24.01.11 update

1976年日本レコード大賞の大衆賞を受賞し、号泣した姿が忘れられない 郷ひろみ「あなたがいたから僕がいた」

 レコード大賞、最優秀歌唱賞、歌唱賞の対象となる76年の大賞候補曲ベスト10には、大賞に輝いた都はるみの「北の宿から」、最優秀歌唱賞を獲得した八代亜紀の「もう一度逢いたい」をはじめ、研ナオコ「あばよ」、梓みちよ「メランコリー」、山口百恵「横須賀ストーリー」などがすでに発表されていた。そこには野口五郎「針葉樹」、西城秀樹「若き獅子たち」の名前もあった。五郎、秀樹共にたびたびベスト10に選ばれていたが、郷ひろみが選ばれたことはなかった。そしてこの年の歌唱賞を、研ナオコと共に五郎も秀樹も受賞した。五郎は2度目、秀樹は3度目の受賞だった。

 郷ひろみの号泣の理由の一つには、やっと歌手として認められた、歌手としてレコード大賞の常連組であった五郎、秀樹と肩を並べることができたとの思いが募ってのことだったのではないだろうか。そして、ファンのみんな=あなたがいてくれたから今の僕が存在している、と支え続けてくれているファンへの恩返しができたような安堵感もあったのではないだろうか。レコード大賞で、ひろみ、五郎、秀樹の新御三家がそろって受賞したのは初めてのことだった。出場4回目となるこの年の紅白で、郷ひろみは「あなたがいたから僕がいた」を歌唱した。

 そして、99年にはリッキー・マーティンの大ヒット曲「Livin’ La Vida Loca」をカバーした〝あ・ち・ち〟でおなじみの「GOLDFINGER ‘99」をリリースしヒットさせ郷ひろみの健在ぶりを見せつけた。日本有線大賞の有線音楽優秀賞(ポップス)を受賞し、日本レコード大賞で、五郎も秀樹も成し得なかった最優秀歌唱賞に輝いた。ちなみにこの年の大賞はGLAYの「Winter、again」だった。若手のミュージシャンたちの台頭により、音楽の傾向も変わりつつある時代の流れにあって、44歳の郷ひろみが、しかもポップス系の曲で最優秀歌唱賞を受賞したことは、特筆に値する。デビュー27年目にしての快挙と言えるだろう。大晦日の紅白でもこの楽曲を歌っている。また、2018年の紅白でも新たなアレンジで「GOLDFINGER‘99~GO!GO!2018~」として披露している。

 紅白と言えば、郷ひろみ最大のヒット曲である「よろしく哀愁」を、単独ナンバーとして歌っていないことに、いささか驚きを感じる。「よろしく哀愁」が紅白で歌われたのは、2020年の「筒美京平トリビュートメドレー」としてであった。「2億4千万の瞳-エキゾチック・ジャパン-」は7回も歌っているのだが。36回目の出場となった2023年の紅白では、名前も知らないミュージシャンが多く出場する中、せめて郷ひろみには、じっくりと「あなたがいたから僕がいた」を聴かせてくれないものかと、あるいは、「よろしく哀愁」とのメドレーで聴きたいと期待していたのだが、披露されたのは昨年もまた「2億4千万の瞳~ブレイキンSP~」というものだった。

 なんだかんだと文句をつけながら、それでも、ついつい見てしまう紅白歌合戦。昭和世代にとって紅白歌合戦は、やはり年越しの風物詩であり、家族の団欒に欠かせない番組なのである。テレビ離れをしてしまっている若い世代のことを気にかけるのもいいが、テレビが大好きなシニア世代も楽しめるように、バランスをとって昭和歌謡の旗手たちの出場枠をもう少し増やしてもらえないものだろうか。私見で言えば、紅白はじっくりと歌を聴くコンサートではなく、年越しのお祭りだと思っている。今のままでは、民放でも頻繁に企画されている、最近のミュージシャンばかりを集めた、いずれの局でやっても同じような「〇〇〇歌謡祭」などといった番組と何も変わらない。

 ついでに言えば、顔出しNGの歌手が出場するのも個人的には腑に落ちない。中継もなくていい。やはり、幅広い音楽ジャンルの出場歌手が、普段のテレビ番組ではなかなか実現しない同じステージに一堂に会するが見たいのだ。それこそ、国民的番組としてのさすが紅白ならではである。紅組、白組が交互に歌い、後半戦になると攻守入れ替えというのもよかった。いつの頃からか、〝特別枠〟というものが設けられ、誰が紅組か白組かもわかりづらい。

 毎年、ディズニー企画があるのは何故なのだろう。紅組・白組それぞれにバンドがいて、オープニングでは出場歌手の入場行進があり、ステージ左右の紅白陣営に出場歌手全員が座っていた、あの紅白が懐かしい。時代の傾向について行けない年寄りの愚痴だろうか。まさに、〝紅白危篤〟といった状況である。

 と文句を並べながら、毎年紅白を観続けるのだろう。気の早い話だが、今年も郷ひろみが出場するのであれば、ぜひとも「あなたがいたから僕がいた」を歌ってほしいものだ。

文=渋村 徹 イラスト=山﨑杉夫

1 2

映画は死なず

新着記事

  • 2024.04.19
    ゴールデンウイークのお出かけに!麻布台ヒルズギャラ...

    4月27日(土)~5月23日(木)

  • 2024.04.19
    箱根の宿には「おかみ」の行き届いたホスピタリティが...

    杉山留里(箱根おかみの会 会長、「和心亭豊月」女将)

  • 2024.04.19
    国の「重要文化的景観」に選定された<葛飾柴又>の知...

    京成電車下町さんぽ<1>

  • 2024.04.18
    トヨタのマークⅡでドライブしながら何度も聴いた、稲...

    「ハコバン」から28歳でデビュー

  • 2024.04.18
    韓国アイドルグループ「2AM」のジヌンもバスケット...

    4月26日(金)全国公開

  • 2024.04.17
    渡り鳥のように、4箇所をぐるぐる ─萩原 朔美 ...

    第12回 キジュからの現場報告

  • 2024.04.17
    利発で、正義感が強く、潔癖で、ちょっぴり生意気で、...

    昭和30年後半の大映映画の青春スター

  • 2024.04.11
    相模原出身のロックバンド (Alexandros ...

    相模大野駅の列車接近メロディ

  • 2024.04.11
    下町の太陽、庶民派女優といわれながら都会の大人の女...

    150万枚のミリオンセラーを記録

  • 2024.04.09
    一日限りの『男はつらいよ』シネマ・コンサート開催!...

    6月29日(土)開催

特集 special feature 

わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の  「芸業」

特集 わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の 「芸業...

棟方志功の誤解 文=榎本了壱

VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いなる遺産

特集 VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いな...

「逝ける映画人を偲んで2021-2022」文=米谷紳之介

放浪の画家「山下 清の世界」を今。

特集 放浪の画家「山下 清の世界」を今。

「放浪の虫」の因って来たるところ 文=大竹昭子

「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

特集 「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

「いい顔」と「いい顔」が醸す小津映画の後味 文=米谷紳之介

人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

特集 人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

わが母とともに、祐三のパリへ  文=太田治子

ユーミン、半世紀の音楽旅

特集 ユーミン、半世紀の音楽旅

いつもユーミンが流れていた 文=有吉玉青

没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、展覧会「萩原朔太郎大全」の旅 

特集 没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、...

言葉の素顔とは?「萩原朔太郎大全」の試み。文=萩原朔美

「芸術座」という血統

特集 「芸術座」という血統

シアタークリエへ

喜劇の人 森繁久彌

特集 喜劇の人 森繁久彌

戦後昭和を元気にした<社長シリーズ>と<駅前シリーズ>

映画俳優 三船敏郎

特集 映画俳優 三船敏郎

戦後映画最大のスター〝世界のミフネ〟

「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の流行歌 

昭和歌謡 「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の...

第一弾 天地真理、安達明、久保浩、美樹克彦、あべ静江

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

特集 故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

特集 仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」等全22作の根幹とは

挑戦し続ける劇団四季

特集 挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

特集 御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

特集 寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

特集 アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

特集 東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

特集 「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

特集 俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン 文=山川静夫

秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

特集 秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

役柄と素顔のはざまで

秋山庄太郎ポートレートの美学

特集 秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

特集 久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

特集 加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

特集 昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

特集 西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

特集 「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

特集 川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

特集 ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

特集 中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

向田邦子の散歩道

特集 向田邦子の散歩道

「昭和の姉」とすごした風景

information »

new ロマンスカーミュージアムが3周年記念イベントを開催!

イベント ロマンスカーミュージアムが3周年記念イベ...

4月10日(水)~5月27日(日)

「箱根スイーツコレクション 2024」開催中 4月22日(月)まで キャンペーンも実施中

箱根 「箱根スイーツコレクション 2024」開...

Instagramをフォローして、素敵な賞品をゲットしよう

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!