第4回 胸が躍る ヒッチ・サスペンスの仲間たち

人生百年時代――とはいえ、老いさらばえて100歳を迎えたくはない。
健康で生気みなぎるような日々を過ごせてこそ、ナイス・エイジングだ!
西洋医学だけでなく東洋医学、ホメオパシー、代替医療まで、
人間を丸ごととらえるホリスティック医学でガン治療を諦めない医師、
帯津良一の養生訓は、「こころの深奥に〝ときめき〟あれ」と説く。


文=帯津良一

 物資が窮乏を極めた太平洋戦争の終戦直後、書店店頭に最初に現れたのは野村胡堂(1882~1963)の『銭形平次捕物控』と佐々木味津三(1896~1934)の『右門捕物帖』であった。状況が緊迫すればするほど本性が現われると考えるならば、サスペンス好きは人間の本性なのだろう。

 アルフレッド・ヒッチコックの映画が好かれるわけである。なかでも好きなのが、『北北西に進路を取れ』(1959年)である。主役はケーリー・グラントにエヴァ・マリー・セイント。悪役にジェームズ・メイソンとマーティン・ランドー。主役のケーリー・グラントは知性に男のやさしさ、それに芯の強さが加わって、この手の役回りにはぴったりだ。

ヒッチコック監督の集大成とも言われる巻き込まれ型サスペンス映画の名作『北北西に進路を取れ』1959年

 実際、『泥棒成金』(監督A・ヒッチコック 共演グレイス・ケリー、1955年)および、『シャレード』(監督スタンリー・ドーネン 共演オードリー・ヘプバーン 1963年)でも好演している。

 謎の女を演ずるエヴァ・マリー・セイントがまたいい。作家の半村良さんがどこかに、

「男は謎めいたところがあったほうがいい」と書いたが、謎めいた女も悪くない。妙な色気があるのだ。どんな素性の女かと思ってしらべてみておどろいた。

『波止場』(監督エリア・カザン 1954年)にマーロン・ブランドの相手役として映画初出演を果たした上に、なんとアカデミー助演女優賞の栄誉に輝いているのだ。やはり只者ではなかったのだ。

 さらに、ヒッチ・サスペンスで忘れられない作品に『裏窓』(共演グレイス・ケリー 1954年)と、『知りすぎていた男』(共演ドリス・デイ 1956年)がある。どちらも主演はジェームス・スチュアート。これがまた、ケーリー・グラントと同じく知性に男のやさしさの上に芯の強さを伴った男なのである。どうやらこの手の男がヒッチ好みなのだろう。

ヒッチコックの最高傑作と評される一級サスペンス『裏窓』1954年

 こうして、ヒッチ・サスペンスのあれこれに思いを馳せていると、肝腎のヒッチ監督の晩年が気になってくる。幸せな後半生を送ってくれたろうか。まずは没年をしらべてみる。数え年で82歳だ。うん、当時としては十分生きている、大丈夫だ!

 ケーリー・グランドはどうだ、うん、83歳。ジェームス・スチュアートは90歳。やはりいい仕事をした人は幸せな後半生を手にすることができるのだ。エヴァは? なんと97歳でまだ存命中である。やはり謎の女だ。こちらまで幸せになってくるというものだ。

 

おびつ りょういち
1936年埼玉県川越市生まれ。東京大学医学部卒業、医学博士。東京大学医学部第三外科に入局し、その後、都立駒込病院外科医長などを経て、1982年、埼玉県川越市に帯津三敬病院を設立。そして2004年には、池袋に統合医学の拠点、帯津三敬塾クリニックを開設現在に至る。日本ホリスティック医学協会名誉会長、日本ホメオパシー医学会理事長著書も「代替療法はなぜ効くのか?」「健康問答」「ホリスティック養生訓」など多数あり。その数は100冊を超える。現在も全国で講演活動を行っている。講演スケジュールなどは、https://www.obitsusankei.or.jp/をご覧ください。

こちらの記事もどうぞ
サントリー美術館様

特集 special feature 

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ 

読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!