ルーヴル美術館の銅版画...

    応募〆切:6月30日(日)

  • 2024.06.06
    アカデミー賞Ⓡ 2度受賞の名優アンソニー・ホプキン...

    応募〆切:6月20日(木)

特集 special feature 

わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の  「芸業」

特集 わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の 「芸業...

棟方志功の誤解 文=榎本了壱

VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いなる遺産

特集 VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いな...

「逝ける映画人を偲んで2021-2022」文=米谷紳之介

放浪の画家「山下 清の世界」を今。

特集 放浪の画家「山下 清の世界」を今。

「放浪の虫」の因って来たるところ 文=大竹昭子

「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

特集 「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

「いい顔」と「いい顔」が醸す小津映画の後味 文=米谷紳之介

人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

特集 人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

わが母とともに、祐三のパリへ  文=太田治子

ユーミン、半世紀の音楽旅

特集 ユーミン、半世紀の音楽旅

いつもユーミンが流れていた 文=有吉玉青

没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、展覧会「萩原朔太郎大全」の旅 

特集 没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、...

言葉の素顔とは?「萩原朔太郎大全」の試み。文=萩原朔美

「芸術座」という血統

特集 「芸術座」という血統

シアタークリエへ

喜劇の人 森繁久彌

特集 喜劇の人 森繁久彌

戦後昭和を元気にした<社長シリーズ>と<駅前シリーズ>

映画俳優 三船敏郎

特集 映画俳優 三船敏郎

戦後映画最大のスター〝世界のミフネ〟

「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の流行歌 

昭和歌謡 「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の...

第一弾 天地真理、安達明、久保浩、美樹克彦、あべ静江

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

特集 故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

特集 仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」等全22作の根幹とは

挑戦し続ける劇団四季

特集 挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

特集 御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

特集 寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

特集 アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

特集 東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

特集 「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

特集 俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン 文=山川静夫

秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

特集 秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

役柄と素顔のはざまで

秋山庄太郎ポートレートの美学

特集 秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

特集 久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

特集 加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

特集 昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

特集 西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

特集 「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

特集 川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

特集 ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

特集 中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

向田邦子の散歩道

特集 向田邦子の散歩道

「昭和の姉」とすごした風景

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!