23.10.26 update

ボニージャックスの「ちいさい秋みつけた」、こんな童謡を聴いて育った昭和の子どもたちは幸せだ

 残念ながら、ボニージャックスのメンバーの二人はすでに鬼籍に入っている。ジャズ、黒人霊歌、抒情歌、流行歌、ロシア民謡、フォークロア、日本の童謡、オリジナル曲まで、歌唱の幅は驚くばかりに広く、レパートリーは5000曲以上と言われるダークダックスと拮抗している。左からの立ち位置は、ベースの玉田元康(通称・のぼさん、89歳)、バリトンの鹿島武臣(通称・トラさん、89歳)、セカンド・テナーの大町正人(通称・アッちゃん、2011年7月8日逝去、享年73)、トップ・テナーの西脇久夫(通称・六さん、2021年8月30日逝去、享年85)と低音域から高音域に並ぶ。これはダークダックスの立ち位置とは真逆だ。「ちいさい秋みつけた」はセカンド・テナーの大町がリードしているように聴こえるが、最年少だった彼から先立っているのは皮肉である。もっともダークダックスの最年少の高見澤宏が斃れたのと同様だが。大町は病を得て2003年(平成15)離脱し、吉田秀行が加入してセカンド・テナーを受け持っている。
 1963年から3年連続『NHK紅白歌合戦』に出場し、「一週間」、「幸せなら手をたたこう」、「手のひらを太陽に」を歌唱している。なぜか「ちいさな秋みつけた」では出場していない。年末のお祭り騒ぎ的歌謡番組に似つかわしくないと判断されたのだろうか。それはともかくボニージャックスはコンサートやテレビ出演の傍ら1970年代から全国の過疎地の子どもたちに歌を届けようと自費でコンサート・キャラバンをやってきた。なかなか出来ることではないが、1978年には、肢体不自由児施設への訪問コンサートやイベントをはじめ、『車椅子のおしゃべり』と名付けられた活動はメンバーのライフワークになった。施設の子どもたちの詩を歌にしたレコードやCD作品、詩集も発表し、LPレコード『立山にうたう~車椅子のおしゃべり』は、1983年日本レコード大賞企画賞を受賞。また長年にわたる児童福祉や子どもたちへの自立支援の活動は、1997年度・児童福祉文化賞特別賞という形で厚生労働省の中央児童福祉審議会から表彰された。現在は鹿嶌武臣、玉田元康、吉田秀行の3人で、あの優しいハーモニーを奏でつづけている。
 サトウハチローは幼少期、脇腹に大火傷を負って、家に籠りがちな子どもだった。ちいさい秋…は、彼の幼少期の体験が書かせた詩だと思える。その一番、部屋から近所の子らの鬼ごっこの声が聴こえ、百舌鳥の鳴声が秋を告げている。二番では、ミルクのような曇りガラスの北向きの窓の隙間から秋の風が入り込んでくる。そして三番のはぜの葉は、櫨紅葉(ハゼモミジ)ともいい俳句では秋の季語。ハチローは火傷の後遺症から外で遊ぶこともできず、悶々と幼少期を過ごしたことだろう。ここで勝手な想像だが、ボニージャックスの子どもたちに歌を聴かせるボランティア活動は、サトウハチローの幼少期の淋しさ哀しみを想ってのことではなかったか。「誰かさん」とはサトウハチローそのものだったと思えるのである。

文:村澤 次郎 イラスト:山崎 杉夫

1 2

映画は死なず

新着記事

  • 2024.06.14
    創建1200年記念 特別展「神護寺─空海と真言密教...

    応募〆切:7月15日(月)

  • 2024.06.14
    実話をもとに描かれた、海の男たちの誇りと絆の戦争秘...

    応募〆切:6月25日(火)

  • 2024.06.14
    自然写真家・今森光彦のライフワークの集大成、「今森...

    6月20日(木)~9月29日(日)

  • 2024.06.13
    三浦友和&山口百恵の二人を結んだ楽曲?! 松崎しげ...

    「愛の微笑み」から改題された

  • 2024.06.11
    マニフレックス公式HPの人気連載記事『暮らしのエッ...

    6月28日(金)~30日(日)

  • 2024.06.11
    田中邦衛、山本圭、加藤剛らが出演した社会派ドラマ「...

    日本を代表する彫刻家・佐藤忠良を父にもつ

  • 2024.06.10
    韓国500万人超えの大ヒットした、予測不能の海洋ク...

    応募〆切:7月10日(水)

  • 2024.06.06
    激動の20世紀を生きたあるの男の人生。〝世紀の小説...

    応募〆切:7月5日(金)

  • 2024.06.06
    八王子市夢美術館 特別展 「ルーヴル美術館の銅版画...

    応募〆切:6月30日(日)

  • 2024.06.06
    アカデミー賞Ⓡ 2度受賞の名優アンソニー・ホプキン...

    応募〆切:6月20日(木)

特集 special feature 

わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の  「芸業」

特集 わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の 「芸業...

棟方志功の誤解 文=榎本了壱

VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いなる遺産

特集 VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いな...

「逝ける映画人を偲んで2021-2022」文=米谷紳之介

放浪の画家「山下 清の世界」を今。

特集 放浪の画家「山下 清の世界」を今。

「放浪の虫」の因って来たるところ 文=大竹昭子

「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

特集 「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

「いい顔」と「いい顔」が醸す小津映画の後味 文=米谷紳之介

人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

特集 人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

わが母とともに、祐三のパリへ  文=太田治子

ユーミン、半世紀の音楽旅

特集 ユーミン、半世紀の音楽旅

いつもユーミンが流れていた 文=有吉玉青

没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、展覧会「萩原朔太郎大全」の旅 

特集 没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、...

言葉の素顔とは?「萩原朔太郎大全」の試み。文=萩原朔美

「芸術座」という血統

特集 「芸術座」という血統

シアタークリエへ

喜劇の人 森繁久彌

特集 喜劇の人 森繁久彌

戦後昭和を元気にした<社長シリーズ>と<駅前シリーズ>

映画俳優 三船敏郎

特集 映画俳優 三船敏郎

戦後映画最大のスター〝世界のミフネ〟

「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の流行歌 

昭和歌謡 「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の...

第一弾 天地真理、安達明、久保浩、美樹克彦、あべ静江

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

特集 故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

特集 仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」等全22作の根幹とは

挑戦し続ける劇団四季

特集 挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

特集 御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

特集 寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

特集 アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

特集 東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

特集 「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

特集 俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン 文=山川静夫

秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

特集 秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

役柄と素顔のはざまで

秋山庄太郎ポートレートの美学

特集 秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

特集 久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

特集 加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

特集 昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

特集 西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

特集 「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

特集 川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

特集 ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

特集 中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

向田邦子の散歩道

特集 向田邦子の散歩道

「昭和の姉」とすごした風景

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!