22.12.08 update

中森明菜もカバーしたどこか乾いたモダンな哀愁の叙情歌 村下孝蔵「踊り子」

アナログレコードの1分間45回転で、中央の円孔が大きいシングルレコード盤をドーナツ盤と呼んでいた。
昭和の歌謡界では、およそ3か月に1枚の頻度で、人気歌手たちは新曲をリリースしていて、新譜の発売日には、学校帰りなどに必ず近所のレコード店に立ち寄っていた。
お目当ての歌手の名前が記されたインデックスから、一枚ずつレコードをめくっていくのが好きだった。ジャケットを見るのも楽しかった。
1980年代に入り、コンパクトディスク(CD)の開発・普及により、アナログレコードは衰退するが、それでもオリジナル曲への愛着もあり、アナログレコードの愛好者は存在し続けた。
近年、レコード復活の兆しがあり、2021年にはアナログレコード専門店が新規に出店されるなど、レコード人気が再燃している気配がある。
ふと口ずさむ歌は、レコードで聴いていた昔のメロディだ。
ジャケット写真を思い出しながら、「コモレバ・コンピレーション・アルバム」の趣で、懐かしい曲の数々を毎週木曜に1曲ずつご紹介する。

 村下孝蔵の曲で、初めて耳にしたのは1982年にCBS・ソニーからリリースされた4枚目のシングル「ゆうこ」だった。同日発売のアルバム『夢の跡』からの最初のシングルカットで、同年10月、村下孝蔵が初めてフジテレビ系「夜のヒットスタジオ」に出演した折に歌ったのが「ゆうこ」で、村下孝蔵というアーティストの存在は、〝夜ヒット〟で知った。かたく心を閉ざしている女性への、言い出せない愛が綴られる絵画のような曲だと感じたことを思い出す。ちなみに、最初に予定されていたタイトルは、歌詞にもある「ピアノを弾く女(ひと)」だったという。「ゆうこ」というタイトルは、村下が当時婚約中だった女性の名前からとったと聞く。全国の〝ゆうこさん〟は、自分に置き換えて聴いていたのではないかと想像する。

 そこから、村下孝蔵の音楽に興味を持ち始め、知ったのが、デビューの翌年81年にリリースされていた2枚目のシングル「春雨」だった。都会へ旅立ってしまい、「木綿のハンカチーフ」ではないが、都会の色に染まってしまったのだろうか、以前とは変わってしまった、二度と会うことのない彼との想い出をたどりながら、渡すことができなかった〝心を編んだ〟セーターの毛糸を解(ほど)く女性の姿が、ありありと浮かんできた。丁寧に選びぬかれた日本語のもつ叙情性が、聴く人の心に情景を鮮やかに浮かび上がらせる。美しい日本語、哀愁を帯びたメロディ、そして素朴な甘く澄んだ歌声。シンガーソングライター村下孝蔵の楽曲の神髄は、この三位一体の魅力にあると感じた。

イラスト:山﨑杉夫

 そしてデビュー4年目に5枚目のシングルとしてリリースされたのが「初恋」。コンサートやライブでは、締めの曲としてエンディングに歌われる村下孝蔵の代表曲と認識されている。オリコンチャートで最高3位を記録した、自身最大のヒット曲でもある。TBS系「ザ・ベストテン」でも、6週間ベストテン入りした村下孝蔵唯一のランクイン曲だが、当時、肝臓病の治療に専念中のため、村下孝蔵が番組に出演することはなかった。だが、83年の年間ランキングで、6位となるロングヒットとなった。村下の故郷、熊本県水俣市の商店街に、2013年に「初恋」の歌碑が建てられ、商店街ストリートは「初恋通り」と改名されている。

「初恋」に続きリリースされたのが「踊り子」である。「初恋」に次ぐシングル売上数を誇るヒット曲となり、ライブ、コンサートでも人気の曲となった。中森明菜もカバーしており、2003年にリリースしたアルバム『歌姫3~終幕』に収録されている。〝つまさき立ち〟の不安定な愛の渦中にいる恋人たちの胸を揺さぶる心象スケッチが、哀愁の旋律と、心地良いリズムで聴く人の心を捉えた。ザ・ベンチャーズに心酔し、影響を受け、自身のライブでアコースティック・ギターのソロ演奏で披露した〝ひとりベンチャーズ〟は、今でも伝説的に語られている。村下孝蔵の卓越したギター・テクニックはミュージシャンたちからも一目置かれていた。

「春雨」「ゆうこ」「初恋」「踊り子」、いずれもノスタルジーという叙情の世界に導いてくれる楽曲でありながら、どこか都会的なニュアンスを感じさせるところもある。村下孝蔵の楽曲が、抒情派のフォークテイストながら、どこか乾いたイメージを抱かせるのは、村下がベンチャーズをはじめとする洋楽に親しんだせいだろうか。今回は「踊り子」をセレクトしたが、今、カラオケで歌いたいということでの選曲であり、乱暴な言い方をすれば「春雨」「ゆうこ」「初恋」いずれでもよかったし、全部好きな曲である。それにしても、あまりにも早い村下孝蔵46歳の死だった。

文=渋村 徹

映画は死なず

新着記事

  • 2024.07.18
    ちあきなおみ版が複数のCMに起用されスタンダード・...

    永六輔と中村八大の「六・八コンビ」による〝黒い〟シリーズ第2弾

  • 2024.07.17
    老いが追いかけてくる ─萩原 朔美の日々   

    第19回 キジュからの現場報告

  • 2024.07.17
    [ロマンスカーミュージアム]の夏休みイベントは親子...

    7月17日(水)から

  • 2024.07.17
    <自然災害から身を守るPart2> 大型台風、暴風...

    大型台風、暴風の季節に備えて

  • 2024.07.16
    世界中の映画祭を席巻した、メキシコの新鋭監督の『夏...

    応募〆切:8月4日(日)

  • 2024.07.16
    山梨県立文学館開館35周年の特設展は「文学はおいし...

    7月13日(土)~8月25日(日)

  • 2024.07.11
    約2000株のアジサイが見ごろを迎える箱根・強羅の...

    箱根・強羅の散策に

  • 2024.07.11
    世界的ヒット曲「アイ ライク ショパン」をユーミン...

    ユーミンの「麻美ちゃんに歌わせたい」という天才的な閃き

  • 2024.07.10
    東京で唯一の大名家の美術館「永青文庫」で家紋をテー...

    7月27日(土)~9月23日(月・振)

  • 2024.07.05
    命がけのレースに挑んだマラソン選手たちの真実に基づ...

    応募〆切:7月23日(火)

特集 special feature 

わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の  「芸業」

特集 わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の 「芸業...

棟方志功の誤解 文=榎本了壱

VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いなる遺産

特集 VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いな...

「逝ける映画人を偲んで2021-2022」文=米谷紳之介

放浪の画家「山下 清の世界」を今。

特集 放浪の画家「山下 清の世界」を今。

「放浪の虫」の因って来たるところ 文=大竹昭子

「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

特集 「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

「いい顔」と「いい顔」が醸す小津映画の後味 文=米谷紳之介

人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

特集 人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

わが母とともに、祐三のパリへ  文=太田治子

ユーミン、半世紀の音楽旅

特集 ユーミン、半世紀の音楽旅

いつもユーミンが流れていた 文=有吉玉青

没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、展覧会「萩原朔太郎大全」の旅 

特集 没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、...

言葉の素顔とは?「萩原朔太郎大全」の試み。文=萩原朔美

「芸術座」という血統

特集 「芸術座」という血統

シアタークリエへ

喜劇の人 森繁久彌

特集 喜劇の人 森繁久彌

戦後昭和を元気にした<社長シリーズ>と<駅前シリーズ>

映画俳優 三船敏郎

特集 映画俳優 三船敏郎

戦後映画最大のスター〝世界のミフネ〟

「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の流行歌 

昭和歌謡 「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の...

第一弾 天地真理、安達明、久保浩、美樹克彦、あべ静江

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

特集 故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

特集 仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」等全22作の根幹とは

挑戦し続ける劇団四季

特集 挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

特集 御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

特集 寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

特集 アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

特集 東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

特集 「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

特集 俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン 文=山川静夫

秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

特集 秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

役柄と素顔のはざまで

秋山庄太郎ポートレートの美学

特集 秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

特集 久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

特集 加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

特集 昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

特集 西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

特集 「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

特集 川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

特集 ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

特集 中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

向田邦子の散歩道

特集 向田邦子の散歩道

「昭和の姉」とすごした風景

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!