23.12.01 update

【追悼】山田太一さん(89)が本誌に遺した言葉、「岸辺のアルバム」は八千草薫さんでなければだめだった…と、その舞台裏を明かしていました

12月1日朝、山田太一さんの訃報に接し、かつてご健筆を揮っていただいた本誌にとっては深い悲しみとともにただただご冥福をお祈りするばかりです。享年89。
「男たちの旅路」「岸辺のアルバム」「早春スケッチブック」「ふぞろいの林檎たち」などテレビ史に残る数々の名作ドラマを手がけられ多くの賞を受賞されました。小説家としても活躍され、「異人たちとの夏」は、イギリス映画『All of us Strangers』として2024年春に公開予定だそうです。
2013年10月、雑誌¿Como le va?の八千草薫さんとともに表紙を飾っていただきました。「岸辺のアルバム」で八千草さんに出演交渉するものの初めは断られ、山田さんは冷や汗だった、と述懐しています。2011年4月には本誌の名物コラム「私の生前整理」を執筆、「別れたくない」と題した珠玉のエッセイでした。コモレバWEBマガジン編集部は、アーカイブファイルにて再録し哀悼の意を表したいと存じます。

2013年10月1日号 PERSON IN STYLE《美しいとき》より

八千草薫という女優を思うとき、チャーミングという言葉が浮かびます。
人生の年輪を重ね、その年齢それぞれの美しさを感じさせてくれる人。
八千草さんのようなキャリアをもつ女優が、若いころ同様に現在も年に数本の映画やドラマに出演しているのは驚異的です。
おそらくその時代時代の八千草薫さんのたたずまいに多くのクリエーターたちの創作力がくすぐられるのでしょう。
11月16日(2013年)には主演映画『くじけないで』が公開されます。
脚本家の山田太一さんはドラマ「岸辺のアルバム」以来八千草さんとは36年というおつきあいで、数々の名作を生み出した仲。
八千草さんとの思い出の作品を紐解きながら山田太一さんならではの「女優・八千草薫」論を披露していただきました

誰も八千草さんにはなれない

文=山田太一

 学生のころ何人かでごろごろとしゃべっていて、趣味が悪いといわれたことがある。
「一番は、なんといったって、八千草薫だろ」といったのである。敬称略です。一ファンでした。
「あんな清純派のどこがいいんだ」と鼻で嗤われた。他の奴も「うん」「うん」と同調したので、くらくらした。
「そんなのお前らの気取りだよ。あんな綺麗な人を評価しないなんて、大人ぶろうとして無理してるんだ」といった。本気でそう思った。
 別の時、別の友人についその時の無念を愚痴ると、その友人は「いいよな、八千草薫、あの唇、あのおでこ」ととろけるような目になったので、二人で盛り上がって、「触りたいよなあ」「皮膚じゃなくていいから」「ブラウスの袖とか」「スカートの端とか」と讃嘆して平(ひれ)伏したいような気持になったのだった。
 その友人が寺山修司で、それから二十年ほどして、自作の映画『田園に死す』で彼なりのマドンナとして遇し、八千草さんへのオマージュを果たしたのだった。
 羨ましかった。そのころ私はテレビドラマのライターになっていたが、まだ八千草さんをチラリと見ることもできずにいた。いや、それは少し卑下しすぎかもしれない。望めば自作に出ていただけたかもしれないのだが、憧れの人なので、こんな役では勿体ない、こんな役では失礼だろうとひるんでいたのだった。
 すると同年輩の倉本聰さんが「うちのホンカン」という、すばらしいドラマを八千草さんで書いたのだった。北海道の小さな町の駐在所の巡査が大滝秀治さんで、その奥さんが八千草さんである。ハキハキして労を惜しまない見事な美しい女っぷりだった。
 さて、もうこれ以上待っていられない。 
 そこでお願いしたのが「岸辺のアルバム」だった。断られてしまった。すぐ会っていただいた。渋谷のホテルのコーヒーショップだった。目の前で八千草さんと話をしているのだから、達成感でもう満足でした、といいたいところだが、断られてはそうもいかない。ほとんど一方的に私がしゃべりまくって、呆れたように聞いてらして、最後にとうとう引受けて下さった。
 あとになれば、そのプロセスもよかったと思う。要約すればそのドラマは「不倫をする人妻の話」なのだから、こっちが勝手に「でもよくあるドラマとは違う」と思っていても、八千草さんには通じようがない。ためらいは当然だったと思う。

1 2 3

こちらの記事もどうぞ
映画は死なず

新着記事

  • 2024.02.21
    鍛え抜かれた世界のトップ・パフォーマーたちが繰り広...

    応募〆切:4月15日(月)

  • 2024.02.21
    そして僕はガリバーになる

    ミニチュアフィギュアが飾られている家

  • 2024.02.21
    予測不能のストーリー展開、韓国映画『ビニールハウス...

    応募〆切:3月10日(日)

  • 2024.02.20
    SOMPO美術館「北欧の神秘─ノルウェー・スウェー...

    応募〆切:3月17日(日)

  • 2024.02.20
    「半地下」はまだマシ、韓国の格差社会の象徴、ビニー...

    3月15日(金)より全国順次公開

  • 2024.02.19
    カンヌ国際映画祭最高賞パルムドール受賞、ゴールデン...

    2月23日(金・祝)全国順次公開

  • 2024.02.18
    宇都宮美術館「イヴ・ネッツハマー ささめく葉は空気...

    応募〆切:3月5日(火)

  • 2024.02.15
    伝説の音楽プロデューサー、酒井政利に見込まれた岸田...

    ドラマ「愛と喝采と」の挿入歌

  • 2024.02.14
    東京藝術大学大学美術館「大吉原展 江戸アメイヂング...

    応募〆切:3月20日(火)

  • 2024.02.14
    舞台は19世紀後半のアイスランド。壮大なスケールの...

    応募〆切:3月25日(月)

特集 special feature 

わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の  「芸業」

特集 わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の 「芸業...

棟方志功の誤解 文=榎本了壱

VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いなる遺産

特集 VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いな...

「逝ける映画人を偲んで2021-2022」文=米谷紳之介

放浪の画家「山下 清の世界」を今。

特集 放浪の画家「山下 清の世界」を今。

「放浪の虫」の因って来たるところ 文=大竹昭子

「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

特集 「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

「いい顔」と「いい顔」が醸す小津映画の後味 文=米谷紳之介

人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

特集 人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

わが母とともに、祐三のパリへ  文=太田治子

ユーミン、半世紀の音楽旅

特集 ユーミン、半世紀の音楽旅

いつもユーミンが流れていた 文=有吉玉青

没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、展覧会「萩原朔太郎大全」の旅 

特集 没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、...

言葉の素顔とは?「萩原朔太郎大全」の試み。文=萩原朔美

「芸術座」という血統

特集 「芸術座」という血統

シアタークリエへ

喜劇の人 森繁久彌

特集 喜劇の人 森繁久彌

戦後昭和を元気にした<社長シリーズ>と<駅前シリーズ>

映画俳優 三船敏郎

特集 映画俳優 三船敏郎

戦後映画最大のスター〝世界のミフネ〟

「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の流行歌 

昭和歌謡 「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の...

第一弾 天地真理、安達明、久保浩、美樹克彦、あべ静江

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

特集 故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

特集 仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」等全22作の根幹とは

挑戦し続ける劇団四季

特集 挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

特集 御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

特集 寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

特集 アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

特集 東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

特集 「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

特集 俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン 文=山川静夫

秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

特集 秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

役柄と素顔のはざまで

秋山庄太郎ポートレートの美学

特集 秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

特集 久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

特集 加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

特集 昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

特集 西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

特集 「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

特集 川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

特集 ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

特集 中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

向田邦子の散歩道

特集 向田邦子の散歩道

「昭和の姉」とすごした風景

information »

芦ノ湖の花火の打ち上げを、箱根海賊船で楽しもう!

箱根 芦ノ湖の花火の打ち上げを、箱根海賊船で楽...

2月2日(金)「冬景色花火クルーズ」運航

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

Present

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.2

PEOPLE frontline Vol.2
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!