見つけよう、パンデミック以後のウェルビーイング。 森美術館「地球がまわる音を聴く」というメッセージ

 2020年以降、新型コロナウイルス蔓延は、ただならぬ厄災を生み、日常が奪われ、私たちの生活や心境は大きく変わった。美術館も臨時休館や、企画展の延長がやむをえなくなり、「アートは、不要不急か?」という問いがコロナ禍において浮上してきた。今、改めて思うのは、「非常時こそ大事な生きる力になる」と本展を見て強く感じるのである。 
 オノ・ヨーコが、1964年に500部限定で出版した「グレープフルーツ」というアーティストブックの中にある、「地球のまわる音を聴く」という記述が、片岡真実館長の心に響いたという。世界を移動することが制限されている中で、想像し、新たな思索へ導かれたという。 
 会場に入ると目に飛び込んでくる黄色い絨毯のようにも見える《ヘーゼルナッツの花粉》。ドイツ人アーティスト、ヴォルフガング・ライプの作品には以下の詩が添えられている。

花粉を集める

2020年春――3月、4月、5月に

来る日も来る日も、
何週間も、
タンポポの草原に座り
この上なく集中して
激しく
時間も、我も、身も心も忘れて

信じがたく、思いも寄らない
世界の危機と混乱のただ中で
ひどい病にかかり、死にゆく数多くの人びと

新しい疫病?
600年前のような疫病がふたたび起こるなんて
とても想像できなかっただろう
いま、この私たちの生活のなかに、そばに

それでもなお、危機は大きければ大きいほど
人類に新しい未来をもたらし
どこかほかの場所へ向かい
ほかの何かを見つける手助けをしてくれた
想像しえたものの彼方に
私たちは見つける
新しいありようと生き方を
私たちが望むものと
私たちが人生に望むもの
大切なことと
そうでないこと
慎ましさ
謙虚さ
自分自身とほかの人たちに対する
世界に対する
自然に対する
宇宙に対する
まったく違う関係
自分自身と世界への異なる願い
新しい未来の新しいヴィジョン

   ヴォルフガング・ライブ 2020年5月
   日本語訳/小野正嗣

 まさにパンデミック以降のウェルビーイングを示唆している。 
 国内外の16名のアーティストのインスタレーション、彫刻、映像、写真、絵画などそれぞれの手法による表現は、多種多様である。生命のエッセンスを、花粉やミルク、蜜蝋など身近な素材を用いてシンプルに表現した作家もいれば、森の中で描き続けた木の絵で、自然やそこに含まれる多くの生命の本質を描く作家、ドメスティック・バイオレンス(DV)をテーマにしたインスタレーション作品もある。

 展覧会の最後を飾る、モンティエン・ブンマーのインスタレーション作品と一緒に、メッセージがあった。
「私の作品が、人々の繊細な感情や知覚を活気づけることを望んでいる。これらの感情が、かつてのように、人間の本性のもとに戻ってくることを、私は望んでいる」と。
 これらのアーティストたちの作品がかつてない切実さで心に響き、ウェルビーイング(よく生きること)への考察を促す。現代アートの迫力を感じる展覧会である。

《ヘーゼルナッツの花粉》を展示するヴォルフガング・ライプ
豊田市美術館(愛知)2003年 Courtesy: ケンジタキギャラリー(名古屋、東京)撮影:怡土鉄夫 ※参考図版
展覧会場にて

森美術館「地球がまわる音を聴く:パンデミック以降のウェルビーイング」
会期:2022年6月29日(水)~11月6日(日)
開館時間:10:00~22:00(火曜日のみ17:00まで)

 

サントリー美術館様

特集 special feature 

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

特集 故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

特集 仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」など全22作の根幹とは

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

特集 91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

特集 挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

特集 御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

特集 寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

特集 アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

特集 東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

特集 「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

特集 俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

特集 「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

特集 秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

役柄と素顔のはざまで

秋山庄太郎ポートレートの美学

特集 秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

特集 久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

特集 加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

特集 昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

特集 西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

特集 「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

特集 川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

特集 ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

特集 中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ

丸山智己さんと狛江

town story 丸山智己さんと狛江

~郊外住宅地・狛江の夜を愉しむ~

光石研さんと梅ケ丘

town story 光石研さんと梅ケ丘

普段着の味わいがする「梅ヶ丘」を楽しむ

千歳船橋と町田啓太さん

town story 千歳船橋と町田啓太さん

千歳船橋は名優が暮した町

松下洸平さんと参宮橋

town story 松下洸平さんと参宮橋

参宮橋は大都会の隣町の風情

鈴木伸之さんと喜多見

town story 鈴木伸之さんと喜多見

喜多見は〝ほどよい〟郊外タウン

蒼彦太さんと読売ランド前

town story 蒼彦太さんと読売ランド前

遊園地の町「読売ランド前」で大人の休日を楽しむ

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.2

PEOPLE frontline Vol.2
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!