第1回『七人の侍』は〝成城メイド〟の映画


文:高田 雅彦

1932年、東宝の前身であるP.C.L.(写真化学研究所)が
成城に撮影用の大ステージを建設し、東宝撮影所、砧撮影所などと呼ばれた。
以来、成城の地には映画監督や、スター俳優たちが居を構えるようになり、
昭和の成城の街はさしずめ日本のビバリーヒルズといった様相を呈していた。
街を歩けば、三船敏郎がゴムぞうりで散歩していたり、
自転車に乗った司葉子に遭遇するのも日常のスケッチだった。
成城に住んだキラ星のごとき映画人たちのとっておきのエピソード、
成城のあの場所、この場所で撮影された映画の数々をご紹介しながら
あの輝きにあふれた昭和の銀幕散歩へと出かけるとしましょう。

 今や高級住宅地として、全国的にその名を知られる成城。その街の成り立ちは、1925年、一面の林野だった東京府北多摩郡砧村に、牛込原町(現在の新宿区)から成城学園の元となる成城第二中学校と併設の小学校が移転してきたことによる。

‶白亜の殿堂〟と呼び称されたP.C.L.の大ステージ。周りは畑と林ばかり ⒸTOHO(提供:東宝スタジオ)

 二年後の小田急線開通(1927年)を経て、1932年には東宝の前身P.C.L.(写真化学研究所)が「成城学園前」駅の南方にトーキー撮影用の大ステージを建造。これにより学園町であった成城(1930年に学園の名が地名につく)は、文化人のみならず多くの映画監督やスタッフ、煌めくスター俳優たちが住む街となっていく。

 昨2020年に、生誕百十年を迎えた黒澤明。この世界的監督も晩年は成城住まいだったが、長くコンビを組んだ三船敏郎(昨年が生誕百年)は、デビュー作『銀嶺の果て』(47年谷口千吉監督)撮影直後から成城で下宿生活を始めた、言わば生粋の〝成城人〟。やがて三船は、自邸ばかりか自らのプロダクションと撮影所もここ成城に置くこととなる。

 この二人が作り上げた作品が、海外で高い評価を受けているのはご存知のとおり。中でもひときわ人気が高く、〈映画の教科書〉、〈映画の中の映画〉とまで称されているのが『七人の侍』(54年)である。

 戦国時代、野武士の略奪を受ける農村を自己犠牲的精神で守り抜く侍たちの行為を、圧倒的なアクションと抒情性をもって描く本作。スティーヴン・スピルバーグやジョージ・ルーカスに愛されたことはもちろん、英国では最近に至るまで「史上最高の外国語映画」ベストワンの座を保ち続けている。

 同じ年に公開され、これまた海外での人気が高い『ゴジラ』とともに今もスタジオ入口に巨大壁画がそびえ立っているのは、東宝が両作品への敬意と謝意を失っていない証であろう。

東宝スタジオ・メインゲート前にはこの壁画とゴジラの像があり、道行く人の足を止める。©1954,2007 TOHO co.,LTD

 本作撮影地の詳細については、拙著『七人の侍 ロケ地の謎を探る』をお読みいただきたいが、東京、神奈川、静岡を跨ぎ、1年余をかけて製作されたこの時代劇巨編の主たる撮影現場は、成城の南端に接する大蔵の農地であった。北は福島、西は白川郷まで一ヶ所で撮影できるロケ地を探したものの、適当な場所は見当たらず、結局、黒澤は静岡県函南町の下丹那、伊豆の堀切、御殿場の二の岡、そして、ここ大蔵の四ヶ所で村の攻防戦を撮ることとなる――。

 特筆すべきは、侍役で出演した俳優のうち四人までもが成城の住人であったこと。菊千代の三船敏郎をはじめ、志村喬(勘兵衛)、加東大介(七郎次)、千秋実(平八)はみな、成城の近所に住まっていたのだ(黒澤はこのとき、狛江「泉龍寺」地所内に居住)。美術助手だった村木与四郎、記録の野上照代、B班監督の小田基義も成城住まいで、利吉を演じた土屋嘉男は当時、狛江の黒澤邸に居候中だったが、最晩年は成城の住人となった。

 加えて、黒澤が過労により撮影途中で入院したのが成城学園正門前の木下病院(註1)であったこと、クランクイン当日に撮った豪農の家とクランクアップ時の野武士の山塞がともに東宝撮影所北端のオープンセット用地(中島春雄はここを〝北海道オープン〟と呼ぶ)に設けられ、山塞の火を消したのが成城消防署の消防士たちであったこと、さらには、村を襲う野武士の馬の調達場所のひとつが成城大学馬術部であったこと、これに美術の松山崇とチーフ助監督の堀川弘通が旧制成城高等学校出身であった事実も含めれば、本作を〝成城メイド〟の映画と呼ぶことに異論のある方は一人もおられまい。音楽を担当した早坂文雄(註2)もまた、成城の隣町(砧)の住人であった。

 ちなみに、『ゴジラ』の監督、本多猪四郎も成城住まい。ゴジラの着ぐるみが造形されたのはP.C.L.が最初に設けた研究所施設(成城消防署前にあった)内で、ゴジラは毎日ここからリヤカーで撮影所に運ばれていったという。

 次回の登場人物は、〝世界のミフネ〟こと三船敏郎。成城が生んだ、この偉大なる俳優の豪快かつ繊細なエピソードをどうぞお楽しみに。

(註1)犬童一心監督は成城の木下病院生まれ。本人が語るには、隣の病室に入院中の母親を見舞った市川崑監督から抱いてもらった経験があるという。

(註2)早坂の死後、遺児たちが経営していたアパートに入居したのが、成城大学の学生だった大林宣彦監督である。

たかだ まさひこ
1955年1月、山形市生まれ。生家が東宝封切館「山形宝塚劇場」の株主だったことから、幼少時より東宝映画に親しむ。黒澤映画、クレージー映画、特撮作品には特に熱中。三船敏郎と植木等、ゴジラが三大アイドルとなる。大学は東宝撮影所に近い成城大を選択、卒業後は成城学園に勤務しながら、東宝を中心とした日本映画研究を続ける。現在は、成城近辺の「ロケ地巡りツアー」講師や映画講座、映画文筆を中心に活動。著書に『成城映画散歩』(白桃書房)、『三船敏郎、この10本』(同)、『七人の侍 ロケ地の謎を探る』(アルファベータブックス)、共著に『山の手「成城」の社会史』(青弓社)がある。

サントリー美術館様
森美術館

特集 special feature 

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

ウイスキーという郷愁

ウイスキーという郷愁

いつか「ダルマ」が飲める大人になってやる

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

information

下北線路街にホテルが出現、「MUSTARD HOTEL SHIMOKITAZAWA」開業

下北線路街にホテルが出現、「MUSTARD HOTEL SHIMOKI...

下北沢に新しいホテルとエンタメカフェが誕生!

世界初!新型コロナ対策の寝具誕生

世界初!新型コロナ対策の寝具誕生

マニフレックスで安心の熟睡

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

小田急沿線さんぽ archives

読者の声

コモレバクラブ

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!