吉永小百合が憧れた 女優・芦川いづみ

プロマイドで綴る
わが心の昭和アイドル&スター

企画協力・写真提供:マルベル堂

大スター、名俳優ということで語られることがない人たちかもしれないが、
青春の日々に密かに胸をこがし、心をときめかせた私だけのアイドルやスターたちがいる。
今でも当時の映画を観たり、歌声を聴くと、憧れの俳優や歌手たちの面影が浮かび、懐かしい青春の日々が甦る。
プロマイドの中で永遠に輝き続ける昭和の〝わが青春のアイドル〟たちよ、今ひとたび。

©マルベル堂

 霧の桟橋を赤木圭一郎と芦川いづみが歩いている。そして航海士の赤木は芦川に別れを告げ船に乗り込む。そこに赤木が歌う主題歌が流れる。昭和35年公開『霧笛が俺を呼んでいる』のラストシーンだ。同じ日活の小林旭主演の『ギターを持った渡り鳥』と並び、このラストシーンは、時代を経てテレビなどで観ても、その度に映画館で映画を観ることが最高の娯楽だった昭和の匂いのあの映画館へと連れて行ってくれる。父と母と一緒に映画を観た小学生のあの日が総天然色で甦る。

 そして、芦川いづみは色褪せることなく、あの頃と同じように、僕の胸をキュンとしめつける。芦川いづみは僕にとって、憧れのお姉さんでもあり、同時に僕を少年時代に体験した映画館の匂いと景色の中に引き込む女優である。実は僕にとって日活映画のヒロインは浅丘ルリ子だったが、芦川いづみは、ルリ子嬢とは別の、僕の青春のひきだしに入っている女優なのだ。

 やはり昭和35年公開で、裕次郎と共演した石坂洋次郎原作の『あじさいの歌』での清純な令嬢役も忘れ難い。芦川いづみには『乳母車』『陽のあたる坂道』『あいつと私』など石坂作品がよく似合った。清純派の代名詞のような女優だった芦川が『硝子のジョニー・野獣のように見えて』(昭和37年)で演じた白痴のヒロインは、今までに観たことがない芦川との出会いだった。初めて見せるへの字口の変顔表情や、無垢な笑顔、そのすべてにヒロインの孤独や悲しみを浮かび上がらせる哀切感がただよっていたような気がする。芦川自身が選ぶベストワンだという。

 昭和43年に当時日活で格下だった俳優の藤竜也と結婚し、あっさりと引退してしまった。そのことで人々の記憶に彼女が一層美しく存在しているかもしれない。イラストレーターの故・安西水丸さんは、芦川いづみと聞くと一瞬にして自身の青春時代が浮かんでくると言い、「もう、芦川いづみのような女優は出てこないだろう。芦川いづみは世界に一人しかいない人だから」と語っていた。芦川、浅丘、吉永小百合、和泉雅子が四姉妹を演じた『若草物語』(昭和39年)も、日本映画の青春時代の1本として偏愛的におススメしたい。

文:渋村 徹(フリーエディター)

プロマイドのマルベル堂

大正10年(1921)、浅草・新仲見世通りにプロマイド店として開業したマルベル堂。昭和のプロマイド全盛期には、マルベル堂のプロマイド売上ランキングが、スターの人気度を知る一つの目安になっていた。撮影したスターは、俳優、歌手、噺家、スポーツ選手まで2,500名以上。現在保有しているプロマイドの版数は85,000版を超えるという。ファンの目線を何よりも大切にし、スターに正面から照明を当て、カメラ目線で撮られた、いわゆる〝マルベルポーズ〟がプロマイドの定番になっている。現在も変わらず新仲見世通りでプロマイドの販売が続けられている。

〔住〕台東区浅草1-30-6 〔問〕03-3844-1445 〔営〕11:00~19:00〔休〕年中無休

マルベル堂 スタジオ
家族写真や成人式の写真に遺影撮影など、マルベル堂では一般の方々の専用スタジオでのプロマイド撮影も受けている。特に人気なのが<マルベル80’S>で、70~80年代風のアイドル衣装や懐かしのファッションで、胸キュンもののアイドルポーズでの撮影が体験できるというもの。プロマイドの王道をマルベル堂が演出してくれる。料金は12,000円(税抜)で、プロマイド5枚とCDデータがつく(但し、商用利用や二次利用は不可)。
〔住〕台東区雷門1-14-6黒澤ビル3F
※撮影のご予約・お問い合わせはマルベル堂 プロマイド店まで。

読者の皆さまへ

あなたが心をときめかせ、夢中になった、プロマイドを買うほどに熱中した昭和の俳優や歌手を教えてください。コメントを添えていただけますと嬉しいです。もちろん、ここでご紹介するスターたちに対するコメントも大歓迎です。

こちらの記事もどうぞ
サントリー美術館様

特集 special feature 

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」など全22作の根幹とは

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ

丸山智己さんと狛江

丸山智己さんと狛江

~郊外住宅地・狛江の夜を愉しむ~

光石研さんと梅が丘

光石研さんと梅が丘

普段着の味わいがする「梅ヶ丘」を楽しむ

千歳船橋と町田啓太さん

千歳船橋と町田啓太さん

千歳船橋は名優が暮した町

松下洸平さんと参宮橋

松下洸平さんと参宮橋

参宮橋は大都会の隣町の風情

鈴木伸之さんと喜多見

鈴木伸之さんと喜多見

喜多見は〝ほどよい〟郊外タウン

蒼彦太さんと読売ランド前

蒼彦太さんと読売ランド前

遊園地の町「読売ランド前」で大人の休日を楽しむ

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.2

PEOPLE frontline Vol.2
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial