23.06.27 update

第28回 新東宝も〝定番〟ロケ地は成城 Vol.2

 成城の街並みや商店街が見られる新東宝作品には、以前ご紹介した、戦犯死刑囚問題を扱った力作『モンテンルパの夜は更けて』(52年/青柳信雄監督:見られるのは成城南口商店街)、佐分利信が監督したメロドラマ『慟哭』(同:小田急線踏切)、雪村いづみが元気な女学生を演じた『乾杯!女学生』(54年/井上梅次監督:北口商店街)、前述の‶スーパージャイアンツ〟シリーズ中の『鋼鉄の巨人 怪星人の魔城』と『同 地球滅亡寸前』(57年/石井輝夫監督:北口商店街と駅前広場)、のちに「ウルトラセブン」でキリヤマ隊長を演じる中山昭二主演の『殺人犯 七つの顔』(59年/三輪彰監督:旧成城警察署)などがある。

 面白いのは、天知茂が‶悪漢〟憲兵に扮した『憲兵と幽霊』(58年中川信夫監督)で、戦時中との設定にもかかわらず成城商店街の店先が(多少の装飾は施されているが)そのまま使われていることである。それだけ成城の商店街が古臭かった(?)ことの表れで、江利チエミの『サザエさん』シリーズ(56年~:東宝)に下町商店街として登場することも心から納得できる。天知茂の新聞記者が地方都市のボス・丹波哲郎の悪事を暴く『無警察』(59年/小森白監督)は、静岡らしき地方都市で展開されていたカーチェイスがいきなり成城に移るという出鱈目さ(?)が魅力だ。

 新東宝末期作品の『胎動期 私たちは天使じゃない』(61年/三輪彰監督)は、看護婦養成学校で‶白衣の天使〟の卵たちが苦闘する物語。新藤兼人の脚本だけに、粘りっこい展開に唸らされるうえ、豪華女優陣の出演も見もの。学校の最寄り駅は「東海医大前」という設定だが、ロケ地は成城学園前駅の南口で、昭和30年代の橋上駅舎(改札口が二階にある)の姿が確認できる。当南口をP.C.L.社長(当時)の植村泰二が資金を拠出して造ったことなど、地元の方でもご存知の方は少ないだろう。

▲ノスタルジーを覚える1976年の成城学園前駅南口風景 写真提供:成城学園教育研究所 画像処理:PaC TalZ/岡本和泉

 植木等の出世作『ニッポン無責任時代』(62年/古澤憲吾監督:東宝)や園まり主演の歌謡映画『逢いたくて逢いたくて』(66年/江崎実生監督:日活)などでロケ地となったのが、成城五丁目にあった旧中村邸である。大谷石の土坡(どは)の上に生け垣が配された外周は、成城学園が街づくりを始めたとき以来の典型的スタイルで、大映が制作したテレビドラマ「少年ジェット」(59~60年:CX)でも、ジェットとブラックデビルの対決シーンが当邸宅前で撮影されている。
 そんな成城らしい大邸宅に、某国諜報組織の地下基地が作られているという荒唐無稽の設定の映画が『地下帝国の処刑室』(60年)という新東宝映画だ。監督は成城に居住した並木鏡太郎で、のちに成城に住まう宇津井健扮する公安Gメンが捜査に当たる。ラストの銃撃戦で見られる中庭の光景は、『ニッポン無責任時代』のセットとほぼ同じ。どちらも実際の中村邸を模してセットを造ったことが窺える。近距離で撃ち合っているのに、ほとんど弾が当たらないのは「月光仮面」(58~59年:KRテレビ)と同様。社長・大蔵貢のモットー「安く、早く、面白く」どおりのチープな展開で、当時の観客も新東宝の行く先を案じたに違いない(倒産は翌61年のこと)。
 当中村邸は、新東宝最末期の『狂熱の果て』でも、六本木族の若者が騒ぎを起こす大富豪の家として登場。その後も長く建物をとどめていたが、今では別の豪邸に建て替わっている。

 ほんの一部の作品しか見ていない筆者でも、これほど多くの成城の風景を発見できたのだから、新東宝作品には他にもたくさんの‶成城ロケ映画〟があるはず。今後も上映・放映の折には、目を皿のようにして見なければなりません。

(註1)砧小学校は、『青い山脈』(49年/今井正監督)で原節子が教師を務める女学校、同じく東宝の『あすなろ物語』(55年/堀川弘通監督)では主人公の少年(久保賢)が通う学校として登場。両撮影所からも近く、歴史を感じさせる校舎だったことから、様々な映画でロケに使用された。


高田 雅彦(たかだ まさひこ)
1955年1月、山形市生まれ。生家が東宝映画封切館の株主だったことから、幼少時より東宝作品に親しむ。黒澤映画、クレージー映画、特撮作品には特に熱中。三船敏郎と植木等、ゴジラが三大アイドルとなる。東宝撮影所が近いという理由で選んだ成城大卒業後は、成城学園に勤務。ライフワークとして、東宝を中心とした日本映画研究を続ける。現在は、成城近辺の「ロケ地巡りツアー」講師や映画講座、映画文筆を中心に活動、クレージー・ソングの再現に注力するバンドマンでもある。著書に『成城映画散歩』(白桃書房)、『三船敏郎、この10本』(同)、『七人の侍 ロケ地の謎を探る』(アルファベータブックス)、近著として『今だから! 植木等』(同2022年1月刊)がある。

1 2 3

映画は死なず

新着記事

  • 2024.03.04
    なぜ世田谷区はアーティストの街になったか。その3「...

    梅が丘~新宿まで

  • 2024.03.01
    今から準備、青森県内の美術館5館によるアートフェス...

    青森県で現代美術を楽しむ!

  • 2024.03.01
    金塊強盗からスーパースターへ!信じられないような実...

    応募〆切:3月25日(月)

  • 2024.03.01
    森美術館 ブラック・アートと日本の「民藝」の融合、...

    4月24日(水)~9月1日(日)

  • 2024.03.01
    なぜ世田谷区はアーティストの街になったか。その2「...

    祖師ケ谷大蔵~豪徳寺

  • 2024.02.29
    美空ひばり、成城の通りで歌う! 〝成城ロケ映画〟の...

    文=高田雅彦

  • 2024.02.29
    『ブギウギ』の淡谷のり子のドレスアップと重なる燕尾...

    東映映画『国定忠治』の名文句が忘れられない

  • 2024.02.28
    小林武史、三上博史、山口智子、種田陽平……映画『ス...

    文=河井真也

  • 2024.02.28
    破天荒なドイツのラッパーのサクセスストーリー!『女...

    3月29日(金)より全国順次公開

  • 2024.02.27
    芝居はボケ防止になるという話─萩原 朔美の日々 ...

    楽屋での雑談もまた楽し

特集 special feature 

わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の  「芸業」

特集 わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の 「芸業...

棟方志功の誤解 文=榎本了壱

VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いなる遺産

特集 VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いな...

「逝ける映画人を偲んで2021-2022」文=米谷紳之介

放浪の画家「山下 清の世界」を今。

特集 放浪の画家「山下 清の世界」を今。

「放浪の虫」の因って来たるところ 文=大竹昭子

「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

特集 「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

「いい顔」と「いい顔」が醸す小津映画の後味 文=米谷紳之介

人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

特集 人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

わが母とともに、祐三のパリへ  文=太田治子

ユーミン、半世紀の音楽旅

特集 ユーミン、半世紀の音楽旅

いつもユーミンが流れていた 文=有吉玉青

没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、展覧会「萩原朔太郎大全」の旅 

特集 没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、...

言葉の素顔とは?「萩原朔太郎大全」の試み。文=萩原朔美

「芸術座」という血統

特集 「芸術座」という血統

シアタークリエへ

喜劇の人 森繁久彌

特集 喜劇の人 森繁久彌

戦後昭和を元気にした<社長シリーズ>と<駅前シリーズ>

映画俳優 三船敏郎

特集 映画俳優 三船敏郎

戦後映画最大のスター〝世界のミフネ〟

「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の流行歌 

昭和歌謡 「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の...

第一弾 天地真理、安達明、久保浩、美樹克彦、あべ静江

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

特集 故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

特集 仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」等全22作の根幹とは

挑戦し続ける劇団四季

特集 挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

特集 御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

特集 寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

特集 アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

特集 東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

特集 「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

特集 俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン 文=山川静夫

秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

特集 秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

役柄と素顔のはざまで

秋山庄太郎ポートレートの美学

特集 秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

特集 久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

特集 加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

特集 昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

特集 西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

特集 「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

特集 川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

特集 ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

特集 中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

向田邦子の散歩道

特集 向田邦子の散歩道

「昭和の姉」とすごした風景

information »

new 森ビルの「ヒルズ街育プロジェクト」が文部科学大臣賞を受賞

都市 森ビルの「ヒルズ街育プロジェクト」が文部...

森ビルの街づくりが表彰される!

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!