21.05.27 update

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム

向ヶ丘遊園の新たな名所
藤子・F・不二雄ミュージアム

 美術館は開館(2011年9月3日)以来連日2千人の客が訪れ大盛況。入館は日時指定の完全予約制であらかじめコンビニエンスストア「ローソン」でチケットを購入しなければ入館することができない。駅からはバスも出ているが、徒歩でも16分程度。町を楽しむためには歩くことをおすすめする。何といっても遠足なのだから。ミュージアムに続く緑道など町のそこかしこにドラえもんやオバQを見つけるのも楽しい。建物の外観のガラス窓部分は、漫画「ドラえもん」第1話のコマ割でデザインされており、敷地内には探すのが楽しいさまざまな仕掛けが設けられているようだ。収蔵されている原画は約5万点もあり、「ドラえもん」のみならず「パーマン」「オバケのQ太郎」「ウメ星デンカ」なども展示されており、子供たちより大人たちが楽しんでいるように見受けられる。現に、入場者の7割は大人だということである。


 貴重な原画などを見ることができる展示室もさることながら、興味が引かれるのは藤子・F・不二雄氏の仕事場を再現した「先生の部屋」コーナーや、家庭人としての氏の様子が垣間見える「先生のにちようび」の展示物だ。再現された仕事場には膨大な書籍や映画のレーザーディスク、鉄道模型や恐竜の化石といったコレクションなど約1万点が展示されており、氏の多彩な趣味や旺盛な好奇心に触れることができると同時に、発想の源泉と世界観をうかがい知ることができる。クラシック音楽や落語が好きだったこともわかった。
 また、どんなに忙しいときでも、日曜日は必ず休んで家族との時間を大切にする人物であったことは、氏の作風の温かさと重なる。館内の壁面や案内板、エレベーター表示や順路矢印、トイレなどにもいろんなキャラクターが登場し、氏の遊びごころにあふれたミュージアムであった。

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム

館内の随所にわかる人にはわかる楽しい発見を楽しむことができる、子供から大人までゆっくり過ごせるミュージアム。ジャイアンとカツ丼(みそ汁付)1,000 円、スネ夫ヘアーチョコクレープ700 円、ラーメン大好き小池さん(いなり付)900 円など作品にちなんだメニューが楽しいカフェは大人気で時間帯によってはなかなか入れないが、ドラ焼200 円やアンキパンラスク120 円などをテイクアウトして屋上の「はらっぱ」で楽しむのが遠足らしいかもしれない。

〔住〕川崎市多摩区長尾2-8-1 〔問〕0570-055-245 〔入館時間〕10:00、12:00、14:00、16:00 の1日4 回。※日時指定による完全予約制 〔開館〕10:00 ~ 18:00 〔休〕火曜12/30~1/3 (4/29~5/5、7/20~8/31は開館) 〔 入館料〕大人1,000 円、中高生700 円、子供(4 歳以上)500 円、3 歳以下無料 http://fujiko-museum.com

*掲載時の内容ですので、開館時間・休日が記載と異なる場合があります。ご来館時は事前にご確認ください。

こちらの記事もどうぞ

新着記事

  • 2023.11.30
    映画音楽は調理の音、風の音、鳥のさえずり!?『ポト...

    12月15日(金)より全国順次公開

  • 2023.11.30
    紅白歌合戦での46回の紅組最多出場を誇り、さらに前...

    「津軽海峡・冬景色」に次ぐ旅情三部作の一曲

  • 2023.11.28
    新宿駅をキャンドルで灯す参加型イベント「Candl...

    12月の新宿駅を彩るイベント

  • 2023.11.28
    「快獣ブースカ」、「ウルトラセブン」ほかで見られる...

    文=高田雅彦

  • 2023.11.28
    12月21日(木)トーク付一般試写会『弟は僕のヒー...

    応募〆切:12月14日(木)

  • 2023.11.27
    [特集]  今日を美しく明日はもっと美しく ~『1...

    文=太田治子

  • 2023.11.27
    待望の大林宣彦監督との初仕事に挑んだ『水の旅人 侍...

    文=河井真也

  • 2023.11.26
    新連載②【キジュからの現場報告記】 ─ 萩原 朔美...

    第2回「私という現象から脱出する」

  • 2023.11.24
    東京の新しいランドマーク[麻布台ヒルズ]開業初日か...

    11月24日(金)遂に開業!

  • 2023.11.24
    道に山の尾根が!

    曲線が山の峰筋に見える

特集 special feature 

VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いなる遺産

特集 VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いな...

「逝ける映画人を偲んで2021-2022」文=米谷紳之介

放浪の画家「山下 清の世界」を今。

特集 放浪の画家「山下 清の世界」を今。

「放浪の虫」の因って来たるところ 文=大竹昭子

「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

特集 「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

「いい顔」と「いい顔」が醸す小津映画の後味 文=米谷紳之介

人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

特集 人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

わが母とともに、祐三のパリへ  文=太田治子

ユーミン、半世紀の音楽旅

特集 ユーミン、半世紀の音楽旅

いつもユーミンが流れていた 文=有吉玉青

没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、展覧会「萩原朔太郎大全」の旅 

特集 没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、...

言葉の素顔とは?「萩原朔太郎大全」の試み。文=萩原朔美

喜劇の人 森繁久彌

特集 喜劇の人 森繁久彌

戦後昭和を元気にした<社長シリーズ>と<駅前シリーズ>

映画俳優 三船敏郎

特集 映画俳優 三船敏郎

戦後映画最大のスター〝世界のミフネ〟

「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の流行歌 

昭和歌謡 「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の...

第一弾 天地真理、安達明、久保浩、美樹克彦、あべ静江

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

特集 故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

特集 仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」等全22作の根幹とは

挑戦し続ける劇団四季

特集 挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

特集 御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

特集 寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

特集 アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

特集 東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

特集 「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

特集 俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン 文=山川静夫

「芸術座」という血統

特集 「芸術座」という血統

シアタークリエへ

秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

特集 秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

役柄と素顔のはざまで

秋山庄太郎ポートレートの美学

特集 秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

特集 久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

特集 加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

特集 昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

特集 西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

特集 「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

特集 川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

特集 ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

特集 中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

向田邦子の散歩道

特集 向田邦子の散歩道

「昭和の姉」とすごした風景

information »

new 新宿駅をキャンドルで灯す参加型イベント「Candle Night @ Shinjuku 2023 -新宿想い線-」鉄道5社の主催で開催!

都市 新宿駅をキャンドルで灯す参加型イベント「...

12月の新宿駅を彩るイベント

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

Present

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.2

PEOPLE frontline Vol.2
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!