23.03.30 update

【わが昭和歌謡はドーナツ盤】「ドリフの全員集合!」でカバーした「みよチャン」は、ロカビリー歌手・平尾昌晃作詞作曲の「ミヨチャン」だった

 仕事で遠出する朝の列車内。普段は乗らない路線だったが、高校生でごった返していた。よくよく見まわすと、あたり構わず抱き合ったり、頬を寄せあったりする制服男女が2組、3組。その人目も憚らないイチャイチャぶりに驚いたのは、もう10年以上も前のことだったか。周囲には同じ制服を着ている学生もいたが、見て見ぬふり、というより無関心。団塊の世代の年寄りにはとても想像のつかない光景を眼前にした。あ~時代は変わったんだ、という感慨に襲われたのだった。そう、ウブだったんですな、われわれの青春時代。気になる女子に近寄るだけでクラス中の噂になったし、聞きつけた強面の先輩から校舎の裏手に呼び出されもした。だいいち女子だって男子との交際がバレれば、すぐにふしだら女呼ばわりされるから、男子には見向きもせず慎ましかった(…と思う)。

 筆者がまだ小学4年生の昭和35年(1960)に売り出されて、大ヒットした平尾昌晃作詞作曲の「ミヨチャン」(ミヨちゃん)は、ウブだった少年の心根そのままの名曲である。 ……同じ高校2年の前髪垂らした可愛いミヨチャンに恋し、その円らな瞳を前にすると何にも言えなくなる僕は、ある日どこの誰かも分からない男と笑顔で寄り添っているミヨチャンを目撃してしまい、あえなく初恋に失敗。今にみていろ、僕だってかわいい恋人を見つけてやる……と結んでいる。ウブな高校2年生ではないか。列車のなかでイチャイチャする現代の高校生には初恋の味など知るはずもないだろう。
 さて当時の平尾昌晃はキングレコードから発売したソロで歌った「星は何でも知っている」(1958)のヒットに続けて、「ミヨチャン」を発表しいずれも100万枚の売上げを記録した。「星は何でも…」の歌唱は鼻にかかって甘えた歌い方だったが、「ミヨチャン」は歌い出しのセリフもチャかさず真面目に丁寧に歌っていた。この歌手が、あの「日劇ウエスタンカーニバル」でミッキー・カーチスや山下敬二郎らとギターを抱えて寝っ転びながら「監獄ロック」や「ダイアナ」を歌った〝ロカビリー〟の平尾昌晃とは思えなかった。実直な歌い方と歌詞の純朴さがウブな少年に響いていたのだ。のちに、ザ・ドリフターズの「全員集合!」で加藤茶といかりや長介が一部替え歌にしてカバーしたが、われら団塊世代の「ミヨチャン」は断然平尾昌晃のオリジナルなのだ。

 しかし、実は当時この歌をぼくら少年は、大きな声で歌うことは憚れた。名にし負う、不良少年の代表のような「ロカビリー三人男」の一人なのだ。テレビの歌謡番組で、昭和のロックを語るとき必ず映し出される日劇ウエスタンカーニバルのステージ。客席からのテープが乱舞し女性ファンにもみくちゃにされて舞台から引きずり降ろされる勢いの場面だ。アメリカ音楽がどんどん輸入されていた1960年代はロックンロールのスーパースター、エルヴィス・プレスリーが牽引していた。激しいリズムに腰を振りながら狂ったような歌唱は不良っぽさの極みで、そっくりそのまま平尾らはマネていたのだ。2022年のアメリカ映画『エルヴィス』が往時のロックンロールを再現していた通りだった。落語家の柳家金語楼の息子山下敬二郎は特に不良呼ばわりされていた記憶がある。団塊の少年たちもあの不良っぽい恰好よさに憧れていたが、どこかで学校の先生や親の目が気になっていた。ロカビリーの真似なんかすると、不良になっちゃうぞ、と自制していたのだ。それでも「ミヨチャン」と実在の同級生、森田知代子を「チヨちゃん」と準えて一人悦に入っていた。「ボクのかわいい チヨちゃんは~」と人に悟られないようにもごもごと口ずさんでいたのだ。

 間もなく、フォークソングやグループサウンズ隆盛の時代へと移っていくが、ちょうど1970年代に社会人になった頃から、カラオケが普及しはじめていた。我ら新人にとってカラオケの恐怖の経験は誰でもあるだろう。上司から、「おい歌え!」と命じられて、さっと歌える同僚がうらやましかった。ある夜、そろそろ命令が下ってきそうで歌詞本をひっくり返していると、「ミヨチャン」が出てきた! 流行っているフォークやGSの歌ではなく小学生の頃覚えていた「ミヨチャン」を思い切って歌った。 最後のセリフを言い終わらないうちに、上司は叫んでいた。「懐かしいなぁ、お前よく知っているなぁ、ミヨチャンなんて」と涙目だった。


 平尾昌晃は昭和の典型的なシンガーソング・ライターと言っていいだろう。アメリカン・ポップス、ロックンロール、ポップス、青春歌謡と昭和の音楽シーンに必ず登場するアーティストだった。「霧の摩周湖」(布施明)、「よこはま・たそがれ」(五木ひろし)、「わたしの城下町」、「瀬戸の花嫁」(小柳ルミ子)に始まり、作曲家として多くの歌手に楽曲を提供してきたことを知らぬ人はいないだろう。生前、ある宴席で席を同じにしたことがあるが、実に謙虚な人柄だったことを思い出すのである。かつて不良っぽかった若者が、歌謡スターを生み続ける大作曲家となり、NHKの紅白歌合戦のフィナーレに「蛍の光」の大合唱の指揮を執るほどになった。先年亡くなったが、今でも〝ロカビリー歌手・平尾昌晃〟という人生とともに「ミヨチャン」が聴こえてくる。

文=村澤次郎 イラスト=山崎杉夫

映画は死なず

新着記事

  • 2024.04.17
    国の「重要文化的景観」に選定された<葛飾柴又>の知...

    京成電車下町さんぽ<1>

  • 2024.04.17
    渡り鳥のように、4箇所をぐるぐる ─萩原 朔美 ...

    第12回 キジュからの現場報告

  • 2024.04.17
    利発で、正義感が強く、潔癖で、ちょっぴり生意気で、...

    昭和30年後半の大映映画の青春スター

  • 2024.04.11
    相模原出身のロックバンド (Alexandros ...

    相模大野駅の列車接近メロディ

  • 2024.04.11
    下町の太陽、庶民派女優といわれながら都会の大人の女...

    150万枚のミリオンセラーを記録

  • 2024.04.09
    一日限りの『男はつらいよ』シネマ・コンサート開催!...

    6月29日(土)開催

  • 2024.04.08
    六本木ヒルズ・東京シティビュー 「創刊50周年記念...

    応募〆切:5月17日(金)

  • 2024.04.05
    俳優座の仲間たちから〝モヤ〟と呼ばれ、映画舞台の両...

    4期生とし養成所に入所

  • 2024.04.05
    本年度読売演劇大賞の大賞受賞後、初となる藤田俊太郎...

    東京公演:4月7日(日)開幕

  • 2024.04.04
    最高に幸せな7日間のラブストーリー『ハピネス』舞台...

    応募〆切:4月22日(月)

特集 special feature 

わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の  「芸業」

特集 わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の 「芸業...

棟方志功の誤解 文=榎本了壱

VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いなる遺産

特集 VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いな...

「逝ける映画人を偲んで2021-2022」文=米谷紳之介

放浪の画家「山下 清の世界」を今。

特集 放浪の画家「山下 清の世界」を今。

「放浪の虫」の因って来たるところ 文=大竹昭子

「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

特集 「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

「いい顔」と「いい顔」が醸す小津映画の後味 文=米谷紳之介

人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

特集 人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

わが母とともに、祐三のパリへ  文=太田治子

ユーミン、半世紀の音楽旅

特集 ユーミン、半世紀の音楽旅

いつもユーミンが流れていた 文=有吉玉青

没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、展覧会「萩原朔太郎大全」の旅 

特集 没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、...

言葉の素顔とは?「萩原朔太郎大全」の試み。文=萩原朔美

「芸術座」という血統

特集 「芸術座」という血統

シアタークリエへ

喜劇の人 森繁久彌

特集 喜劇の人 森繁久彌

戦後昭和を元気にした<社長シリーズ>と<駅前シリーズ>

映画俳優 三船敏郎

特集 映画俳優 三船敏郎

戦後映画最大のスター〝世界のミフネ〟

「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の流行歌 

昭和歌謡 「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の...

第一弾 天地真理、安達明、久保浩、美樹克彦、あべ静江

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

特集 故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

特集 仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」等全22作の根幹とは

挑戦し続ける劇団四季

特集 挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

特集 御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

特集 寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

特集 アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

特集 東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

特集 「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

特集 俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン 文=山川静夫

秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

特集 秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

役柄と素顔のはざまで

秋山庄太郎ポートレートの美学

特集 秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

特集 久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

特集 加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

特集 昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

特集 西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

特集 「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

特集 川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

特集 ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

特集 中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

向田邦子の散歩道

特集 向田邦子の散歩道

「昭和の姉」とすごした風景

information »

new ロマンスカーミュージアムが3周年記念イベントを開催!

イベント ロマンスカーミュージアムが3周年記念イベ...

4月10日(水)~5月27日(日)

「箱根スイーツコレクション 2024」開催中 4月22日(月)まで キャンペーンも実施中

箱根 「箱根スイーツコレクション 2024」開...

Instagramをフォローして、素敵な賞品をゲットしよう

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!