23.02.23 update

【わが昭和歌謡はドーナツ盤】御茶ノ水駅に降り立つと思い出す、さだまさしのイラストがジャケットになった「檸檬」

 昨年2022年は、さだまさしにとって、歌手活動50年の節目の年だった。

 通算4500回を優に超えるというコンサート活動、作った楽曲は600を超え、毎年10曲もの新曲をつくり、アルバムも1枚は必ずリリースしているという。ひと口に4500回といってもピンと来ないが、計算してみると年間90回以上、1年の4分の1は全国津々浦々でコンサートをしているのだから、とてつもない回数だ。

 小説家、映画監督といった顔もあれば、朝ドラ「舞いあがれ!」ではナレーション、視聴者とハガキで繋がる「今夜も生でさだまさし」も2006年から続く長寿番組だ。軽妙なトークで笑わせ、「人生は明るく、歌は暗く」が本人のモットーだと聞いたことがあるが、振り返ると私も彼のトークや歌に何度も笑い励まされてきた。

 さだまさしは、1972年にフォークソングデュオ「GRAPE (グレープ)」としてデビューした。郷ひろみ、西城秀樹、ユーミンのデビューもこの年だ。「精霊流し」「無縁坂」「縁切寺」という名曲を残し、4年後解散。約半年の休養後、ソロで活動を始め、最初に出したアルバムが『帰去来』だった。「多情多心」から始まり、「線香花火」「異邦人」「第三病棟」、B面の「童話作家」「転宅」「胡桃の日」と進み、もう一度「多情多心」。友人と並んで聴いていたが、二人でホロリとした。夏には母に浴衣を作ってもらい、「線香花火」に火をつけ、その世界に浸ったものだ。

 その後、アルバム『風見鶏』(1977)、『私花集(アンソロジ)』(78)、『夢供養』(79)と、毎年1枚ずつ増えていくのが楽しみだった。同時に、さだまさしの作詩の素晴らしさにあらためて心打たれたのだった。

 例えば、高校生になって漢文の授業で、陶淵明の「帰去来辞」を目にする。アルバム『帰去来』は休養から元気に戻って来たということをタイトルに思いを込めたこと。アルバム『風見鶏』の中にある「飛梅」という曲は、太宰府天満宮を舞台に、菅原道真の伝説をモチーフにしており、道真の読んだ和歌「東風(こち)吹かば にほひをこせよ 梅の花 主なしとて 春を忘れそ」がさりげなく入っているのだ。

 アルバム『私花集』にある「檸檬」は、梶井基次郎の小説から着想し、御茶ノ水を舞台にして湯島聖堂や聖橋やスクランブル交差点を登場させ、青春の哀愁を見事に歌い上げている。さらに、アルバム『夢供養』の中の「まほろば」は、奈良の春日大社を訪れた恋人たちのすれ違いを歌っている。「馬酔木」を(あせび)と(まよいぎ)と読ませるところは、聴いただけでは理解できなかったが、歌詩を見て納得した。「懸想文(けそうぶみ)」、奈良にかかる枕詞「青丹(あをに)よし」というのも出てくる。日本語の奥行を感じる印象的な言葉が多く、さだのつくる詩の世界の豊かさに心が震えた。

「檸檬」は、アルバムが先行し、1978年8月10日にシングル盤がリリースされた。そのジャケットは、曲の舞台となった聖橋の見える風景をイラストにしているが、これはさだ本人が描いたものだ。左下に「マサシ画」とはっきり見える。このジャケットが欲しくて、シングル盤を買ったのだった。「檸檬」の中に出てくる、「金糸雀(かなりあ)色の風」、「青春たちの姥捨山」など、思いつかないような言葉を生み出すさだは、私には「言葉の魔法使い」のように思えた。日本的な情緒を織り交ぜながら作られた曲もあれば、ユーモア溢れる歌詩の曲もある。この4枚のアルバムと、「檸檬」のドーナツ盤は宝物で、今でも御茶ノ水に行けば、真っ先に浮かぶのは「檸檬」の曲だ。

 昨年は、フォークデュオ「GRAPE」として、「GRAPE 50年坂 一夜限りのグレープ復活コンサート」が結成記念日の11月3日に開催された。グレープ時代の過去の曲だけの披露ではなく、相方の吉田もコンサートをやるなら、進化していなければいけないという覚悟だった。そのためには50年目のグレープとして新曲をコンサートで歌う。そのドキュメンタリーが、NHKの「プロフェッショナル」で映し出されていた。

 さだはギターをつま弾きながら今までにないメロディーを探し、そこに詩をつけていく。しかし、なかなか言葉が出てこない。「もーいやだ、いやだ」と唸りながら、独特のユーモアではあるが、魔法が使える〝ドラえもん〟にでもすがりたい心境なのだろう。ドラえもんのシャツを着て曲づくりに苦しむ姿が印象深かった。

 そして47年ぶりにオリジナル・アルバム「グレープセンセーション」が2月15日にリリースされた。「精霊流し」「無縁坂」「縁切寺」はセルフカバーの新録で、全10曲のうち7曲は新曲だ。仲間たちと力を結集し、つくり上げたアルバムなのだろう。私も記念に残したい。

 さだの作った楽曲で知った「湯島聖堂」と「湯島天神」。今ごろはどちらの梅も咲いたことだろう。久しぶりに訪ねてみようと思う。

文:黒澤百々子 イラスト:山﨑杉夫

アナログレコードの1分間45回転で、中央の円孔が大きいシングルレコード盤をドーナツ盤と呼んでいた。
昭和の歌謡界では、およそ3か月に1枚の頻度で、人気歌手たちは新曲をリリースしていて、新譜の発売日には、学校帰りなどに必ず近所のレコード店に立ち寄っていた。
お目当ての歌手の名前が記されたインデックスから、一枚ずつレコードをめくっていくのが好きだった。ジャケットを見るのも楽しかった。
1980年代に入り、コンパクトディスク(CD)の開発・普及により、アナログレコードは衰退するが、それでもオリジナル曲への愛着もあり、アナログレコードの愛好者は存在し続けた。
近年、レコード復活の兆しがあり、2021年にはアナログレコード専門店が新規に出店されるなど、レコード人気が再燃している気配がある。
ふと口ずさむ歌は、レコードで聴いていた昔のメロディだ。
ジャケット写真を思い出しながら、「コモレバ・コンピレーション・アルバム」の趣で、懐かしい曲の数々を毎週木曜に1曲ずつご紹介する。

映画は死なず

新着記事

  • 2024.05.28
    小田急電鉄の子育て応援マスコットキャラクター「もこ...

    6月4日から運行開始

  • 2024.05.28
    泉屋博古館東京 企画展「歌と物語の絵 ─雅やかな...

    6月1日(土)~7月21日(日)

  • 2024.05.27
    夏本番! ゲリラ豪雨の浸水を防いでくれる止水製品を...

    都市に起こる「内水氾濫」とは?

  • 2024.05.27
    駅前に佇む樹

    【スマホ散歩】孤高に聳え立つ

  • 2024.05.27
    仲代達矢と双璧をなす「俳優座」の逸材、平幹二朗は演...

    スケールの多い演技で、数々の賞を受賞

  • 2024.05.24
    吉永小百合とのコンビによる純愛路線映画『泥だらけの...

    日活青春スターとして忘れられない存在

  • 2024.05.24
    バブル期からの拝金主義で「他人を思いやることの大切...

    6月14日(金)全国公開

  • 2024.05.23
    イギリス新作映画初登場でナンバーワンの大ヒット!ま...

    6月7日(金)全国公開

  • 2024.05.23
    ホキ美術館「作家の視線─ 過去と現在、そして…」観...

    応募〆切:6月30日(日)

  • 2024.05.23
    明治期の数少ない近代洋風建築の「フェリーチェガーデ...

    6月1日(土)リニューアルオープン

特集 special feature 

わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の  「芸業」

特集 わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の 「芸業...

棟方志功の誤解 文=榎本了壱

VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いなる遺産

特集 VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いな...

「逝ける映画人を偲んで2021-2022」文=米谷紳之介

放浪の画家「山下 清の世界」を今。

特集 放浪の画家「山下 清の世界」を今。

「放浪の虫」の因って来たるところ 文=大竹昭子

「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

特集 「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

「いい顔」と「いい顔」が醸す小津映画の後味 文=米谷紳之介

人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

特集 人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

わが母とともに、祐三のパリへ  文=太田治子

ユーミン、半世紀の音楽旅

特集 ユーミン、半世紀の音楽旅

いつもユーミンが流れていた 文=有吉玉青

没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、展覧会「萩原朔太郎大全」の旅 

特集 没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、...

言葉の素顔とは?「萩原朔太郎大全」の試み。文=萩原朔美

「芸術座」という血統

特集 「芸術座」という血統

シアタークリエへ

喜劇の人 森繁久彌

特集 喜劇の人 森繁久彌

戦後昭和を元気にした<社長シリーズ>と<駅前シリーズ>

映画俳優 三船敏郎

特集 映画俳優 三船敏郎

戦後映画最大のスター〝世界のミフネ〟

「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の流行歌 

昭和歌謡 「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の...

第一弾 天地真理、安達明、久保浩、美樹克彦、あべ静江

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

特集 故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

特集 仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」等全22作の根幹とは

挑戦し続ける劇団四季

特集 挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

特集 御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

特集 寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

特集 アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

特集 東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

特集 「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

特集 俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン 文=山川静夫

秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

特集 秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

役柄と素顔のはざまで

秋山庄太郎ポートレートの美学

特集 秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

特集 久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

特集 加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

特集 昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

特集 西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

特集 「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

特集 川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

特集 ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

特集 中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

向田邦子の散歩道

特集 向田邦子の散歩道

「昭和の姉」とすごした風景

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!